不調のわけ

こんにちは。
秋ですね。
ほうじ茶やハーブティーがおいしゅうございます。
 
さて。。。10月27(土)午後2時からの女性栄養欠損・低血糖の会
ぜひご参加お待ちしています。
普通に暮らしているけれど 不調。
いろいろ調べたけれど 「気のせい」といわれている方。
すでに栄養療法と向き合っている方には できる限りの情報を。
また始めて間もない方には どういう方向性でこの先やるか、または改善例の紹介、失敗例の反省
などを一緒に検討したいと思います
患者さんの中で とても参考になる頑張り方をしている方もいらっしゃいます
もちろん体調に波があって 時に悪くなる、その時にどうするか。など
 
そしてそして どういう方にきていただきたいかというと
身体がだるいのに なにをどうしたらいいのか 悩んでいる方です。
「気のせい」「性格の問題」と片付けられている からだのだるさや
産後の不調、ゆううつ、いらつき。
改善しにくい皮膚のトラブル  などのある方です。
まわりでもし 悩んでいる方がいらしたら
気軽に 話聞いてみたいかな という感じにしたくて
第1回は 定員15人 にしてみました。
 
不調にはわけがあります。
気のせいではないと思います。
また新患の方が来て下さり
データをみておりますと
GOT16 GPT13 ALP152 CPK52 亜鉛60 フェリチン6.2
鉄20 グリコアルブミン13
ですとか
総蛋白6.9 GOT15 GPT14 LDH162 γ-GTP15
総コレステロール166 HDL58 カルシウム8.5 亜鉛61
といったようなデータをよく目にします。
栄養療法を受けていない方にしたら こんなデータの羅列は???
意味不明でしょうが・・・
あぁ、なるべくして発症しているんだな と見当がつきます。
それぞれアトピー性皮膚炎や 慢性疲労 感情の起伏 という主訴でしたが
それそうなることが このデータからでも予測がつきます。
ビタミンB群 蛋白質 カルシウム 亜鉛 鉄 といった
脳、身体に必要な栄養が足りないのですから
皮膚にももちろん 脳にも行き届かず
皮膚はかゆくなったり やる気がうせたり 急にイラついたりするでしょう。
そして重度のデータの方には 「胸焼け・便秘や下痢」などの胃腸症状が大抵あります。
腸管に善玉菌が少ないなどのトラブルがあると、栄養欠損になり、さらに栄養で作られる消化酵素を作り出す力も落ちていくので、ますます消化不良~腸へのダメージが増えるという負の連鎖になっていくのだと考えます。
栄養の補充(蛋白、脂肪酸、ビタミン、ミネラル~~)の他に、お腹のことも併せて考えていきましょう。
 
どうして若いのに帯状疱疹になるのか。
なぜ口内炎を繰り返すのか。
生理前にどうしていらつくのか。
更年期はなぜ起きるのか。
妊娠中に足がつるのは。
甘いものを食べると一瞬幸せなのはなぜか。
それを繰り返すとどうして悪いのか。
そういったことを、話を伝えて広めていき
みなさんの なんともいえないつらさ(なんとでもいえるつらさも) の改善に
ぜひ役立ててほしいです。
採血して補充して点滴して だけでなく
ためしに 点滴だけでもいいでしょうし
食べ方に問題があるだけであれば 食事指導だけでも。
10月は
11(木)14時から プチセミナー 精神状態と低血糖
23(火)10時半から プチセミナー アレルギーと慢性疲労(IgGアレルギー)
27(土)14時から 女性栄養欠損・低血糖の会 意見交換会とセミナー
となっています。
 
この日程に合わなければ
お知り合い・友人の方たちと ご希望のセミナーの内容・日時に
当院で日程をあわせて組むということも可能です。
 
ストレスが常にあっても
何とか乗り切れるように・・・栄養を補充していきましょう。
ではまた。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP