原因不明の咳、 じんましん

秋のアレルギーが 増えておりますね。
それに伴って 喘息も多い秋です
(私は元は喘息専門でした)
今日 患者さんと
「原因不明の咳」について盛り上がりました。
呼吸機能もOK いろいろ検査をしても問題なし
というかたが 増えています。
咳ぜんそくと 診断されていることが多いです
気管支拡張剤 吸入 
なにやっても効かない人がいます
(著効するかたは それでOKです)
そうすると「心因性」といわれますね。
心因性=心が原因= 脳が =栄養が不足・・・
このフレーズ ちょっと最近 言いすぎですかね
つまり
たかが 蛋白欠乏 B欠乏 鉄欠乏 亜鉛欠乏etc
あなどることなかれ なんです
気管支は 自律神経の支配を受けています。
神経を養うもの それも栄養です。
本当の心因性のかたは
割と 人が見ていないと、緊張したりしないと 咳が落ち着きます
または夜、寝てるとしていない。ことが多いのですが
でも 
いつもいつも咳がでる。
夜でも、一人でいても。
そういうケースでは
高度の確率で 低コレステロール、ALP,LDH,フェリチン~~です。
すごーく低い。
栄養欠損です。
でも・・・ 
その咳・・・ 「処方は タンパク質とBと亜鉛と鉄と・・・・・」
なんて処方箋、日本では ありえませんけど。
じんましんもそうです
「身体がかゆい? 便秘や下痢は?胃は?
 便、臭くない?」というと
は?? と 不思議そうな顔をされます。
原因不明の 慢性じんましんは
これまた高率に 胃腸の不均衡が 多く見られますので。
そうすると 吸収不良になるので
データが低いのです
さきほどの 咳の患者さんも・・・
先日の方も
けっこう 時間はかかると思いますが
ぜひやってみてほしいです・・・
なぜなら
そういった患者さんを 何人もみてきましたし
正直 これまた私がそうでした
栄養欠損は 原因不明と言われる
色々な症状を 起こしやすいからです。
二人目産後の産後体調不良の
ダントツトップの症状だったのが咳。
いつも咳してる 呼吸器科のDrって・・・
プライドをかけて
ありとあらゆる 薬、吸入 してました
でも治らない。
ナースにも 「先生大丈夫?」と 心配され
ほんと、これでは ただのヤブ・・・
心因性っていっても
いや、そういうものではない くらいは
まさか 自分で診断できます(笑)
あせって咳を抑えようとすると さらに出る。
辛かったです。
最初は咳までも 栄養が原因とは 考えてなかったので
違う方向で 栄養補充していたら
そういえば最近咳しない
風邪もひかない
という結果論でしたけれど。
本来の 健康優良児に
やっと戻りました。
余談ですが
やっぱり 過剰糖質は
やめましょうね。
慢性疲労の方で
おまんじゅうや チョコを やめたら
体調がいいってこと
ぜひ 体験して下さい。
ではまた。

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

  1. 半田先生 初めまして
    分子矯正医学とともに臨床環境医学の認知活動をしています。臨床環境医学は真の食物アレルギー学から発展した医学です。
    日本臨床環境医学会
    http://www.asahikawa-med.ac.jp/dept/mc/healthy/jsce/
    日本でも東大出身の群馬大学医学部名誉教授、故松村龍雄氏が医師への普及に努力されていました。氏は日本アレルギー学会の創立メンバーでもありました。次の所にこの医学を実践してきた千葉の河野泉医師の説明があります。
    ドクター河野のアレルギー講座
    http://www15.ocn.ne.jp/~siminsin/lecture.html#chap3
    説明文中の
    ”T.ランドルフによる 「食物及び化学物質による、有害な刺激(興奮)症状と離脱(抑制)症状」”
    ”食物アレルギ―の症状 【 J.Miller 】”
    にご注目ください。アレルギーは実は全身病なのですが私は特に「脳アレルギー」の重要性を訴えます。
    アメリカではアメリカ環境医学と呼ばれています。元々は主流派のアレルギー学会議長も歴任されたドリス・ラップ医師が日頃の診療で映した子供の症状のビデオがYOUTUBEで見られます。「Doris Rapp」で検索をかければ関連動画も含めて子供に様々な脳の症状(精神症状の)実写が視聴できます。勿論ラップ医師のHPでもクリップビデオがございます。
    ドリス・ラップ医師HP
    http://dorisrappmd.com/
    彼女は「誘発中和療法」という方法でアレルギーの治療を行ってきました。その仔細は子供のアトピーの治療のためにラップ医師の元へ渡米した小児科医が「アトピー奮闘記」をHPに載せられています。
    アトピー奮闘記
    http://www2.ocn.ne.jp/~toyamate/atopyki_f.html
    ラップ医師HPにあるドナ・フューショーではトマトの負荷試験で激しい暴力が出現したネッド少年から始まります。彼は精神科医からはトゥレット症候群と誤診されていました。しかし実際は多種類の食物アレルギーであり、多種類化学物質過敏症だったのです。小児鬱病と誤診された少女マーシャも出てきます。
    分子矯正医学に環境医学を加えればより患者の治療精度が上がります。ご検討下さいませ。
    なおこのコメントは実際のメールアドレスを記載しますのでブログ上に掲載しないで下さいませ。HPは無いので様々な資料を貼りつけてある私の旧YAHOOブリーフケースをあてておきます。ブリーフケースの「Is This Your Child?」は私がラップ医師の本を対訳したもので、この医学を始めた理由や様々な症例、そしてドナ・フューショー出演のいきさつが書かれています。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP