しあわせ。

こんにちは。



世の中には こ~~~~んなに 多くの人がいるのに
その中で 知り合って 仲よくしているひとたち。・・・という 
ある意味 すごい確率での出会いに なんか 不思議だなぁ~と思います。



 あまりにうれしいことがあったので・・・


まずは 高校の時から 家も近くて仲良しだった女の子が(って、もう大人だから 女性?)
途中いろいろ辛いこともありましたが
無事に出産し 帰宅したとメールがきました。

そりゃもう うれしかったです~
彼女との 高校時代の「朝 遅刻ギリギリ自転車通学」とか・・・
青春時代のことが走馬灯のようによみがえりました・・・・・・


末っ子の自分には 偶然か「長女」の友人が多いです。
というか今考えたら90%以上長女だ・・・
それはさておき
「面倒見てもらえる末っ子」の自分が
相手にアドバイスできることもうれしいんですよね
ぜひとも 「いい育児」をしてほしいです。



本当に 妊娠前~妊娠中~産後の栄養は大切です。


今日は もうひとつ ものすごくうれしい報告があって。
患者さんで 個人的にも仲の良い女性が

ずっと不妊で治療されていたのですが
妊娠したんです!!!

これは鳥肌立つほどに うれしく飛び上がってしまいました。


ここまで頑張った彼女は、大変だったでしょう。
そして婦人科の先生のおかげであり、

そして偶然ですけど「試しにやってみてください、栄養療法を」と
おせっかいしたことがちょっとは役に立った?でしょうか。


もちろん、ここからも いろんなことがあります。
それに負けないためにも、栄養療法を頑張ってほしいです。


妊娠の継続にはもっと栄養療法が必要ですから。




正直、本当に 不妊治療というものはきついです
簡単に言えないほど、コスト、からだ、精神がきつい。

そうすると、だんだん 夫婦というもの、 自分が女であることが崩壊して
子作りそのものが苦痛になってしまいます。


いつも言っていますが
不妊治療と 出産について、もっと補助をどうして国はしないのでしょうね?

将来の日本を背負うのは子供
それを作る?のは 女性なのに。



産後うつと ホルモンが関係するように
女性の生涯は ホルモンによって左右されています。
妊娠初期は そりゃ~もう かなりのホルモン変化をきたすので。

しつこく言えるのは 「タンパク質・鉄は最低条件」
プラスBや亜鉛、C・・・・・・・・・・・・欲張ってほしいものです。






しあわせな話題の後になんですが

育児中にカ~~~っとなって 不幸な事件が最近ありましたね。
相談できないイライラ・孤独は まだしも

子供をかわいいと思えないとか・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それも栄養欠損ではないかと 思えるこの頃。


推測ですが
産後 以前より怒りっぽくなった 方は

きっと 低血糖や 貯蔵鉄低下ありますよ。
コレステロールも低いかもしれませんね。


  実例ですが 
  前は 子供は理不尽とわかっていても 
  こっちも人間なんじゃ! 
  こっちも切れて 周囲が「シーーン」とするほど 般若のようだったのが
  

  栄養状態が上がってくると
  どんないたずらをしても 「ま、人様に迷惑かけないなら 許してやるか」
  とおもえたり。

  


さて話を戻しますが


一人で育児して睡眠も削られ
それで「体にいいものを作って食べる」なんて現実無理でしょう。

とにかく 口に入ればいい・・・といって
お母さんの 栄養が偏ってしまう 現代の 育児現状。


しかも産後すぐ仕事復帰なんぞした日にゃ~・・・・・・・・・・・





NHK 育児について・・・のニュースで「皆さまのご意見を」といっていましたが

投稿しようかしら。(冗談です)





最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP