マーガリン

世間は・・・今日まで お盆なのですね。
さて 今日も あぶら の話をしたいと思います
あぶら というと 太る・ダイエットの敵と 大抵は思っていませんか。
脳細胞にも 脂肪酸は必要です。
からだに 必要でないのは
「何度も過熱した 酸化されたあぶら」

貯蔵しやすくするために「水素化」してできた トランス脂肪酸です。
 
それでは ちょっと復習も兼ねて。
 
●飽和脂肪酸(バターや ヘッド、ラードなど)
●不飽和脂肪酸 ω-9系のオリーブ油
           ω-6系の リノール酸、γリノレン酸、アラキドン酸
           ω-3系の αリノレン酸、EPA、DHA
です。
飽和脂肪酸は 摂りすぎてはいけません。
摂らなすぎも だめです。
身体に良いと言われてきた「植物油」です
が、ω-6系も必須脂肪酸なのでほどほどには必要ですが
摂り過ぎは逆効果。
植物油などの多価不飽和脂肪酸は、酸化しやすいです。
熱に弱いです。
そこで  マーガリンの登場です。
食品の寿命を延ばすため、
植物中の不飽和脂肪酸に水素を添加して
ベータカロテンなどの色素で色をつけて
バターに似せたものです。
バターより安く 室温でやわらかい。
しかも「動物より植物」という いい感じ?な
健康的なイメージで
痩せたいなら マーガリン みたいな風潮がありました。
でも違います。
でも この「液体を固体に」する時点での水素添加によって
トランス脂肪酸 になっていきます。
このトランス脂肪酸である
「マーガリンやショートニング」は 摂らない方がいい
ということです
おそらく 心疾患、アトピー、精神系
色々なところに問題が出てきます。
私たちの体は 油が必要で
 その油の種類を 間違ってはいけないということです
正直 この脂肪酸のところは 苦手でしたが
オーソモレキュラーで とっても大切
抑鬱、アトピー、妊娠、美容いろいろなところで 必須です
それで 勉強しました。
最近の医療・健康雑誌などでも
ω-3/6 9 の話は盛んにされますね。
まとめますと
普通の 日本生活においては
きっとω-6系のリノール酸(サラダオイルのいうもの)
   は いやでも いっぱいとっているので 摂りすぎないこと
同じく 飽和脂肪酸(バターや 牛豚の脂)も 摂りすぎないこと
 でも 完全ゼロ生活でも支障をきたす
ω-9系の オレイン酸(オリーブオイル)は
なるべく 質のいい物で 摂りましょう
良い質のものなら 多くとってもOKです
そして ω-3系
αリノレン酸(アマニやシソ・エゴマ油)を
酸化しないよう気をつけて摂る
   (すぐ使いきる、蓋開けっ放しにしない、加熱しない)
EPA・DHAの多い 青い魚系を食べる
さば いわし さんま など。サプリもよろしいでしょう。
良い油は 摂った方が 脳にも皮膚にもいいということです。
そして・・・ マーガリンや ショートニングなどの
「トランス脂肪酸」は 食べない。
でも 給食でも出てますし
結構な率で 売っているおやつには入っています
しかも「白いふっくらパン」を作るために 使用されます
マーガリンショートニングなし にするのは
結構至難の業でしょう。
まぁ 神経質になり過ぎない程度に
でも 食事は 日々のことですから
気をつけた方が いいですね。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP