マルマルモリモリ

紅白みてますー
物心ついてから
かなりの確率で 紅白みてますが
最近の若い歌手はわからないし
年配の方の 最近の歌もわからないし
一番『微妙な年齢』???
でも
一生懸命な人は
年齢問わず かわいいし かっこいいですね~~
あっという間に終わってしまう2011年・・・
本当にいろいろありましたね。
悲しいことが たくさん。
わたしも うちも
いろんなことがありました。
そして・・・
いまさらですが
栄養って 本当に大切です。
ストレスが 本当に悪さをします。
わたしは「栄養欠損」で データ低値のかたに たくさん話をしていますが
いまさらですが 生活習慣病・・・ 糖尿や 高血圧 高脂血症 肥満 痛風・・・
高値の方だって同じです。
治療法は みんな同じです
みなさん 食事と運動が大切で。。。
薬は補助です
たいてい 年末・お正月で 悪化されていらっしゃるから・・・

年末だし
これくらいにして
ではよいお年を。
わたしも 飲みすぎ食べ過ぎしないよう
気を付けます~
来年こそ。
もっと 頑張りたい。 音楽も。
ではまた~
理絵

栄養

ふ~
あわただしい すごい1年でしたが
もう終わりますね 2011年。
色々なことがありましたし
医療も変わろうとしているきがします
わたしたちも もっと頑張って勉強続けますね。
まえは 「普通」の医療と違うし 敬遠されてて
ちょっと弱気だったのだけど
栄養療法、統合医療で
良くなる人々をみていると・・・
うつ・不安 にベンゾジアゼピン系いくより
Bや鉄などを摂ってもらい
チョコとパスタなど 偏った食習慣やめる方が
よくなるんですもの  特に女性。
自信がでてきました。
去年の風邪の頃は
漢方と 対症療法 だったのが
このところ 口コミで?
ティーツリーとか オーレユーロペン(オリーブ葉)とかー
Cですとか 点滴・注射 率が増えてきて
少しづつ広まるといいなーと思います
高濃度の点滴も
たまに 『1-2回やったけど まったくありがたみを感じない』
というかたと
「あー 疲れに効くー」 と リピーターになる方
の二つに分かれます
正直わたしは前者で
なんだか
ご利益感じなかったんです
最初の数回。
でもセミナー受けるたび
いろんな国の 栄養の話聞くたび
そうは言っても 効くかもしれん
私もいつかは効く・・・
というか 早くよくなりたい・・・と思ってたので
しつこくやってたら
ある日  あっ さっきより身体が楽・・・
翌日 あ、朝から頑張れる と気がついて
口数が増えた(元に戻った)
少なくとも 暴力的しつけはまったくしなくなった・・・
内服のサプリが 効果出るようになりました
いまは 定期的にやらずとも
辛いときだけすれば 平気
というふうになりました
患者さんも大体そうです
最初は うーん??と思って
まぁ正直効果ないままに やめてしまうこともありますし
そんなに言うなら ではやってみて。。。
あ、たしかに「ちょっといい」かも…と続ける
なので 年末や 週末
または 疲れがたまった時だけ やってくる
そういう方が ジワジワ増えています。
わたしは CMすることはない医療界なので
「~~で 一発で!」などということは 一切しません
そもそも 一発で治すなんて・・・
魔法じゃないんですから
何にしても 個人差があります
けれど
地道な努力 です 何事も。
このまえ 自分の分身かなーと思うほど
産後 怒りっぽい・ 急に なぜに泣く?
っていう患者さんがいらして
まーでも やってみましょうよ と
点滴とか
食べ方(糖質減らして 蛋白入れて ω-3系入れて)
で 2週間後に そりゃまぁ完治はしないけど
笑ってましたの。
笑い顔 素敵じゃーないですか というかんじで。
ますます  よし 個人差はあるけど
すすめてみて 治る方に期待しよう!
と思います
じつは
「は?統合医療ってなんですか?」ではなく
「統合医療やってるんですってー?」
という問い合わせが増えるような国に
日本もなってもらいたいです  (大きく出ましたな・・・)
いままで 混合診療だし
どーしようかなーーーーーーーーーー
って 悩んで すすめない人もいました たくさん。
ごめんなさい。
さて 来年は
半田醫院も ちょっと変化があるかもしれないし
もっと 栄養療法や 漢方頑張って
精進します。
皆さまよいお年を。
今日で 診療は 年内最後ですが
我が家の年末は
ご先祖様供養のため墓参りと
家で過ごす。
なので
もし 時間があったらまた 書きまーす
こんな話でも
待っててくれる人がいるみたいなので・・・
ではまた。
理絵
 (どうでもいいけれど 理絵の絵は絵本の絵です・・・)

出会い

ふー
毎日BGMに聞き入ってしまい
いちいち この曲名と 演奏者だれ?
って 調べに行くので
仕事がはかどらない(笑)
最近のUSENは
演奏中の曲名も 作曲者も表示されるんです
しかし
音楽というか曲との出会いも
運と相性ですよねー
ふっと耳に入って 印象に残るかどうか。
さっき なんかこの曲きいたことある
でもなんだっけ
すごくいい曲・・・・・・・・・
と 耳から離れない曲があって
調べたら 
「いのちの歌」 松村 崇継さん でした
http://www.youtube.com/watch?v=zD0QQpb2s08
あ、NHKの朝ドラの・・・
これは観ていなかった~
あー いい曲ー
しかも 歌詞が・・・
いきてゆくことの いみ といかける そのたびに
むねをよぎる いとしいひとびとのあたたかさ
このほしの かたすみで
めぐりあえた きせきは
どんな ほうせきよりも たいせつな たからもの
 中略
いつかは だれでも このほしにさよならを
するときが くるけれど いのちはつがれてゆく
うまれてきたこと そだててもらえたこと
であったこと わらったこと
そのすべてにありがとう
このいのちにありがとう
感激。。。。。。。。。。。。。。
昼休みに 楽譜まで探してしまいました。
いのちの歌.jpg
いろいろあっても
ほんとうに あきらめずに
無理せずいきましょう。
いのちは大切に。
飲んだら乗るな。
育てられないなら産むな。
産まないなら作るな。
そういう教えがありました。
傷つくのは 女性です
身体も気持ちも・・・
ぜひとも大切にしてください。
ではまた。

セカンドオピニオン

この前の?というか先週の
 タケシさんの 医療番組みました?
セカンドオピニオンの名医特集
みたいな内容の。
あぁなるほどー
と思って観ておりました。
原因不明のだるさ のひとつに「甲状腺」がからむ
うんうん それはよくある
と思ってたら 別の症例で
若い女性の立ちくらみ めまい。
MRIとったり 眼振などはそんなに異常なく
採血でもOK   (本当?フェリチンとか きっと低いだろうけど・・・)
という症例。
でも お決まりのセリフ「どこへ行っても どこも悪くない、気のせいですね」
と言われていたある若い女性。
でたー!このセリフ。 で 気のせいでしょうから・・・
もしくは そんなに症状が続くなら、心療内科へ行ってください。
それで 行ってしまう人が多いのでしょうね
  最近うちでも
  あぁーそこで 行っちゃって・・・薬飲んじゃってるの・・・新婚なのに・・・妊娠したかったのでは?
  という方がいらっしゃった。
でそのテレビの先生の診断は
「起立性低血圧」
ああー、そうですね
きっとそうでしょう
鉄欠乏や 自律神経の変化で
起こしてますね、低血圧も。
血圧=自律神経支配 
ですから。
でもその治療が
「血圧を上げる薬をしっかりきちんと飲む」
!!
だったんですよ~
うーーん
なぜ低いのか ってことですよね
きっと立ちくらみがあるくらいの方は
貯蔵鉄である フェリチンも低いでしょう
きっと冷えもあって
きっと低血糖もあって・・・
総コレステロールも低いことでしょう
もちろん全員ではないけど。
いや、でも・・・・・・・・・・最近
  「だるい」などの不定愁訴で
  採血に問題なかった人がいない! と断言できまする。
そうすると、自律神経だって おかしくなる。
血圧を上げる薬は 血圧はあげてくれても
低血糖は治しません
薬が効かない 「低血圧」は 原因を調べてみるべきです。
もちろん、以前は 血圧を上げる薬  使っていましたが
正直 下げる薬に比較して 効果が・・・?で
なんでだろうと 疑問に思ってましたけど、そんなものかなー
と思っていました。
オーソモレキュラー勉強するまでは。
わたしたちの体は 1:1対応じゃないってことです
血圧が低いから 血管の交感神経を刺激すれば
ま、一過性にはあがるでしょう
でも飲み続けるの?
若い女の子が?薬を?
その前に
その血管の壁の栄養は足りているのか
そこを流れている血液は 形はいいのか数はあるのか・・・
ってことです
ある意味 地道な治療です。
でも
そんな難しい話ではなく
症状だけをみるのでなく
基礎はどう?ってことです。
たとえば・・・家が壊れてきて
たとえ 外装を塗装しても
柱が歪んできたら やっぱり快適な家ではない
    みたいな?
ついでだから 今日質問された 冷えと栄養について
(冷えはわたしもひどかったですけど 改善しています)
末梢の血管に 行きとどくような
 鉄 ビタミンEがたりないからで
 そもそも運んでいる 「赤血球」の膜が 低コレステロール、低たんぱくで 弱いんですよ
 赤血球の中身が低いのです 鉄やビタミンB群が。
 血中のタンパク質が足りていないんです
例えると(前にどこかで聞いた話ですが)
 宅配便を きちんと届けるには
 ①まず荷物がしっかり梱包されていて
 ②運ぶトラックが きちんとしてて ガソリンはたりてるか
 ③運転手さんも良い運転して
 ④走る道の舗装がひどくなく ひどい渋滞はないか
 ⑤相手の家に受け取る人がいるか
という過程ですね。
これは 人では
 ①赤血球などの細胞の膜(コレステロールやEなど)
 ②血管壁、血漿内容(タンパク質など)
 ③ストレスかかってないか
 ④糖尿や たばこや 有害なもので 
   動脈硬化がないか血液がどろどろしてないか
 ⑤末梢の細胞も 弱っていないか
ということです。
なかなか
現代では ①~⑤ を保てないし
食事からとれない。
保とうとしても お邪魔虫がいるわけですよね
精神的なストレス、農薬、保存料、いろんな薬、放射線など。
 
 
冷え一つとってもですが
口から入るもの、習慣で大きく変わります。
冷える生活をやめて、
きちんと栄養の不足を補いましょう。
ではまた。

クリスマス~

忘年会シーズンですね
クリスマスもありましたね
糖質制限には きつい季節です。
でも 食べる中身・順番に気を付ければ
宴会・パーティー禁止ではないです。
きちんと栄養も補充して。
というか
お酒控えましょう
甘いもの控えましょう って言って
控える人は果たして
どれくらいいるのかしら。
糖質控えてくださいと言って
「はい頑張ります」とおっしゃって・・・
来院してから一年以上たってても
 「え、ラーメンって 糖質なんですか?
  甘くないのに」と言われると
・・・・・・・・・・・・・。。。
最近 一生懸命治療しても
一向に??よくならない方々で
やはり 食事がテキトー って方が多くて・・・
でも確かにストイックに生きるって
難しいのでしょうね。
代わり になるものを考えていくのがいいのかもしれませんね。
人は食べて生きていますから
食べないっていうのは 無理でしょう。
うちの母は
おせちこそ手作りします。
またはおせちというものはそんなに食べない。
うどんやそばの代わりにしらたき とか
お餅の入ってないお雑煮(それはただのけんちんでは?)。
今年こそ ダシ巻き卵の作り方を習おうかしらー
あのくるくる っとして またつぎ足して
またくるくる という技が 難しそうで
やったことがございません。
でもくれぐれも 飲みすぎ食べすぎは気を付けましょう。

飲んだら乗るな。乗るなら飲むな 鉄則です。
都内みたいに 地下鉄とかないから
宇都宮は代行かタクシーです
それが結構大変ですけれどね。
ではまた。

USEN

は~今日は
いろんな方に 笑わせていただいた1日でした
患者さん。
コピー機の担当さん。
USENの担当さん。
病院だから・・・確かに 
笑いに来るところではないかもしれませんが
患者さんも結構 わたしを笑わせてくれるのですもの。
わたしの笑いの閾値は 結構低い?らしいけれど。
なんか 無心に笑うと
疲れは吹っ飛びますね。
そうそう
やっと念願?だった 有線を引きました
というか 古い病院のころはあったんです
でも今の醫院に移って
当時はCD作るのに燃えていたのでやめてしまい。
いろいろ作ったり MD(今は減りましたねえ)にしたり
していたのですが。。。
だけど
自分の趣味に偏るし
約10?年 同じ曲ばかり聴いてたら
ちょっと飽きました。
たまたま市内の とあるお店に行った時
すごーく わたしの好きな感じの曲が流れてて
「なんのCDですか?」って聞いたら
『有線です』 と教えてくれて。
それから ああ聴きたい聴きたい
 どうしようと ずっと悩んでいましたが
音楽が 今 自分に結構重要なので
決断をしました。
USEN。
今日 工事完了です~
すごくうれしい~
ほんと 担当の○○さんがとても親切な方で
機械に超うとい自分にも いろいろ説明して下さって。
でもなんか 面白い方だった。。。
わたしの笑いのつぼに はまりまくってしましたした
それはさておき
チャンネルいっぱいあって
さーどれから聴こうかな

なんか楽しみでワクワクしてます
でも 写経とかヒツジが1匹・・・とか
延々に流している番組 今でもあるんですねえ。。。。
待合室で
点滴室で
アロマの部屋で
どんな感じの曲が 癒しになるか
いろいろ流してみます
ではまた。

感染

お寒うございます。
風邪が流行ってまいりましたね。
風邪といえば・・・
「風邪ひいたので 抗生剤ください」
という方が今でも結構いらっしゃいますが・・・・・・・・
必要な時と必要でないときと あるのです
なぜなら風邪は
すべてが菌のしわざではないのです
しわざのときもありますがウィルスの時が多いのです。
菌  VS   ウィルス   です。
違うものなのです!!!
菌には効くけど(耐性菌があるけれど)
ウィルスには効かない。
出身の医局 呼吸器アレルギー内科で
不必要な抗生剤の投与はよくない

よく 研修医のころ
患者さんの 痰にある菌の染色をしたり
(何の菌か判断するため)
白血球数やCRPなどの炎症所見、
全身状態をみたりしてからきちんと 抗生剤は投与するように
と教わりましたし
それが 身についています
開業の立場になって
さらに そう思います
けっこう患者さんのみなさん抗生剤飲んでて!!
皮膚疾患で 10年
耳で数年
え?10年???
いや、大切な薬です 抗生剤は。
人の命が どれだけ 救われたか。
だから
菌 の関与のために
的確に 使うべきではないでしょうか。
うちでは
「治る気がするからください」って言われることが
大学と違って 結構多いです。
気がするって・・・
わたしも 肺炎や 膀胱炎 腎炎
菌の関与の時は使います
気管支炎なども
でも・・・
でも「抗生剤を飲まないと治る気がしない」というのは・・・
それを説得するべきなのか
「○○先生はすぐくれるのに ここはなんでくれないの!」
と逆切れされると
どうなのでしょう・・・・・・・・
予防投与という話
2次感染の予防の話。
今現実起きている 耐性菌の話。
病院ででる 効く薬=抗生剤 解熱剤
だからでしょうか?
でも しつこいけれど
ウィルスには抗生剤は効きません
菌にはききます
薬の効果を高めるためにも
きちんとタンパク質は摂取しましょう!
風邪の予防にも!!!
低たんぱく 低コレステロールでは
風邪にもかかりやすいし 咳もこじらせてしまう傾向にあります。
ではまた。

糖質と 腸

あーよくしゃべった・・・
きっと今日は最後までもたない。
などと思っていましたが
ドーピング(点滴)したら 余計に多弁になって
話ますます長い人 になってしまいました
「先生の調子は 口数でわかる」
ま、それはそうなのですが
なんか最近 これはどこまで誰に話したか?
覚えきれず
かといって毎回同じことばっかり言ってても・・・
しかし
今日同じことを何度いったかしら。
それは 「なにかしらの 発病した方は
 糖質は抑えた方がいい」のです
糖質・・・低血糖・・・うつ・・・Bの欠如・・・腸へのダメージ。
心身 や 特に皮膚トラブル のあるかたで
腸がきれいだった方に 遭遇していません
善玉菌が少ないか
余計な菌がいるか。カンジダがいるか。
炎症起こしてるか 免疫が落ちているか。
なんにしても 「疲れが チョコ食べると治る」っていうのだけでもそれは 
逆効果
と広まらないですかねー
その一瞬はそんな気がしても
のちのちかえって 体調崩すことになります
カンジダは糖質で悪化すると言われています。
このまえ たまたま観た番組で・・・
 (最近、前よりTV観るようになった気がします。
  世間での話を知るため。
  話のネタにするため。
  私は基本はTVより新聞・雑誌・漫画派なので・・・)
『白いパンに 真っ白な砂糖と マーガリン』
をこってり塗ってるシーンが・・・
(ほんとにこってり)
およよよよ。
それは やめたほうが・・・
芸能人がやってたら
まねしそうじゃないですか?
しかし 食べ方 栄養で全てが治るわけではなくとも
患者さんが
前回に比べて 笑顔がみられる ってだけでも
なんか 本当にうれしいものでございます
頑張って しゃべり続けようじゃ~ないか
と闘志がわきますね(笑)
糖質減らして 食べ方変えて せめてBか鉄だけ
でも・・・
ではまた。

専門家

もう次の予約が 一か月後の方だと
「よいお年を」になってしまうのですね
本当にあっという間に 今年が過ぎていきますね。
さて 
年末なので病院の 大掃除をチラホラはじめています
床掃除。
年に一回のピアノの調律も 先週やっていただきました。
待合室に 実は最近置くようになったピアノは
来月96歳になる祖母のものです。
それが・・・
昨日 たまたまなのか?
どうしても レの♯が出ないんですよ
調律したてなのにー!
もともとへたくそなうえ 一音飛ぶと
ふざけて弾いているとしか思えない(笑)
調律師さんに また来ていただくことになり
中を見せていただけた!
いままでピアノ担当は 2番目の姉ゆりだったので
調律を真剣に 見たことなかった!
ご覧にいれましょう。
ピアノ.jpg
ピアノの(アップライトの)中身って
あまり見たことなかったです~
でも
ピアノ無知な私にしてみれば
初めて 病院で冬を迎えたし 寒いし?とか
もしかして わたし ピアノにお粗相 やっちゃった?とか
実はドキドキしてみてたんです。
とてもいい感じの調律師さん
「こういうときは これがいいんです」って 右手にしたのが
「5-56」だった!(笑) ← 556でいいんですよね?
あの・・・  機器系や 鍵とかが スルっと動かなくなったときに
なにかとお世話になる ゴーゴーロク?ってやつですか?
えーーーーーーー!!!(笑)
(いえ556は生活の必需品です!
 ただ・・・ピアノに使うとは思わなかったので・・・)
なんか
私のツボにはいっちゃって~。
私的には  この鍵盤のなんとかかんとかで
どうでこうで って  いう説明を受けるのかなー
でも それはわからんから困るなーー
と思っていたんです

なにか わたしのやりかたとか
環境が 悪かったのでしょうか。
って質問もしたのですが
「それは いろいろありましょうけれど
  (ピアノも)年齢を重ねたということです」
とおっしゃって・・・
ピアノだって年齢を重ねて 消耗するところはあって
直せるところは直して
でも 錆びつきそうになる前に オイル?さして
メンテナンスってことですよね
そしてシロートの私的にずっと聞きたかったこと
「よく昔のピアノはよくて と 聞いたことがあるのですが」って質問したら
「それは その時代に 一番いいものを
 と思って ピアノは作られていて
 昔は昔の時代にあうように
 今は今にあうように
 たとえば 今の時代は ホールで大きく響くよう、とか
 たとえばむかしは 柔らかい音で
 その時代に いちばん望まれるように・・・
 と、
  どういう音を 、 望む人によってどういう素材で・・・
 それぞれに いいように つくられているのです 」
なるほどーーーー!
なんか 納得。
なんか、感動。
ピアノを弾く人 作る人
教える人
調律する人
みんな それぞれ 
専門にわかれるけれど
でも ピアノの知識は お互い広くある。
なにより 仕事が楽しそう。
素敵なことですね。
医療も
そうありたい。
わたしとピアノは…
わたしは もとはピアノが大嫌いで(先生ごめんなさい)
やめたくてやめたくて やめたので
いろんな偶然で
たまたま再開しただけ。なので
まだ人前で弾けません
というか
弾くつもりもないので
弾いて~って言われるけど
ごめんなさい
今は無理です~
 
でも 今 唯一の?ストレス発散、趣味 かな?
もっともっと
弾けるようになりたい。
ま、遠い夢です~
あー しかし
556 本当に役に立つ。
ですね。
ではまた。

冷えますねー。
雪になりますかしら???
今日はたまたま?糖尿病の患者さんが多かったのですが
やっぱり 悪化する方は
糖質とってますよね。
大体は「そんなに食べてません」
とおっしゃいますが・・・
「先生、先生は砂糖がもっとほしくなるってこと
 ないんですか?」
と聞かれました。
「それは はっきり言ってまったくないんですよねー」
と申し上げたら
「先生は 女じゃないんですねっ(笑)」って・・・
このセリフ よく言われますー。
女性に多い?甘いもの好きって気持ちは
わからんのですー
別に太るから我慢しているわけではないのですが。
クリスマスだろうと なんだろうと
ケーキとか まったく食べないです
いただいても困る。
でも周りは 女性が多いので
あげると喜ばれますけどね。
高校のころは食べてましたが
いつの間にか 苦手になり
しいていえば なぜか妊娠中だけ
プリンやケーキ が食べたくて
近くの大型スーパー ア○タで
じーーっと ショーケース覗き込んでたら
うちのナースにみられて
「めずらしい・・・」と言われましたけどね
これも以前話したかしら?
それはさておき
女性は確かにスイーツ好きですね
女性とうつ、とか PMSとか
いろいろ本や文献を読み漁り
まとめますと
もともと女性は リラックスホルモンの「セロトニン」が低い
うえ
エストロゲンの低下する生理前は 
セロトニンとエストロゲンの関係から
余計イライラしたり 甘いものが欲しくなるようにできている
でもそこで 砂糖をとると
逆効果なんですねえ。
ですからPMS(月経前緊張症候群)のあるかたは
せめて生理前だけでも
砂糖(特に精製)とかの糖質を控えないと
悪循環なのですね。
あるとやっかいですが
きちんとあってなんぼの生理です
うまく付き合いたいですね。
クリスマスだからと
スイーツとりすぎご注意です~
しかし 女じゃないとは・・・
よく言われますが
慣れてきました・・・
たしかに 私の不調は生理とは関連せず
(逆にいつ不調なのかしら・・・?)
いままで 生理痛だの
排卵痛だの 胸が張る?とか
気分が変わるというのが じつは わからんかったし
周囲の女性たちに それは学んだのですが・・・
しかも最近とある人に
「母性も全く感じない」
と・・・
そうですか?
うーん・・・
女らしい人にあこがれますけど。

とにかく
糖質に 注意しましょうね。
ではまた。