摂食障害

光陰矢のごとし・・・ですね
今朝 今日のお天気をみようとTVつけたら
「摂食障害」 の話題をやっていました。
・家族と食事するのが つまらない
・食事が楽しくない
  でしたか。 うろ覚えですが
いま私のすすめている「産後うつ」と 摂食障害
つながりなさそうですが
栄養が基本 というところ、 治療の根底は同じです
摂食障害のきっかけは「やせ願望」であり
きっかけは 人それぞれですが
患者さんをみていて思うこと
それは 食べたくない といいつつ
異常なまでの 食べ物に対する執着心があります。
その病態の一つに 「低血糖」があり 栄養欠損があります
食べても 血糖値をとどめることができないので
満腹感が出ない
しかも「お腹すいたら 甘いもの」をとったりすると
かえって 血糖が不安定になり
もっともっと食べ続けます
そしてやっと満腹になるまで食べると
それに我慢できず
吐いて なかったことにする。
そうすると また 数時間ももたずに 空腹感はでるし
必要な栄養が欠損していくので
さらに 歯車が壊れていくのです
低栄養状態になると
人は「生きるため」に 基礎代謝が落ちるので
ちょっとたべただけで すぐ太るようになる。
これは 拒食過食だけでなく
「痩身ダイエット」にもあてはまりますね。
摂食障害は 奥が深いです
でも、栄養療法で いい方向にいくこともあります
まずは 自分の栄養の状態 血糖の状態をしり
その補充を含め
そしてカウンセリングが必要です
産後うつ に 人生を注ごうと思いますが
摂食障害もすこしづつ
語っていこうかと思います
ではまた。