産後うつ と ゆず

急に冷え込みましたね
体を温めるために 
生姜とニンニクと長ネギのスープを作ったり
ハーブティーを飲んだりしています。
さて 昨日は いろいろな事件があって
今朝の新聞で
・星野哲郎さんがお亡くなりになり
 私でもよく知っている方です
 両親世代にとっては とてもとても残念なことでした
・とある女優さんが 子宮ガンで子宮全摘出と結婚
 同じ年です
 本当に他人ごとではないということ
 婦人科というと行きにくい・・・と言わず
 必ず 検診も必要ですし
 ストレス(環境、メンタル)をいかになくすかですね
 ホルモンバランスが大切です
・そしてそして・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 あの有名俳優さんの奥様、自殺されてしまいましたね
 本当に本当に 胸が痛みます
詳細はわかりませんが
育児を手伝ってくれていた大きな支えを失ったことが
とても大きかったと。。。
こういうケースは、本当に増えています
お子さんがある程度大きくなると
「産後」という範疇から外れ
世間では「育児」ノイローゼと呼ばれます
私は、これも大きく考えると「産後うつ」だと考えます
出産をきっかけにして体調を崩し
それが早い方では 産後すぐに発症しますが
最近では お子さんがある程度成長したころに
発症する傾向があると思います
なので みなさん自分が産後うつ とは思わないのではないでしょうか
何がどうというわけではなく 
漠然とした不安
異様な疲れ 
瞬間湯沸かし器(?)のような怒りとイラツキ 
  ・・・そのイラツキが数分程度で消える
    それを繰り返す
その一瞬は 本当に何気ないきっかけで起こるので
さっきまで笑っていたのに 急に憂鬱になる。
まわりは「え あの人がうつ?」と 
信じられないのかもしれません
こういう場合は低血糖症を発症している方の典型例で
元気な時に無理がきくので
うつというか「怒りっぽくなった」としか思っていません
でも 血糖値の不安定は ホルモンの不安定
本当に「このままでは死んでしまう」くらいの恐怖感が
襲ってきます。
今朝のニュースの方は 
周囲に「つらい」サインを出されていたようですが
「かわいい子供がいるのになんで頑張れないのだろう?」
という 自分自身を自分で責める
周囲も口には出さんが 「最近の母親は・・・」といった
何気ないプレッシャーを与えてくる(ような被害妄想に悩みます)
かわいくないわけないんです
みなさん子供が嫌いで鬱になっているのではないと思います
身体と心が ただ言うことを聞かないのです
  これこそ「現代病」ではないでしょうか・??
最初に栄養療法の勉強で
タンパク質、アミノ酸、ビタミンB群・ナイアシンや亜鉛、ヘム鉄を
とりあえず内服するといいと暗記したので
まずは それが一番の 「産後うつ」の治療です
そのほかにたくさんのビタミン、ミネラルが必要ですが
うつ状態の方は そんなにたくさんのカプセルを
一気に飲めません
ちょこちょこと分けて飲んだり
その方に合わせてやっていくといいです
人は環境も性格も食べているものも違います
それぞれのやりかたがあっていいのだと
最近強く思うようになりました
たびたび申し上げますが
人のホルモンは コレステロールからつくられます
産後の、または妊娠前の女性も
ご自分の 採血をされるとよろしいでしょう。
で ゆず ですが
また スタッフが 物々交換で
家で出来たユズをくれたんです
2010111607140001.jpg
飲みものに混ぜてもおいしい
細かく刻んでねぎと鰹節とお醤油と混ぜて
 納豆の具にしてもよろしいですし
 湯豆腐にも合うと思います
このゆずから 話は引っ張るのですが
先ほどの 産後うつ
どうして今の若者だけがなるのでしょう
昔も存在したのか?
昔の方は我慢強かったのか?
そもそも今の世代はなぜに我慢がきかないのか??
でも母や祖母世代の患者さんに聞いても
「子供産んでから 丈夫だよ~母は強しっていうしね」
という回答が圧倒的です。
以前にも申し上げましたが
自分はそんなに根性無しでもないですし
食生活も普通。外食なんてあまりしない世代でしたし。
なのになぜ?
同世代の方たちのデータが どうしてこんなに偏っているの??
最近 本当に「なぜなんだろう?」とよく考えますが
小さなことの積み重ねなのかもしれませんね。
このゆず はもちろん手作りです
子供が「なんでこんなシワシワで、光ってないの?」
というので 考えてしまったのです
お店で売られているものは きれいですから・・・
このゆずはお店に出すものではないので
無農薬です
形もそろってません 
私の世代は、農薬使用と 農薬不使用を一応知っています
昔食べていたトマトは 夏にしかなく 結構虫くっていたり不揃いでした
祖母世代は その季節にしか食べられなかったし
すぐ傷んでしまう不揃いのものばかり
今のお子様世代は
野菜果物は 皆きれいでピカピカしか知らないのかもしれませんね。
うちの周りも住宅街で
ほとんど田んぼも畑もありません
無農薬・季節のものを 手に入れるのは
結構困難な時代・環境なんですね。
こういったことも 産後うつに なんらかかかわっているような。
とにかく
こういう時代であることは受け入れないと・・・
だってその分 生活が便利になったことは多々あります
いつでも美味しいものを食べられるのは
幸せなことです
身体にいいものとはいえ そればかり追求するのも大変です
うまく自分の状態を把握して
誰か話せる人がいれば話して
いい栄養状態にして 良い脳の状態を作りましょう
口から入るもので 身体は作られているのですから。
産後・育児うつのみなさん、
いろいろな方法があります
もっと自分も勉強して 
いろんな方に説得できるよう 頑張ります。
ではまた。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP