女性というもの

本当に お暑うございますねえ。。。
は~ これだけ汗をかくと
化粧したくないですねえ。
今朝のニュースで
なでしこジャパンの方への 記念品が
化粧ブラシだとか・・・
男性のコメンテーターのかたは ?? という感じでしたが
お化粧に興味ある女性からすればそれは大切。
毛足のよい ブラシと そうでないものは
違うんですよ~~~
女性にしかわからないことって
たくさんありますよね
もちろん 男の方にしかわからないことも。
    ほんとうに不思議ですよね 男と女って。
女性は 一カ月のなかで  生理(月経)、つまり
ホルモンバランスの変動とともに生きています
いつが生理だったか 聞くことは必須です
妊娠の可能性は常に 考えねばなりません・・・
レントゲンとか 投薬とか。
そもそも・・・しつこいけど
いつセックスすれば 妊娠するかも
生理との関係も
知らない人が多すぎる。
最近は
無月経が多いので
いつを排卵とするかも 難しいこともありますが
きちんと 自分の 性周期を知って
管理してくださいね
やっぱり妊娠に関しては 女性が 受け身になってしまうこととか・・・
腸のことを考えると まぁ、ピルの長期内服は
…・・・・
でも 自分で 避妊する も大切ではありますから・・・
あとは 不妊症について
最近、診察していて思うこと。。。
うう~~~ん
医者としての意見と 同じ女性の意見として
悩むときがあります。
オーソモレキュラーも あたりまえだけど 100%ということはないです
あたりまえか・・・
でも 身体を ストレスを整えることは
不妊対策でもあり 脳の平穏であり ・・・
不妊のためだけでなく
自分の身体のため。
力を抜きましょう ということです
まず 冷えを治す 食事を優しいものに
そして・・・
愛し合ってくださいね。
治療に みなさん クタクタになっています
泣いてしまう方も いらっしゃいますね
それも わかります
いろいろ あったでしょうから・・・
でも うまくいったとして
妊娠は出発点です
その後の人生が続くわけです
あくまでこれは わたしの 経験での意見ですが
排卵日 を狙って その時に 性生活する
それは いいのですが
女として 相手の方は男として お互い 愛し合えてるのでしょうか?
その日だけって・・・
あとは正直セックスレス。
子供が生まれたとしても
お父さんと お母さん の関係のみ。
つぎの子ができない。
第2子不妊も 多いですよね。
一人目で栄養偏ってしまった?ということもありますが・・・
なんだったら
妻に対してだけEDになって・・・(女でなく母になっちゃう)
なんだったら 浮気して・・・
みたいな
人生模様をみてますと
医者の私が言うな かもしれませんが
こどもは 神の授かりもの
自分のすべてではない と考えた方が
楽になりませんでしょうか。。。
ストレスフリーになったら 妊娠したということもありますし・・・
あまりにも みなさん 悲しそうなので・・・
前医の先生に 医学的なことは散々聞いているでしょうから
わたしは 患者さんが こころ開いてくれそうであれば
案外人に言えない悩みがあったりするので
話してもらいます
性生活のこととか。
恥ずかしいことじゃないんですよ。
でも今まで聞けなかったことがある という女性が
これまた多いです
それ・・・ 親に 学校に習わなかったの?
ということ
たとえば・・・
自分の(女性の) 穴の配列を・・・知らないとか・・・
男の人は  「今日は排卵日」  という言葉に
結構 ギクっとするらしい とか
「家の構造」とかで 話盛り上がったりします
  ↑ 日本では! 大切なんですよ!
親と 同居 だったり・・・
それは 楽しめませんね・・・
子供と同室・・・日本では仕方ないとはいえ
一緒の部屋では 確かに やることやれませんものね。
海外の方に聞くと
「夫婦と子供が同室?アンビリバボー」
らしいですよ
確かに。
そのうえで
いつも申し上げていますが
身体はつながっています
栄養のことを考えて  無理ない生活をしましょう
うつの治療してたら 肌がきれいになった とか
冷えの治療してたら 性格明るくなったとか
良い副産症状が もっとでて
患者さんの笑顔が もっと見れるといいな・・・
と 思います
笑ってくださいね
ではまた。