料理・・・

以前にも この内容は申し上げたかもしれませんが・・・
産後のうつ と 料理について。
私は 本当に料理ができませんでした。
というか 好きではなかったし 
しなくとも 母と姉たちが作ってくれましたので。
「女のくせに」という風あたり・・・
大学の先輩に 結構叱られたりして・・・
でも 作らずに一生なんとかなるさ と思っていました。
もちろん男性でも きちんと作る方はいらっしゃるし
コックさんは男性が多いですもの
性別は関係ないですよね・・・・
作れないことを ここまで 批判されてもなぁ・・・・
でも
今は 作るようになりました。
生きるためです。大げさかもしれませんが。
身体にいいものってなんだろう?と
勉強していくにつれ 料理は切り離せないと思いました・・・
母が栄養士だったこともあって
昔から 糖質の過剰摂取はよくないと言っておりました。
我が家では「ご飯茶わん」は 個人用はないです
今日も それはおかしい・・・?と言われたのですが
私は 納豆もカレーも ご飯にかけません。
そして
「デザート」という概念がないので
めったに行かない外食ですが 
デザート付きに本当に困ったりします
以前患者さんが スイーツバイキングの幸せ?を語っていて
いつもは多弁な私が 無言になってしまった時
「先生は 甘いものを食べたい!という 女性のお気持ちがわからないんですね」
と言われて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あぁ~わかってあげられない・・・・・・・・・・・と 無言が続いたのですが。
ここでも
女らしくないのか・・・ 笑
それはさておき
友人にも家族にも「一生りえの料理を食べる日はないと思ってた」と
当初驚かれた自分も
料理2年目がすぎます(2009年元旦に 料理の神様が降りてきたので)
今でも まだまだ未熟です
初心者はレシピの通りに作ればよい と
料理の先輩方はいいますね
「そんなのテキトウよ、テキトウ。」とか。
テキトウ・・・
それが一番 難しい。
けれど、 タンパク質のことや糖質脂質を勉強するにつれ
食べることが原点と痛感しています。
これも自分で作ってみよう と思う時が 楽しいです
  ・・・ホント、人は変わるものです・・・
糖質はあまり。。。とはいえ
たま~には 食べたくなるのが  焼き立てパン
このまえ ちょっと買っちゃったんですが
やはり 真っ白のパン、おそらくマーガリン含有であろうパン
日持ちするパン
それは 食べた後に わかりました
食べた時は やわらかくて美味しく感じますが・・・
なぜなら、自分でパンを焼くと
なるべく 全粒粉で行こう、 マーガリンはやめて
バターか オリーブオイルで、
砂糖も入れないで せめてきびとうにして・・・などとやっていますと
「白くて やわらかいパン」は無理です
焼きたてはまだしも 次の日に残ったら
カチカチです。
すぐカビますし。
うむ~~~~と 悩んでいましたら
とある書籍で 「~~~パンはなぜカビないか」
日本人は パンとはやわらかくて白いものをよしとする・・・
ということが書いてありました
歯ごたえがあるパンも おいしいけれど と
    その著者のかたは記されてました
そして 昔のパンはすぐカビた
かびて当たり前なのですが・・・と。
確かに、小学校で 残ったパンを貰ってきては
つぎの日には かたくて かびてました。
かびの実験 なんて よくやりましたし。(やりましたよね?)
今のパンは 確かにかびない。
なぜかびないか。
その 些細なことが 今の自分たち世代に
いろんな疾患のもととなる影響を 与えているのかもしれません。
もっと こういうことが 語れるように
料理を研究(というか初歩の実践)をしたいと思いました。
産後 何年たっても 女性を襲う慢性疲労や うつ。
本当に栄養と食事が関係しています。
からだに優しくエコなもの 食べましょう。
冬場は 鍋 という強い味方があっていいですよね~
  鍋は料理ではない? 
と よく言われましたが
いえいえ 料理です!!!
ではまた。

寝ましょう。

いつの間にか また時間が過ぎています・・・・・・
でも
時間は作るもの。
ですよね
頑張っていこう!と燃える月曜日です。
昨日、ものすごく久しぶりに
インターパークの施設に行ってきました
普段 ほとんど外出買い物をしないので
いつのまにこんな集合施設が!と驚きました
超おのぼり・・・ 写真撮っちゃったり。
なにより、こんなに いっぱいの人がいることに驚きました。
どこかのお母さんが 赤ちゃんを一人抱えて
もう一人はバギーで
もう一人小学生?くらいのお子さんもいて
買い物をしていました。
お茶飲むにも大変そうでした。
ガンバレ~
何が大変って おトイレでしょう。
子持ち優遇施設 みたいのがあったらいいのに・・・
複数人数が入れるおトイレ って
なんでもっとないんだろう・・・
一人入れてる間に もう一人どこか行っちゃったら・・・とか
お母さん方、皆さん大変でしょう・・・・・・・・・・・・
ガンバレ~
さて自分も 仕事 頑張らなくては。
ちなみに 産後うつ といいましても
自分がこの先 勉強&診療でうったえていきたいことは
産後といっても産後すぐ だけでなく
出産前から 産後数年たっても起こりうる
色々な女性の世代の栄養とのかかわりです
今日、私ごとですが 
スタッフの一人が正式な産休の挨拶に来ました。
はちきれそうなお腹。
おもわず なでちゃいました。
頑張って 幸せな出産をしてほしいです。
栄養を私たちが始めたころから勤めているので
自分のデータを読めるようには仕込みました。
あとは、産後、絶対に無理しないこと、
うちはいつでも待っているから。
頑張れよ。と
ビタミンCを 持たせました(笑)
   まさか ヘム鉄飲んでるんでしょうねえ~~
   Hb(ヘモグロビン=血色素) ヒトケタになってたら 許さん!!!
などとやり取りし。
末っ子の自分にとっては、妹のようにかわいがっているので
心配でございます
頑張れよ~
みんな、いろんな形の妊娠出産育児があります
うちは昔から母が「女性が働くことに優しい職場であること」と
ずっと言い続けていましたので
妊娠出産育児を 応援します
ナースも受け付けも事務も
どうしたらみんなで 仕事も育児もうまくできるか・・・
みんなで助け合ってきました
持ちつ持たれつ。
自分も・・・
ここまで来るのに みんなの力を借りました
これからも借りるでしょう
Drという仕事だけでなく 今は何の仕事も
女性の進出が本当に増えました
(私が小学校の頃は「お母さんが働いている」ことのほうが
珍しかったように思います)
患者さんでも、ほんとうは、授乳つづけたほうがいいのに
仕事のため、人工乳に切り替える。
産後の体調が戻る前に 働かねばならない。
という相談は多いです。
自分のことは後回し。
食べ物も、テキトウ。
そして、いつもお母さん 疲れてる・怒ってる・顔色悪い・・・
このような話が珍しくなく
当たり前になってしまっていますよね。
当たり前でいいのでしょうか。
産後怒りっぽくなることにも
低血糖や低フェリチン、低コレステロールと 大いに関係しています。
だからこそ、 出産前後の女性の
栄養状態を どうにかしたいです
しついけれど タンパク質などの栄養をきちんと取りましょう。
そして とにかく 「
睡眠をきちんと取りましょう
忙しすぎて 体がきつい秋ですが
寝ると 気も晴れます
何をいまさら・・・ですが
寝ることで 得られる健康のありがたみ。
ぜひぜひ 今日は疲れたな。と思ったら
いつもより早めに、 ゆっくりお風呂に入って
寝ましょうね
ホルモンのため
健康のため。
 ・・・ 自分に言い聞かせてます
    夜しか 自分の時間ないから・・・つい夜更かししちゃうので
 いけませんね
早く寝ましょう。
特に 産後・育児中のおかあさん!
子供が寝ている間に家事をしたい気持ちはわかります。
それでもきちんと 寝ましょう。
そして 栄養、きちんととりましょう。

人生いろいろ

こんにちは

あぁ秋ですね
秋・・・



秋の連休。
患者さまにも「いいねえ休みで」と 言われますが
正直 この業界?は 秋は学会セミナー時期で
休みないんですよね~


でも、自分の興味がある分野のセミナーは
全然疲れません
むしろ なんか自分が おりこうになったような 
その錯覚(笑)が 快感ですねえ・・・・

ほんと、高校時代の教室のような熱気が
毎回たまらんでございます



早めに電車に乗ったのに つなぎが悪くて
会場入りしたのが20分前
すでに 教室(?)はもういっぱい。あらま。

一番前があいているけれど・・・・・・・・・・・・・・・・・
一番前・・・

やる気があるように見えたりして~~(なんという不純な発想)



わたしは 勉強するとき だけでなく  いつもですが
自分の周辺を マイワールドにするらしいです

らしい というのは
2番目の姉に指摘されるまで
そういう「クセ?」があることを自分では気がつかなかったので。


姉の家に遊びに行くと 
5分で「理絵ワールド」になってしまうとのこと・・・

(つまり やりたい放題 または 散らかし屋 ともいう)


不衛生・汚いのはイヤな神経質ですが
教科書とかは 自分流に広げたいのです


それはおいといて



休憩で 廊下から席に戻ると
なな~んと 私の隣の席に
あの「ひめの」先生がいらっしゃるじゃあ ありませんか!



一番前 は 特等席だったとか?  

しかも 先生のスペースが狭そう!
なんということを!

ごあいさつしたあと あわててマイワールドを片付けました。

先生 わたしのこと覚えていてくださるかなぁ・・・
TVで見る通り 「オーラ」がすごかったです


それもさておき
・・・3回聞いてるはずなのに 
新しく聞いたような気持ちなのはなぜ・・・



はっきり言って 講師の先生方が同じ人間の脳なのだろうか・・・
と思います



まるでシロートのような発言ですが・・・




確実に最近実感すること それは
「脳を使う」「ストレス」の時は Bの所要量が増えます
勉強するときと 仕事の時 休日では その差があります



今日患者さんにも
その日の体調、食事、ストレスで 体は変わりますから
栄養も変わります とお話ししました


そのいろいろ な原因は いろいろが 重なって
そして何かのきっかけで発症する

つまり「個人差がある」のです


栄養学の治療の基本は 個人差 です
先日のセミナーでも そのお話がありました



そうですよね
食事も 生活も 遺伝も ストレスも 性格も
人はそれぞれ違うもの。
腸内環境だって 違いますし。



いろんな栄養の その方の至適量を みつけて


治療していきましょう。





 



しあわせ。

こんにちは。



世の中には こ~~~~んなに 多くの人がいるのに
その中で 知り合って 仲よくしているひとたち。・・・という 
ある意味 すごい確率での出会いに なんか 不思議だなぁ~と思います。



 あまりにうれしいことがあったので・・・


まずは 高校の時から 家も近くて仲良しだった女の子が(って、もう大人だから 女性?)
途中いろいろ辛いこともありましたが
無事に出産し 帰宅したとメールがきました。

そりゃもう うれしかったです~
彼女との 高校時代の「朝 遅刻ギリギリ自転車通学」とか・・・
青春時代のことが走馬灯のようによみがえりました・・・・・・


末っ子の自分には 偶然か「長女」の友人が多いです。
というか今考えたら90%以上長女だ・・・
それはさておき
「面倒見てもらえる末っ子」の自分が
相手にアドバイスできることもうれしいんですよね
ぜひとも 「いい育児」をしてほしいです。



本当に 妊娠前~妊娠中~産後の栄養は大切です。


今日は もうひとつ ものすごくうれしい報告があって。
患者さんで 個人的にも仲の良い女性が

ずっと不妊で治療されていたのですが
妊娠したんです!!!

これは鳥肌立つほどに うれしく飛び上がってしまいました。


ここまで頑張った彼女は、大変だったでしょう。
そして婦人科の先生のおかげであり、

そして偶然ですけど「試しにやってみてください、栄養療法を」と
おせっかいしたことがちょっとは役に立った?でしょうか。


もちろん、ここからも いろんなことがあります。
それに負けないためにも、栄養療法を頑張ってほしいです。


妊娠の継続にはもっと栄養療法が必要ですから。




正直、本当に 不妊治療というものはきついです
簡単に言えないほど、コスト、からだ、精神がきつい。

そうすると、だんだん 夫婦というもの、 自分が女であることが崩壊して
子作りそのものが苦痛になってしまいます。


いつも言っていますが
不妊治療と 出産について、もっと補助をどうして国はしないのでしょうね?

将来の日本を背負うのは子供
それを作る?のは 女性なのに。



産後うつと ホルモンが関係するように
女性の生涯は ホルモンによって左右されています。
妊娠初期は そりゃ~もう かなりのホルモン変化をきたすので。

しつこく言えるのは 「タンパク質・鉄は最低条件」
プラスBや亜鉛、C・・・・・・・・・・・・欲張ってほしいものです。






しあわせな話題の後になんですが

育児中にカ~~~っとなって 不幸な事件が最近ありましたね。
相談できないイライラ・孤独は まだしも

子供をかわいいと思えないとか・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それも栄養欠損ではないかと 思えるこの頃。


推測ですが
産後 以前より怒りっぽくなった 方は

きっと 低血糖や 貯蔵鉄低下ありますよ。
コレステロールも低いかもしれませんね。


  実例ですが 
  前は 子供は理不尽とわかっていても 
  こっちも人間なんじゃ! 
  こっちも切れて 周囲が「シーーン」とするほど 般若のようだったのが
  

  栄養状態が上がってくると
  どんないたずらをしても 「ま、人様に迷惑かけないなら 許してやるか」
  とおもえたり。

  


さて話を戻しますが


一人で育児して睡眠も削られ
それで「体にいいものを作って食べる」なんて現実無理でしょう。

とにかく 口に入ればいい・・・といって
お母さんの 栄養が偏ってしまう 現代の 育児現状。


しかも産後すぐ仕事復帰なんぞした日にゃ~・・・・・・・・・・・





NHK 育児について・・・のニュースで「皆さまのご意見を」といっていましたが

投稿しようかしら。(冗談です)





血は争えず

えみ(姉)が 書きかけのブログが 忽然と消えた・・・と
以前話していましたが


私も 同じ目に・・・


原因がわからない・・・ので

書きなおせない・・・



 ので 冒頭だけ思い出して。





 秋の気配を 甘い香りで知りました。




.jpg

樹齢?約40年~(たぶん)の 金木犀でございます。





最近 子連れのおかあさまの患者さんで

 総コレステロール140  フェリチン5未満
 ALP・LDH120くらい
 γ-GTPヒトケタ

のようなデータの方が とても多くみられます。。。



  主訴は 「だるい」 です。


あぁ だるいでしょう・・・
でも

保険診察の中で 一体どうしたらいいのか・・・


   とりあえず

  
 タンパク質 と ビタミンB群と ヘム鉄での補給から。


をお勧めいたします。




ヘム鉄は 保険上の 薬剤はなく
 
よっぽどの 疾患がないかぎり 
 
アミノ酸製剤や ビタミン群の長期投与は 認められません。
 
 
 
 
ぜひとも   

 

タンパク質・アミノ酸・ビタミンB・ヘム鉄 などから
 

始めてみてください。他の栄養もほしいけれど・・・
 

 
 
それが 産後うつ 、 産後に限らず 女性のだるさを防ぎ
 
 
育児のストレスを減らし
 
ゆくゆくは少子化対策になるのでは。と思います。
 
 
 
 「こんなだるいのに もっと産め と言われても」
 
というお話を 患者さんから聞くたびに
本当に、同感です。
 
 
 
 
 
・・・・・・
 
 
ぜひ治療して下さいね。

 
 
 治療はサプリで、というと  「え?サプリで 治療?」
 

という反応が多いですけれど
 

 
 
これは、ぜひ 体験してほしいです。
 
 
あれ? 最近 ラクかも・・・・という気持ちを。
 
 

ではまた。