Q&A:一覧

私たちの身体は、60兆個の細胞でできています。

細胞を作り、機能を維持するために必要なのは口から入る栄養です。蛋白質やビタミン、ミネラルなどの栄養によって、私たちの脳細胞、ホルモン、髪、肌等が作られています。

偏った食事による栄養欠損・精神的ストレス・放射線や紫外線・着色料・保存料などによって細胞がダメージを受けることで「病気」のもとになります。慢性疲労・うつ・肌のトラブル・肩こり・冷えなど様々な症状を引き起こします。

栄養状態を採血などで検査し、併せて食事の偏りなどを改善します。

必要に応じてビタミン・ミネラルや乳酸菌(腸内善玉菌)をサプリメントや点滴で補充し、身体に有害なもの(保存料や、着色料、重金属など)の摂取を避け、デトックスします。

このようにお薬を使わずに自然治癒力・免疫力を高めていく治療を

オーソモレキュラー=分子栄養療法 といいます。

食べ物を見直して、健康な体を手に入れましょう。

うつは、脳の伝達物質がストレスや栄養欠損でうまく作られなくなることが原因です。

口から入る栄養素の質を高めることで、脳の活性化・保護につながります。

脳は蛋白質やアミノ酸、ビタミンBやC、鉄や亜鉛、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル、EPAやDHAなどのω-3系必須脂肪酸によって、働きを高めることができます。

精製糖質の過剰摂取、マーガリンやショートニングなどのトランス脂肪酸、添加物、ジャンクフードは脳にダメージを与えますので、極力控えましょう。

私たちの身体は60兆個の細胞でできています。その細胞の中を検査することはできませんが、体中を巡っている血液を多項目で検査することにより、病態を推測することができます。

特に、普通の採血では問題ないと言われている場合でも、栄養学的採血によって蛋白質やビタミンミネラル、ホルモンなどの偏りを見つけ出すことがあります。

慢性疲労、うつ、パニックなどの精神疾患、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹などの皮膚疾患、月経前緊張症、更年期障害や不妊症などの婦人科のトラブルなどの多くに、栄養の偏りが見られます。

ぜひ採血検査をお勧めいたします。

副腎は腎臓の上に位置する直径3~5cm程の臓器で、元気を出す、炎症を抑える、ストレスを打ち消すホルモンを分泌しています。

副腎が疲れてくると、このホルモンが出にくくなり、ストレスに対抗できなくなり、疲労やうつに似た症状が出てきます。

これを副腎疲労症候群といいます。

副腎は腎臓の上に位置する直径3~5cm程の臓器で、元気を出す、炎症を抑える、ストレスを打ち消すホルモンを分泌しています。

副腎が疲れてくると、このホルモンが出にくくなり、ストレスに対抗できなくなり、疲労やうつに似た症状が出てきます。

これを副腎疲労症候群といいます。

特に慢性的に続く精神疲労、偏った食生活や睡眠不足、極端な運動不足、体に何か炎症がある場合、環境などから受けるストレスなどが原因になります。

うつとは異なりますので、抗うつ薬が効かないことが多いです。

極度の栄養欠損で、副腎にも脳細胞にも栄養不足が生じると、どちらも合併し得る可能性はあります。

 

このような症状はありませんか?

朝起きるのがつらい

疲れがとれない いつも疲れている

塩辛い食べ物が食べたい

甘い物を食べるとホッとする

性欲がない

ストレスに対処できない

病気や怪我、トラウマから回復するのに時間がかかる

頭がくらくらする

虚しい

お腹の調子が悪い

PMS(月経前症候群)の悪化

カフェインがないと仕事ができない

異様な眠気

考えがまとまらずボーっとする

記憶があやふや

午前10時まで目覚めない 午後3-4時はぼんやりしている

夕食後やっと元気になる

仕事がはかどらない

原因不明の身体の痛みがある

うつのような症状がある

 

 

慢性的なストレス

 副腎は、ストレスが慢性的にかかり続けると疲れ切ってしまいます。

過剰な糖質の摂取

  精製された糖質は血糖値を高くし、その後低血糖を起こすことがあります。血糖値の不安定は炎症悪化や副腎疲労など

様々なダメージを与えます

 

偏った食生活・栄養不足

  副腎皮質ホルモンは、コレステロールから作られます。あぶらや蛋白質などの栄養の不足は副腎機能の低下を引き起こし

ます。

腸内環境の悪化 

  腸内環境が悪いと摂取した栄養が消化吸収されず腸内環境が悪化し、それにともなって副腎疲労に影響します。

 

重金属の蓄積

  重金属は慢性疲労の原因となり、ホルモンバランスの悪化を引き起こし、正常な体内の回路が動くのを邪魔します。

  • 低血糖
  • 甘いもの中毒
  • 慢性疲労
  • うつ
  • 生理不順、無月経
  • 更年期障害
  • 不妊症
  • アトピー性皮膚炎
  • 鼻炎、喘息
  • 肥満
  • 骨粗鬆症
  • 認知症
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 肌荒れ、ニキビなどの肌トラブル
  • がん
  • カフェイン・アルコール中毒(依存症)
  • 摂食障害

保険診療とは、健康保険が適応になる治療のことです。
自由診療とは健康保険が適用されない診療のことをいいます。
厚生労働省が認めているかいないかの違いです。

厚生労働省が認めていない治療を行うと自費(自由)診療になり治療費が全額自己負担になります。
オーソモレキュラーで必要な栄養素の補給(食事指導・サプリメントなど)、必要な検査も認められていないので保険がききません。

 

それぞれに長所・短所がありますので、どちらかを否定することではありません。

保険適応になる疾患は、ぜひ保険診療で治療を受けていただきたいです。

混合診療(保険診療と自由診療をあわせておこなうこと)が禁じられているため、自由診療を受けている患者様が同じクリニックで保険診療をうけることはできません。

 

採血を例にいたしますと、何か具合が悪くて病院などを受診した際、医師が診察をしたうえで、その想定する疾患に相当する採血項目が保険適応になります。それに基づいて保険適応の疾患と診断し治療します。

 

オーソモレキュラーで行う採血は、国の検査センターの基準範囲にギリギリおさまっているけれど、栄養の観点からみると低くなっているものなどもあります。その患者様の体調をより多く把握するために通常より多くの項目数をチェックするために保険適応外になります。

保険が効かないから怪しいのではありません。

それぞれの特性とデメリットがありますので、ぜひ受診される際にはわからないことは詳しく質問して、
納得のいく検査や治療を行っていただきたいと願っております。

 

ちなみに、一般の病院の採血で特に目立った異常はなく「気の持ちようでしょう」と診断されていても
隠れ低脂質、低血糖、低蛋白やビタミンミネラル不足が見られることは多々あリます。

それらの栄養不足が「不安感、憂うつ、疲労、肌トラブルなどの不定愁訴」を引き起こすことがあります。

また、現在とても増えていると考えられる「副腎疲労」という疾患は国に認められておりません。

 

また、がんの場合は がんそのものは保険適応の疾患ですが、それに並行して同じクリニックでビタミンの投与などは保険適応外になります。

低血糖は、人にとって適正な血糖値(80~140くらい)を保てず、空腹時や食後数時間、あるいは重症の方の場合は不定期の時間に血糖値が低下して、ぼんやりしたり頭痛や吐き気などを感じる状態のことです。
甘いもの・糖質を過剰に取り過ぎて、血糖値を下げるインスリンの過剰放出によってあとで血糖が下がる「反応性(機能性)低血糖」や、副腎疲労やその他の理由によって常に血糖値が低い「無反応低血糖」や、血糖値が異常に上がったり下がったりを繰り返す「乱高下型低血糖」など、いろいろなパターンがあります。

食事、睡眠、精神の状態などを見直して治療することをお勧めいたします。
→問診・カウンセリング、栄養採血、生活習慣改善を行ないます。

はい。当院の栄養療法は、カウンセリングを重視しておりますので、診療にお時間をいただく場合が多く、予約制とさせていただいております。

お電話またはホームページのお問い合わせフォームよりご予約をお願いいたします。

 

 

1 / 212