混合診療

はー
昨日の TVタックル?でしたっけ?
ご覧になりました?
いつも 大の大人たちが
相手の話を遮って 論争していて
なんか 聞き苦しいのであんまり見たことないのですけど
新聞で『混合診療』 についてらしいので
これは 見なきゃ!!!と。
また 論争してましたが
まぁわかりやすかった?のではないでしょうか
あぁー、 そうそう そのとおり!
と思ったことがあります
いつもわたしも えみーも 先輩方もいっていることです
国や医師会は
全てにおいて 混合診療を禁止する
それは 平等な医療でなくなるから。
この日本語の誤解ですよね
平等な医療って・・・
今までの皆保険をなくすなんて
だーーーれも言ってないんですよね
いままでどおり 保険診療は守られて
日本は 世界でいちばん守られていると言っていました
そのままいくといいですね。
で何が 混合かということ
ただ考え方の問題で
たとえば
食事の取り方指導や  たとえばサプリや点滴。
保険でみとめられなくとも 
その患者さんが「自費」でやるなら
自己責任で いいと思いませんか?
それをうけられるのがずるいと?
それこそ 平等でしょうか???
もともとから存在する 薬や点滴でも
保険で査定されて
「保険とおらないから」 とやめることもある。
それも 患者さんが どうしても自費でもしたい
というのをなんで ダメなんでしょう。
たとえば 風邪インフルエンザでいらして
保険診察で 検査して薬出しますよね
漢方とか。

あーー ここで オリーブとか Cとか出したい。
と 本当に 胃がじりじりするくらい毎日悩んで
でも言えずにいます。
うつです。
というかたは もう 保険なしで頑張って!ともいいたいけど
漢方も効果あるし
PMSで 保険で来た人にも
あ~採血したい
でもなぁ・・・
あぁ サプリも試したい
でもなぁ・・・
と 悩んでいるのです。
その逆も。
サプリ目的だけど
漢方もどう?
でも悩む。
なぜか?
つまり混合診療っていう はなしでは
一連の・・・ きちんと 医者が診断して
必要と思ってやって検査して「保険」が通ったものまでも
もしその後  統合医療で  サプリを出し診察したら
その統合医療分だけでなく  
さっきの「保険」のものまでが
全額自費負担になるってことです?
なんで?
納得できない~
全部それもこれも 保険でやってあげるは無理でも
(サプリも保険通して とは言ってない)
その 保険が通ったところまで 自費にする意味が
やっぱりよくわかりません。
別の例で行けば
『貧血』の症状があって
項目数が保険範囲内ならば(医師が必要と思うならば)
 赤血球数とかは 保険診察OKなのですよ
でも 亜鉛とか いろいろみたいわけです
保険が通っていないものを。
で 普通に考えれば  保険以外のものを 『実費』
で負担でよくないですか?
国に何にも迷惑かけてない。
なのに 同じ流れに 同じ採血では
やってはいかんと言うので
その他の項目が見たいので
全額自費になっているわけです
もうひとつ病院があったらいいのに。
 (絶対にうちでは無理です ごめんなさい)
でも昨日の話では
そういう例 は 混合を認めるのでは って言ってましたね。
(いつになるやら・・・?)
もちろん
なかには
別に症状ないけど 調べてみたいなーーーーーーーーー
という場合の方がいらっしゃるけど
健康維持だけど なにかちょうだい
っていうのと同じで
それは 全額自費 いわゆる 「ドッグ」です
それは仕方ないですう
なんか心配だから 脳の検査したい
とか・・・それもね ドッグなんです
風邪ひきそうだから 薬ちょうだいとか?
 
それを 全部 保険でやっていたら
確かに日本の医療費はパンクするでしょうね。
なにが保険適応で 何が適応外か
ということを
患者さんはわからないですものねえ。
しかし・・・・・・・・・・・・
裁判で敗訴した がんの患者さんの会見が
なんか 胸に詰まりました。
だって・・・・・・・・・・
身体によかれとおもって 統合医療を 
自費でやったことで
そのほかの
保険が通ってる 癌治療費までが
全額自費になるって・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それが 平等なのでしょうか?
いま わたしの 本当に一番悩んでることが
これ。
本当に毎日 秘書(ナース)と
顔合わすたびに悩んでいます。
今年一年 このことでかなり悩みまくっており
もう悩むのも疲れたけれど
いやいや
わたしが いつもぐっと 喉にのみ込んでいる
「保険とは違うけど人によっては
   興味があればやってほしい統合医療的治療」を  
(・・・長い?)
患者さんがえらんだっていいのではないかと思うので
なんとか 対策考えますー。
ここで叫んで?も
何にもならないのでしょうけど。
ではまた。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP