にんげんだもの

蒸し暑いですねえ・・・
あいだみつおさん いきなりまた 話題になっているそうですね・・・
どじょうと 金魚。。。
ご存知でしょうか。
あいだみつおさんは 栃木県出身なんですよ~
足利・・・。
高校生の頃 母に
誕生日か何かの時に 本をもらいました
マニアになるほど呼んでいたわけではないけど
くじけたり 何か負けん気ボーボーになったりすると
母が
「にんげんだもの」っていうか 「にんげんなんだから!」
と よく言ってたのを思い出します。
なぜに にんげんだもの について語るかというと・・・
栄養学とか 医学とか
もちろん 勉強・経験したものを 仕事にしてるので
外来で 熱く話しておりますが
いやほんと みんな「にんげんだもの」 なんですよ
って・・・あたりまえか。
育児や そのたのこと あたりまえだけど 完璧な人なんぞいない
そもそも 育児というものに マニュアルはない・・・
あっても その家庭によって 本当に異なります
今日もね・・・ 育児で 悩むおかあさん と話していて
彼女は おかあさんというより
その前の受診歴が長いので 
本人個人の思い出のほうが 多いのですけど
悩んじゃ~だめですよ・・・
子供って 理不尽です 
ほんと~~~に理不尽です!!!
(夏休み明けって 結構疲れている子持ち女性が多い)
だけど やっぱり 保護者がいないと生きられない
弱い生き物です
いつか 育つ・・・。
かといって
正論だけではねえ・・・
そうはいかない。
指導の通りいかない。
それもわかりますわ。
ましてや おそらく栄養欠損気味で
低血糖のくせがあるひとは
「きれる」 発火が 突然やってきますから・・・
頭の線が  ブツ ってキレる か
スイッチが バチ っとはいる感じ とでもいいましょうか。
わたしもむかし 「たいへんだけど いつか育つって~~」という
励ましを聞くたび
ホントかよ。
そのいつかって いったいいつだよ。
そんな日が来るとは思えない。
と悶々としたりもしました・・・
わたしだけ おかしいのかしら
とか
うちの チョロころりんたちが ものすごい異常なのではないか
とか・・・
でも 育ちます。
または 自分が きれなくなると
あっちも おちついてくるというか・・・
でも 確かに 比較もできないし
わたしは小児の統計をとってるわけでもないですが
昔より 子供のチョロ・キレる 割合は
増えてると思います。
やっぱり 少しづつの・・・
精製食品 糖質過剰 着色料 防腐剤 いろんなもの
それによって 親も毒され 子供も毒され・・・
本来 解毒能力をもっているのに
その限界を超えているのかもしれません。
でもそれは子供だけでなく 大人もですよね・・・
でも 100%とはいわないけれど
タンパク質きちんととったり
Bや鉄 飲んで
すっごく変わった人がたくさんいます。
顔色悪かった とある女性が
すごく肌ツヤよく 化粧してくるようになると
みていてうれしいし。
アトピー治療して う~んこれは 時間がかかるかな
という方が 「先生、前より良くなって わたしうれしい」って言うと
私もうれしい。
育児中も 同じです
今日の彼女も これは 私の主観だけでなく
スタッフも 以前より明るくなったし 元気になった
と言っていました。
むりさえしなければ 大丈夫!って 思います。
キレなくなる 魔法の薬はないけど
許される 叱り具合 になれれば
いいのではないでしょうか。
にんげんだから。 (笑)
私は以前 「子供にキレるまえに3秒待て」って
聞いて
なるほど 3秒か・・・
活用してました。
そういう時の3秒は結構長く 思いとどまれる。
それとか
悪いいたずらしたら  
おしおきは 頭でなく お尻にしろ っていう昔の知恵は
本当なんだな~ って思います
おしおきと 体罰は違いますから・・・
グーで 顔・頭を殴る は やめた方がいいです
そもそも 殴って治る癖は 
ホント、後々 よくないです
以前 にぎやかさんのお子さん(暴れん坊とも言う)に
おかあさんがよく叱ってて げんこつしまくってて
ちょっとおかあさんが 手をのばしただけで
「殴られる」 って 頭を守る お子さんをみたことがあります
だめだよ~そんなに 子供が反射するほど殴っちゃ・・・
そんな お子さんも まさか 
大きくなれば 落ち着いてきてるみたいだし。
いまは 
「そんな先のこと 今は想像できない」かもしれませんが
煮詰まらないで いろんな人のアドバイス聞いたり
息抜きしたりして 無理しないでくださいね。
いらいらすると 低血糖・栄養欠損は悪循環ですよ。
こつこつと栄養をとって。
脳に栄養がいきとどかなくなると
怒りがでてきたり やる気なくなったりするものです。
怒る前に 栄養。
ではまた。

慢性疲労&皮膚&脳

こんにちは
昨日の 雷様 久しぶりにすごかったです
診察終わった後ですが 雷落ちました
さて
毎日・・・いろいろなケースを診察していますが
今日は短く端的に、、、
・お腹がすいた時に 「低血糖予防」のために
 糖質のみとるのはやめましょう
 チョコなどのお菓子類はもちろん、おせんべいなども。
 おそうめんだけとか。
 おにぎりだけとか。
低血糖症が かえって悪化します。
女性の脳は 甘いものが欲しいようにできているとか・・・
だけど
甘いものを食べてしまう ということ、それも習慣ですから。。。
・低コレステロールだからって
 上げるために マーガリンをとるのはやめましょう!
 どこかのサイトに載っていたとか・・・聞きましたが
 とるべきは 「良質な」脂肪です。 
 トランス脂肪酸で脂肪を取るのは 本当に悪化します
 
 
慢性疲労にも、皮膚にも、脳にも。
せっかく サプリで栄養を補充しても
食事内容が乱れていると・・・もったいないです。
ではまた。

女性&採血

また 蒸し暑くなってまいりましたね。
体調を崩されませんように・・・
いま 漢方や オーソモレキュラーをやっていて
特に 女性疾患勉強していて 思うこと・・・・・・
うち、3人いるんだし 一人くらい 産婦人科に入局すればよかったのに

外来をやっていると思います。
患者さんに 「女医さんで 婦人科と 乳腺科紹介してください」
といわれるたびに。
まぁ確かに わからなくもないですが・・・
肛門科でも 女性限定の時間帯がある クリニックさんも
人気ありますね。
痔があって 病院にいきにくいとか・・・
 
痔があろうが 膀胱炎だろうが
膣炎だろうが 乳腺も
医療側は 女性を患者さんとしてしか見てないし
にんげんだもの いろんな疾患があって
別に恥ずかしくもなんともないから大丈夫ですよ
とは 思いますが・・・
あ そういえば 8月お休みした
「医食のひろば」 第7回を
9月17日(土曜日)に開催します
いつも外来をしていて
結構忘れることが多い 自分のデータについての考え方を
話そうと思います
わたしは 吸血鬼ではないので
絶対に採血なんかしませんという人からはとりません
でも そうなると 長期で薬が出しにくいです
副作用というものがありますから。
でも最近もちろん採血がすべてではないですが
身体の一面が見えるので
採血好きな Drになっているかもしれません。
いまさら・・・ですが  忘れていませんか?
もちろん まだ 検査したことがない方も
いらっしゃるでしょう。
γ-GTPって なんだっけ?とか・・・
しつこくコレステロールって言ってるけど
なんで低いとだめなんだっけ?とか・・・
フェリチンはいくつ以上が いいのかしら?とか・・・
よし 今度から 最後にテストするか(笑)
          ↑ 冗談です
そんなことするセミナー 誰も来たくないですよね。
採血データをおもちください。
もちろんなくても 大丈夫です。
もし可能なら オーソモレキュラー的採血を
されているとベターですが。。。
診察時間は いつも限られていて
一つ一つ お話している時間はないです。
それであえて今回は
原点に戻って 採血の見方。にしました。
えみは 
いつも点滴点滴言っても
実際の点滴が良くわからない と言われることが多いので
点滴の話をします。
初めての方も 検査したことがあるかたも
点滴しているけど実は よくわからないような・・・
という方
一緒に 勉強しましょう。
ついでに・・・
わたし、一つ考えているのですが
毎回 最後に オマケのはなし をしようと思います。
あえてそれは 広告に出さない (笑)
内容も その時の私の 気分で・・・?
実は知ってるようで 知らないかもしれない
女性のからだ について。
とか。
女性の脳 とか。
ちょっとづつ。
それではまた。

わたしたち 有名人?

こんにちは
田舎に暮らして38年
住めば いいところ 宇都宮 でございますが
いや 水曜日に 姉友理 が来まして
深い意味もなく
夜 「自分の名前」が ネット検索で どう出るか
同姓同名は何をしてる人?
などということを?やってみたのでございますが
友理が
「へ~ えみ~と り~ちゃんって
 アスペルガー 3日で 治せるんだ~ 初耳~」
というので
は??????
(そんなすごい技があったら
 友理ちゃん あなたにも自慢してますよ)
検索してしまいました
そしたら・・・
どうやら 理絵が えみも
アスペルガー 一気に治せる すごいマニュアルを
もってるらしいです
3日?
アスペルガーが???
それはなんと 無謀・大胆な発言を。
何の疾患でも そんな3日で治るというのは・・・
 あ、風邪とかだったら・・・
 それは 薬だけの問題でなく
 免疫力などのこともありますよね
というより
アスペルガー ・・・ 専門ではないです
というか 栄養療法の一環で 多少の 知識と
情報はありますけど
わたしは というか当院は やってません。
へ~ こんな自分でも 名前使われることあるんだ~
などと
のんきに笑っていたのですが
ふと 先日 本当に3日くらい前?
「アスペルガーの専門ですか?
 診断をつけてくださいますか?」という
ちょっと不思議な お問い合わせがあったので
うちの受付やナースと なんでだろうねえ?
と言っていたことを急に思いだし
これか~~と思いました
なので のんきに そういった無断使用? 初体験ですけど
ほっとくか
と思ったんですが
切実に悩んでいる患者さんに こういうサイトは失礼だし
しかも じゃあ連絡とってみようよ って
その先につながらないって
ずるいですよね
それで ホームページの トップにもお知らせしましたし
今日 これ書きました。
すぐに治る マニュアル?
そんなものがあるなら 見てみたいし
日本でもっと 広がっているはず。
だけどどの先生も
「すぐに、これだけで治る」なんて 言わないでしょう
何の疾患でも すぐ治る とは 言いません
ましてや
オーソモレキュラーは
「食べ方を変えて 無駄なものを減らして
 必要な栄養を・・・ ・・・・」と
地道に 治療をしていくもので
点滴などで かなり 効果が早いとしても
一発で治してるわけではないです
魔法使いではないのですから。
たまに ミラクルのように「気力がよみがえった」
方がいて こっちがびっくりしますが
それでも 「●●だけでよくなった」とかはあり得ないです
もちろん 栄養のこと 低血糖のこと
水銀のこと 腸のこと IgGや いろんなこと
関係あるでしょう。
毎日食べる 食材のこと マーガリンなどがいけないこと。
何度ももしますが
根底は 同じということ。
そういった 正規?の オーソモレキュラーで
治療されるのを おすすめします
なんにしても
なんかゆるせん。
しかも へ~
自分が 名前使われるんだ~と
ちょっと 驚きでした。
ちなみに
どうでもいいことですが
わたしのりえは  理絵 です
よく 理恵 って 今でも間違われるので。
ではまた。
追伸
なんか よくコンピューターのことはわかりませんが
そういったサイト?クリックすると?
なにか広告とかで 収入になるんですか?
なんか そういう形で
真剣な患者さんが だまされるのが せつない。
から
そのサイト みなくていいですからね!

女性というもの

本当に お暑うございますねえ。。。
は~ これだけ汗をかくと
化粧したくないですねえ。
今朝のニュースで
なでしこジャパンの方への 記念品が
化粧ブラシだとか・・・
男性のコメンテーターのかたは ?? という感じでしたが
お化粧に興味ある女性からすればそれは大切。
毛足のよい ブラシと そうでないものは
違うんですよ~~~
女性にしかわからないことって
たくさんありますよね
もちろん 男の方にしかわからないことも。
    ほんとうに不思議ですよね 男と女って。
女性は 一カ月のなかで  生理(月経)、つまり
ホルモンバランスの変動とともに生きています
いつが生理だったか 聞くことは必須です
妊娠の可能性は常に 考えねばなりません・・・
レントゲンとか 投薬とか。
そもそも・・・しつこいけど
いつセックスすれば 妊娠するかも
生理との関係も
知らない人が多すぎる。
最近は
無月経が多いので
いつを排卵とするかも 難しいこともありますが
きちんと 自分の 性周期を知って
管理してくださいね
やっぱり妊娠に関しては 女性が 受け身になってしまうこととか・・・
腸のことを考えると まぁ、ピルの長期内服は
…・・・・
でも 自分で 避妊する も大切ではありますから・・・
あとは 不妊症について
最近、診察していて思うこと。。。
うう~~~ん
医者としての意見と 同じ女性の意見として
悩むときがあります。
オーソモレキュラーも あたりまえだけど 100%ということはないです
あたりまえか・・・
でも 身体を ストレスを整えることは
不妊対策でもあり 脳の平穏であり ・・・
不妊のためだけでなく
自分の身体のため。
力を抜きましょう ということです
まず 冷えを治す 食事を優しいものに
そして・・・
愛し合ってくださいね。
治療に みなさん クタクタになっています
泣いてしまう方も いらっしゃいますね
それも わかります
いろいろ あったでしょうから・・・
でも うまくいったとして
妊娠は出発点です
その後の人生が続くわけです
あくまでこれは わたしの 経験での意見ですが
排卵日 を狙って その時に 性生活する
それは いいのですが
女として 相手の方は男として お互い 愛し合えてるのでしょうか?
その日だけって・・・
あとは正直セックスレス。
子供が生まれたとしても
お父さんと お母さん の関係のみ。
つぎの子ができない。
第2子不妊も 多いですよね。
一人目で栄養偏ってしまった?ということもありますが・・・
なんだったら
妻に対してだけEDになって・・・(女でなく母になっちゃう)
なんだったら 浮気して・・・
みたいな
人生模様をみてますと
医者の私が言うな かもしれませんが
こどもは 神の授かりもの
自分のすべてではない と考えた方が
楽になりませんでしょうか。。。
ストレスフリーになったら 妊娠したということもありますし・・・
あまりにも みなさん 悲しそうなので・・・
前医の先生に 医学的なことは散々聞いているでしょうから
わたしは 患者さんが こころ開いてくれそうであれば
案外人に言えない悩みがあったりするので
話してもらいます
性生活のこととか。
恥ずかしいことじゃないんですよ。
でも今まで聞けなかったことがある という女性が
これまた多いです
それ・・・ 親に 学校に習わなかったの?
ということ
たとえば・・・
自分の(女性の) 穴の配列を・・・知らないとか・・・
男の人は  「今日は排卵日」  という言葉に
結構 ギクっとするらしい とか
「家の構造」とかで 話盛り上がったりします
  ↑ 日本では! 大切なんですよ!
親と 同居 だったり・・・
それは 楽しめませんね・・・
子供と同室・・・日本では仕方ないとはいえ
一緒の部屋では 確かに やることやれませんものね。
海外の方に聞くと
「夫婦と子供が同室?アンビリバボー」
らしいですよ
確かに。
そのうえで
いつも申し上げていますが
身体はつながっています
栄養のことを考えて  無理ない生活をしましょう
うつの治療してたら 肌がきれいになった とか
冷えの治療してたら 性格明るくなったとか
良い副産症状が もっとでて
患者さんの笑顔が もっと見れるといいな・・・
と 思います
笑ってくださいね
ではまた。

マーガリン

世間は・・・今日まで お盆なのですね。
さて 今日も あぶら の話をしたいと思います
あぶら というと 太る・ダイエットの敵と 大抵は思っていませんか。
脳細胞にも 脂肪酸は必要です。
からだに 必要でないのは
「何度も過熱した 酸化されたあぶら」

貯蔵しやすくするために「水素化」してできた トランス脂肪酸です。
 
それでは ちょっと復習も兼ねて。
 
●飽和脂肪酸(バターや ヘッド、ラードなど)
●不飽和脂肪酸 ω-9系のオリーブ油
           ω-6系の リノール酸、γリノレン酸、アラキドン酸
           ω-3系の αリノレン酸、EPA、DHA
です。
飽和脂肪酸は 摂りすぎてはいけません。
摂らなすぎも だめです。
身体に良いと言われてきた「植物油」です
が、ω-6系も必須脂肪酸なのでほどほどには必要ですが
摂り過ぎは逆効果。
植物油などの多価不飽和脂肪酸は、酸化しやすいです。
熱に弱いです。
そこで  マーガリンの登場です。
食品の寿命を延ばすため、
植物中の不飽和脂肪酸に水素を添加して
ベータカロテンなどの色素で色をつけて
バターに似せたものです。
バターより安く 室温でやわらかい。
しかも「動物より植物」という いい感じ?な
健康的なイメージで
痩せたいなら マーガリン みたいな風潮がありました。
でも違います。
でも この「液体を固体に」する時点での水素添加によって
トランス脂肪酸 になっていきます。
このトランス脂肪酸である
「マーガリンやショートニング」は 摂らない方がいい
ということです
おそらく 心疾患、アトピー、精神系
色々なところに問題が出てきます。
私たちの体は 油が必要で
 その油の種類を 間違ってはいけないということです
正直 この脂肪酸のところは 苦手でしたが
オーソモレキュラーで とっても大切
抑鬱、アトピー、妊娠、美容いろいろなところで 必須です
それで 勉強しました。
最近の医療・健康雑誌などでも
ω-3/6 9 の話は盛んにされますね。
まとめますと
普通の 日本生活においては
きっとω-6系のリノール酸(サラダオイルのいうもの)
   は いやでも いっぱいとっているので 摂りすぎないこと
同じく 飽和脂肪酸(バターや 牛豚の脂)も 摂りすぎないこと
 でも 完全ゼロ生活でも支障をきたす
ω-9系の オレイン酸(オリーブオイル)は
なるべく 質のいい物で 摂りましょう
良い質のものなら 多くとってもOKです
そして ω-3系
αリノレン酸(アマニやシソ・エゴマ油)を
酸化しないよう気をつけて摂る
   (すぐ使いきる、蓋開けっ放しにしない、加熱しない)
EPA・DHAの多い 青い魚系を食べる
さば いわし さんま など。サプリもよろしいでしょう。
良い油は 摂った方が 脳にも皮膚にもいいということです。
そして・・・ マーガリンや ショートニングなどの
「トランス脂肪酸」は 食べない。
でも 給食でも出てますし
結構な率で 売っているおやつには入っています
しかも「白いふっくらパン」を作るために 使用されます
マーガリンショートニングなし にするのは
結構至難の業でしょう。
まぁ 神経質になり過ぎない程度に
でも 食事は 日々のことですから
気をつけた方が いいですね。

脂肪酸

なんでしょう この暑さは・・・
本当に 亜熱帯みたいですよね
さて。
なぜか悪者扱いされている 脂質 について。
脂質は 身体にとっても大切なんですよ。
あぶら=ギトギトしてる=皮下脂肪=肥満
という 連想が 今の日本、特に CMなどで
あぶらは とらなければとらないほうがいい
という誤解をあたえているかもしれませんね。
もちろん、よくないあぶらであげたものを たっぷり食べて
運動もしないで あわせて糖質三昧 な生活をしてたら
そりゃ~ 太るし 血管もかわいそうですが
慢性疲労の話 産後うつの話 脳細胞・皮膚・ダイエット 
いろんなケースにおいて 脂質 はとても大切です。
しつこくコレステロールの話をします。
コレステロールは、わたしたちの細胞の膜やホルモンの材料です。
って 膜?膜ってなーに?という方もいらっしゃいますね
肉まんでたとえれば 周りの皮の部分です
シュークリームでいうと シュー?
中に入ってる大切なものを包むもの。
肉まんの具が どんなに美味しくても 皮が弱かったら シナシナまんじゅうですよね
それが 皮膚の細胞なら・・・皮膚にトラブル。
感染に弱い にきびとか 化膿、アトピー などに続くのです
脳の細胞なら・・・脳神経のトラブルをおこすわけです
疲れやすい 物忘れ きれる そういう方向へ行きますね
では ホルモン。
ホルモンホルモン 言ってますが
一番わかりやすいのは・・・
やはり 女性ホルモン でしょうか? 
その材料です。低すぎていいことはありません。
うちに受診される 栄養療法希望の方々、
何となく元気ない方々の 総コレステロール値は
驚くことに 110! ですとか  140とか です
そんなデータに慣れてきて ・・・最近は 驚かなくなってきています。
最低でも180  できれば220前後で いいのでは。
閉経後は もう少し高くてもよいでしょう。 
 ~~~脂肪酸 の分類~~~
飽和脂肪酸: パルミチン酸 ステアリン酸・ミリスチン酸・ラウリン酸など
    ・・・ヘット(牛脂) ラード(豚脂) パーム油 バター マーガリンなど
 飽和脂肪酸は すでに私たちの生活で 摂取が多くなっています
 また体内で糖質と脂質から常に作られるので
 たくさん食べなくていいです
 マーガリンやショートニング 他 トランス脂肪酸は まったく摂らなくていいものです
 トランス脂肪酸については また別の機会に。
不飽和脂肪酸

  一価不飽和脂肪酸(ω-9):オレイン酸

   ・・・オリーブ油など
  多価不飽和脂肪酸: (ω-6): 
・リノール酸・・・ いわゆる サラダ油 と呼ばれ 多く売られているもの 大豆油、コーン油など
・γ-リノレン酸・・・母乳・月見草。または体内でリノール酸からつくられる。
・アラキドン酸・・・体内でリノール酸からつくられる。またはレバー卵白さざえあわび
       (ω-3):α-リノレン酸・・・  アマニ油 シソ油 エゴマ油
          EPA、DHA・・・ 
さばさんまいわしうなぎなどの魚油
とわかれます
オレイン酸はまだしも リノール・リノレンのαとγ あたりで
覚えるのが おっくうになりませんか?(笑)
おおまかに・・・ たくさん摂った方がいい ω-3系。
 身体に必要だけど 酸素・熱に弱いという弱点があります
   
           αーリノレン酸 (アマニ・シソなど)と
           EPA  DHAです(青い魚)
脳の神経細胞にも必要、心と精神に。
抗アレルギー作用、血液をサラサラに。
特に出産の多いお母さんは、妊娠し胎児に脂肪酸を吸い取られます。
補充してください。
熱・空気の酸化に弱いので くれぐれも 保管には注意を。
 最近アトピーの患者さんには EPAを必ずすすめます ・・・
ω-6系・・・
リノール酸は 体内で作れない「必須脂肪酸」ですが
適量であれば、身体の昨日調節にやつだちます。
 昔は日本で摂取が少なく  戦後に 摂取が増えた時に 元気になった人が増え
 その後逆に取り過ぎたせいで
  アレルギー疾患やアトピー皮膚炎、炎症や梗塞疾患が増えた と言われています
  たしかに わたしの幼少期 「紅花油」とか コーン油  
  身体に良いからたくさん摂れ   と耳にしていました
 
必須脂肪酸なので ゼロでも困りますが  摂りすぎ禁物です
そして ω-9系・・・オレイン酸の オリーブ油。
加熱に強いものが多いので どうしても 炒め物 のときは
オリーブ油がいいでしょう。
でもなるべくは 質のいい 低温圧搾のものを 生で
なるべく 保存状態は気をつけましょう。
ではまた。
  
       

マヨネーズと あぶら について

昨日の続きです
わたしはマヨネーズが好きです。
土曜日に どうしてもマヨネーズが必要だったのですが
あいにくの 夕立 しかも土砂降り。
この中を マヨネーズ買いには行きたくない・・・
けれど 必要だ・・・
あぁ~どうしよう と ブツブツ言ってたら
母が さくっと
「作ればいいじゃない~」
とな。
え~ マヨネーズ?そんな難易度高そうなものを 作れ?わたしが??
    作ってくれるのではないんですね・・・
母「昔は 作るものだったのよ
   栄養士時代なんて 作るのはあたりまえだから」
へ~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「大丈夫 卵と酢と油と塩コショーがあればできます」
といって 放置されました(笑)
  ↑ 料理得意な人にありがちの この発言
この材料を 果たしてどれくらいどうやって まぜるのか
わからないから こんな人生だというのに。

思い出したのが
シスター2号(ゆり)が
「最近やっと料理励んでる 理絵ちゃんへ」と
買ってきてくれた 面白い本
手作りの本.jpg なんでも手作りしてみよう という気になります
でも作ってなかった(笑)
本当は 腸のため身体のため
なるべく 手作りがいいのですけどね・・・
で思い切って 作ってみました
卵黄に 酢を混ぜます
泡だて器で 根気よく。
あれば好みで カラシをいれて。
塩と胡椒いれて
問題は 油です
「サラダ油」と「オリーブ油」を 好みの配分で
とあるので
ここはやはり オリーブ油で。
まぜてまぜて
出来上がり。
料理の手際・能率の悪いわたしでも
多分15分くらいで出来ました
慣れれば もっと早いかもしれませんね。
あらま~ 自分でもびっくり
意外と(笑) おいしくできました
なんと。
写真撮るのを忘れてしまいましたが・・・・
イメージで言うとこんな感じ
マヨネーズ.jpg
まろやかな感じでした
今後頑張ってつくろう。と思います
でも 日持ちはしません
新鮮ってそれがつきもの。
でも最近 腸の勉強とか
栄養の勉強をしてると
明らかに母や祖母の時代の方が
食事は質素だったでしょう
それでも 元気でデータがきれいです
IgGもひっかかりません
現代において 口にする 
ひとつひとつは些細でも
その防腐剤 酸化防止剤 着色料
味をよくするための砂糖
そんなものの積み重ねが
今の病気を作っているのかもしれない
と思います
もちろん全部手作りなんて
わたしは無理です
だけど 思ったよりは
面倒ではないのだと・・・
そもそも油と 空気(酸化)の話は
とても密接ですよね
油の使いまわしや 間違った食べ方が問題になるのです
それと
結構 カロリーが。って 心配されてる方が多いですよね。
でも結構、間違ったダイエットの情報が多いです
その一つが 「あぶら」ではないでしょうか。
あぶら は 選び方さえ間違わなければ
身体に必要です
不飽和脂肪酸(ω-3系)は最近
いろんな医療雑誌や 美容雑誌で さかんに取り上げられていますね
正直私も
オーソモレキュラーをやるまでは
ここまで油 について 種類とか 気にしていませんでした
あぶらと コレステロールの誤解。
では、次回
この油 を少し続けたいと思います。
それではまた。

マヨネーズ

おあつうございます
最近の若い方々の 「略語」といいましょうか・・・
あれには ついていけない時がございます。。。
今日・・・   「つけまつ」 「まつえく」
という 言葉を初めて知り
  つけまつげ  の 「げ」  位 略さなくとも 数秒も違うまい・・・
  まつえく?  って・・・・・・・・・・
 思いっきり 「は???? なんですかそれ」 って 聞き返してしまった。。。
  まつげ エクステンション  の略ですか。
  エクステンションを エクステ というのはやっと慣れてきたけれど・・・
またしても 話が脱線してますね
「マヨネーズ」の話を したかったんです マヨネーズ。
  マヨネーズ好き?な人が  マヨラー っていいますが
  マヨ  ラー って・・・
じゃ~  ラー油ファンは  ラーラー ですか (笑)
    く・くだらーーーーん・・・・・・・・・・・
わたしの世代は ~~ラー といえば  「アムラー」でしたよ
なので 近くの 大きな商業施設 「アピ○」 に通い詰める人のことを
   アピラー って 我が家では言いますが・・・
マヨネーズの話は
気を取り直して 後ほど。
しかし最近の 言葉は 難しいですね。
ではまた。

蒸し暑いですね。
生まれた時から くせ毛のわたしにとっては
湿度は 大敵・・・
専属髪結師が欲しい。
または・・・ 本当にカツラ生活になったら ラクだろうか・・・・
 と真剣に パーマ屋さんに相談して 絶句されたのですが・・・
(生まれた時は 実は 1本も毛がなく 
    本当にツルツルだったらしいけれど・・・)
でも それくらい お手入れ下手なので
最近 ま、いいか あるがままで・・・
と開き直ってます
すっごい頑張って手入れしてきても
誰も気がつかないし (笑)
 
巻き髪目指したはずが
「先生、なんか、はねてます」 とか・・・
それはさておき
妊娠出産で 毛質が変わるのはよくあることで
とくに 亜鉛欠乏がすすみますと
パサパサのうえ 脱毛が目立ちます
フケが目立つこともあります
  ※ 妊娠中、要注意! 蛋白、亜鉛、C!!!
誰もが一度は きっと 家庭科やどこかで耳にしている
「タンパク質」
いつも 身体の基本だと言っておりますが。
髪の毛だって  タンパク質が必要。
ご存知ですよね???
シャンプーとか こだわっても
たんぱくが低いと 良い毛質にはなりません
お化粧もそうです
もちろん 肌に合ったものをつけるのが一番。
だけど どんなに化粧しても
肌荒れなど 中からの問題を 解決しないと だめですよね。
わたしも もう(そんなに)若くないのは承知してますが
そうですねえ・・・
一番年を感じるのは 白髪です
だけど 蛋白やC 亜鉛などで
カラーする間隔をできるだけ伸ばしたいですね。
でも実際 行く回数は減りますよ
まあ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「人は内面」といいますから
それが大事ですから。。。。。。。。。
だけど
やはり女性って (男性も?) お手入れも
大切ではありますよね
人それぞれ追求のところは違いますが。
我が家周辺は 割と 「素のまま系」の人間が多いです
女性誌にみられるような
「どこどこの 何番の口紅」 がいいわねえ~とか
 そういった会話が 一切聞こえてこない
なぜだろう・・・・・・・・・・・
我が家だけならまだしも
スタッフも・・・・・・・・・・・・
でも きちんと かわいらしくしなさいよ と
院長命令してますが。
でも 母も昔から「人さまに会うときは身だしなみ」と言っていました
初めてDrになったときの 師長さん(昔は婦長さんと言ってました)が
「患者さんを 治す・元気づける側の人間が
 ノーメイクで 顔色悪いのはいけません
 
  けばいのはもっといけません!」
と 指導されていました。
そうですよね そうだわ・・・と
TPOみだしなみには 気をつけています
20代の頃は~それでも
スッピンでも ま、いっか?
だったのですが
このまえ 姉2号(ゆり) に
「り~ちゃん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 あまりに・・・・・・・・・・・・・
 スイッチONとOFF で・・・ 違うね・・・」
と言われ ギクーー。
いくら化粧しなくとも
年齢相応なのは 仕方ないけど
「気合い」 まで抜けちゃうといけませんね。
髪ボーボー 
やる気ないジャージ(いつもだけど)。
休みの日 家では化粧なし
それでも ハツラツ気合いで 
頑張ってみます。
可愛く過ごそうと思うだけでも
ポジティブになれますしね・・・
毛 の話から また 引っ張りました。。。
ではまた。