せいり

こんばんは。

患者様には 当院改築の日程のことで
ご迷惑をおかけいたしまして
ほんとうに申し訳ございません。
はー
もう時間がないというのに・・・

でも  頑張らねば。。。

今日のテーマは 生理 です

女性と生理(月経)の関係の重要さを
本当に実感しています。

あってもうっとおしいもの
でも なくてもいけません。

医療界では 女性と生理の関係は とても大切です

疾患と つながっています。

わたしたちからすれば
なんも恥ずかしいことでもないし
むしろ 身体を知るうえで 必ず質問する事柄です

日本では 女性のたしなみ?として口にしないもの
不浄のもの?の文化 みたいですけど
生理現象 なのです

生理と 気持ち
生理とホルモン
生理と食べ物

深くつながっていますので

うまく付き合っていきましょう。

生理前は
イラつくうえ
ホルモンが不安定になるうえ
甘いもの、糖質 がほしくなります

(すみません 私は よくわかりませんが・・・)

でもそれ(甘いもの)を 控えてほしいです

糖質過剰のかたは 糖質制限はつらく・・・
「麻薬」のように やめることが大変ですが

やめて少し経つと
体調がよくなってくると思います!!!

そういえば

うちの若い人 に
性教育どう習ってる?ーと聞いたら

なんか照れながら

精子=いのちのもと
卵子=いのちのもと

生理は 赤ちゃんを育てるための ベッドを整える準備
とのことです

ほお。。。

素敵な表現ですね  いのちのもと。

そのとおりだし。

 
そのうち 具体的に教えればいいのでしょうが・・・

でも
なんで生理が来るのか
本当にそれでわかってる??
実際生理が来たらどうするか知ってる???

と 聞きました。。。

何日間隔で 出血して
どういう対処をすればいいか
用品を どう使えばいいか・・・
つい質問してしまいました

そしたら
いいや全然わからん  。と言っていました。

学校では
教えてくれる方も
聞くほうも
みんな 顔を真っ赤にして・・・・・・・

授業が

なんだかつまりよくわからないままに終わっちゃった
と言っていました

それが日本の性教育の現実ですね。
恥ずかしいことじゃないのにー

でしたら  こってりと
教えねば。

食事をしたいように
生殖本能は あるべきです
オブラートに包んでばかりで

しっかり教えないから・・・

または 恥ずかしがって聞かないから

大人になって  男も女も
避妊も 妊娠もしらない人でいっぱい
になってしまうのでしょうね。

どうしたら妊娠するかも
どうして できちゃったのかすら知らない人が!!

たしかに・・・ ひとさまに 声高々にいうことではないにしても

どうしたら 妊娠して
どうしたら 性感染がおきて
ということを
教育したほうがいいと思います

性的なこと= 恥ずかしく隠す のではなく
それこそ 生理現象。
自分の 年齢や立場をわきまえて
そして知識を持っていくべきだと思います

堕胎はどういうことなのか・・・・・・・・・・・・・・
堕胎しないように 知識を持つべきです。

性感染とは何か。
取り返しのつかないこともあるのです。

 教えるべきだと思います。

性教育の授業を 恥ずかしい  または 退屈
って思わせないような

たのしーい ものにするべきだと思います

それではまた。

女性と甘いものと うつ

こんばんは。

昨日の・・・
セミナーに来てくださった方
応援してくださったかた
ありがとうございました。

糖質のこと、 健康のこと、女性とホルモンのこと。。。

これからももっと 伝えていければ
と思います。

セミナーで質問をくださるということは 
興味を持っていただいたこと と思えて。

私たちも もっともっと いろいろ頑張ろう!と思えます

わたしも学生のとき  

あ      わからない・・・   と思っても
聞かないでいたことがあります

あとで 自分で 調べよう・・・って。

でも、その場で  質問したほうがいいです!
知っている方に 質問したほうが!!!

知らないことは 恥ずかしい のではないです

どんなことでも  質問が 恥ずかしいことなんかないです

質問して 答えて  解決する ってことが
大切なのですよね。

聞くは 一時の恥です

セミナーのあと

「いろいろな話を聞けて 感激しました」
といってくださったかたもいらっしゃいました。

「この話を聞くまでの自分と
 聞いた後の自分が (生活が)ずいぶん変わります!」

と おっしゃってくださった かたも。

          ↑   申し訳ありません・・・

わたくし ちょい 興奮?していたので  微細 は 話、作ってたらごめんなさいw

でも
ほんと~~~~~~~~~に

うれしかったのです。

そういうかたがふえて
自分の体は
自分で気を付けなきゃ  と思っていただければ
本望です。

なんか とてもうれしくて
あー 無理してでも 頑張ってよかった。
そう思いました。

わたしも  オーソモレキュラーにであったとき

あーーー  辛いからだから立ち直るのに
ちがう 世界がある。
と思って 目から 鱗(うろこ)が剥がれ落ちました。

これからも

そういう治療もあるんだ、って
伝えていきたいと思います

栄養療法を
地道に頑張りたいと思います。

これからもよろしくお願いいたします。

口から入るもので 私たちは作られています。

いろいろな

かなしいこととか せつないこととたたかう 「気持ち」
もうダメかもって思う気持ち
ひとに くってかかる気持ち

うれしいと思う気持ち
幸せだなーと思う気持ち

その気持ち  を作るのも脳 ~ です

その気持ち=脳、そして身体全体にパワーを送るのが
栄養です

ぜひ、

特に女性の皆様・・・・・・・・・・・

誰にも言えずに つらい気持ちでいらっしゃるのであれば

その 解決になれるよう
頑張っていきたいと思います。

ではまたーー

糖質と花粉症

こんばんは。。。

いかがおすごしですか?

ところで・・・・・・・・・わたくし 甘く見ておりました
改装というものを・・・。

大変ですねえ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そもそも 保険診察と 自由診療を分けるための改革です

感染症のかたのための部屋
いろんなことをなんとかしようと・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんなにアタマ使うとは。
あなどっていました。

。。。。。。。。。。。

なんにしても
患者さまに ご迷惑おかけして
本当に申し訳ございません。

そんななか 季節は
花粉症の真っただ中ですね。

不定愁訴の塊?であるわたくしですが
奇跡的に花粉症と頭痛だけは 未経験なのでございます。

みなさんつらそうですね。

もとは アレルギー内科が一応専門ですので
いろいろ治療してきました。

花粉症というと 耳鼻科へいかれる方が多いのですが
内科でもOKでございます。お近くの内科さんへ。

普通に保険診察で治療する場合は 
抗アレルギー剤の飲み薬や 点鼻 点眼が 中心で
ひどいときに 局所にのみ(飲み薬でなく鼻や目に) ステロイドを使用するのが主です。

うちでは 漢方を使うことが多いです。

でも 最近自由診療もとりいれてまして、
お腹の治療や CやEPAその他の抗炎症など。

その方にあった方法をもっと 広めたいと思います。

きのうのえみのブログにも書いてありましたが
本当に アレルギーには お腹(腸)が 大切です。

自由診療というものに懐疑的なかたでも
試してみた結果
「乳酸菌」で 春を乗り越える というかたがいらっしゃいます。

乳酸菌=腸を整える=アレルギー対策 なのです。

で この腸のためにも
「糖質は 敵」なのです。

糖質はおなかの悪玉菌、カビの餌になりますから。

花粉症は 本当に患者さんのQOLを左右します。
ひどくて不眠症にまでなってしまう方もいらっしゃいますしね。

いろいろな治療法があって
とてもよく効く ステロイド注射などもあります。
治療は 患者さんの希望が優先です

きちんとその効能と副作用は きちんと納得して受けてください。

所属していた医局の大先輩が 
その昔
「ステロイド」の使い方についていろいろ教えてくれました。

別に敵の薬ではないのです
使わねばならない時には 使うものです。

ときに「合剤」・・・ 抗アレルギー剤 という名の
抗アレルギー剤+ステロイド剤 「○○○○○○」など が多く使われているみたいで・・・

それがまたよく効くので 患者さんはやめられないでしょうね

その先輩の言葉を借りれば

「これはステロイドです って出すならまだしも・・・
それでも 納得されて私は飲みたいという方なら まだしも・・・・・・

知らずに飲ませることは いかがなものか」ということです。

知らないで飲んでる方たちばかりでしょう。

ステロイドホルモンは 私たちの体で作られます
コレステロールをもとに。    (=====タンパク質が大切。)

それを 外から入れ続けてたら=ホルモン剤ですから
長期間でいけば あまり身体によろしくないということです。

しつこいけれど 糖質の制限と 腸を大切に。

ではまた。

医学

こんばんはー。

今年は寒いですね
桜…いつものように咲くのでしょうか??

しかし・・・
ほんとうに
はやく混合診療解禁にならないかな と
日々 せつに願っております。

産後のうつ  体がつらいこと・・・
やっぱり、原因(栄養が悪い)があって なっているのです

なんらかの 原因があって結果があるのだと思います。

そのいちばんが 糖質過剰と化学物質だと思います。

普通の生物学 ホルモン動態
データの見方 
至極まっとうな 医療の集大成
それがオーソモレキュラーであると思います。

栄養欠損(食べてないか 消化・吸収してないか?)で
コレステロールも低かったりすると
性ホルモンも作り出せないし
脳内ホルモンもバランスを崩し
性欲もないし 草食系になる!

っていうと たいてい納得してくださいます(笑)

産後うつの女性の方も・・・
一人産んだはいいけど

は?    もうひとり???

これ以上 生むなんて!!!!!!!!
それ以前の
生む行為ももちろん 作る行為すら 
まったくもって ノーサンキューです

という方々ばかり・・・

でも それも こういった
栄養医学 いろんなことを考えていると
納得していただけるのではないでしょうか?

こじつけではなく  原因があって 結果がある
と 思います

やっぱり
栄養が足りていないから 疾患になるのです

同じように食べてても
消化や吸収の差がでるので・・・

わたしたちの 主観を含めずとも・・・
精神や肉体にトラブルのある方の採血などの検査結果は 
やはり 異常があります・・・・・・

しつこいですが
原因があって結果が・・・

でも
それを後悔・否定するのでなく

きちんと補っていくことが
大切と思います。

特に  腸(お腹)を大切にしてくださいね。

余談ですが

アレルギーの要は
腸管にあります。

花粉症だって アトピーだって

アレルギーは 腸!!です

いい乳酸菌を とってください。

ではまた。

産後うつ

こんばんはー

もうすぐ春ですね

でもこんな・・・忙しい春は初めてかも・・・

でも 自分と同じような患者さんを見るたびに
(もちろん何食わぬ顔して Drの顔で話しますけど)
暑苦しくなってしまいます

あぁぁぁぁ なんて言ったらわかってもらえるのだろう
って
つい話のくどい人になってしまって・・・

だって。

ふつうに生きてきた。
ちょっとは病気くらい誰でもするし
ストレスくらいだれだってある。
すっごいど根性でもないけど すっごいダメ女でもないw(たぶん・・・)

という方が多い。

何度も言ってる内容ですが。

なのに なんで?
子供産んでから  「突然」 うつやパニック。
なんで???

そういう主訴の方が 最近増えました

最近増えたというか

もっとたくさんいるはず。

たまたま 来院してくださっただけで。

たんに、病院に行かずに堪えてるか

わたし、おかしい?って
精神科にいって よくなるような ならないような・・・というかたが。

最近は
紹介で来てくださるケースと
私たちが 口説き落とす(笑)ケースとがありますが。

いやなことだけでなく(精神ストレス)
栄養欠損が原因で 情緒不安定になる場合は
薬は 一時的には効くかもしれませんが
正直効いていない方が多いように感じます

なんで?なんで?????  って
つらい気持ちを繰り返します

子供にあたりまくり げんこつしまくり
(また そういうケースにかぎって お子さんがチョロ。率が高いのです)

カーッとして・・・
そのたびに 救急車を呼んでしまう方もいらっしゃるみたいですね

救急病院に行っても
なんでもないから・・・といわれて終わり。

周りからは
「いつも おおげさなんだよ・・・」と思われて 悔しい思いをする。

本人にしてみれば
本当に 苦しいらしいですけれどね・・・・

栄養療法をおすすめしている患者さんや
友人たちには

「そうはいっても ストレスのないことはないし
ストレスがあるってことも生きてるあかしだし

でもせめて 救急行かずにすむように
動悸で不安にならないように」

その対処法を 編み出していきたいと思います

いらいらして 余計 低血糖になってドカ食いしたい時こそ
糖質ではなく タンパク質などで食べてください
お豆腐や納豆 ナッツなど・・・

どうしても パスタやパン 米・もち 食べるなら
その分ビタミンBやCを必要としますよ
アミノ酸も。

*治療費に一番コストをかけない方法は
 余計なものを食べないことです

栄養療法をやっていても
どんどん良くなる過程に

ドーーン と 本当に 階段からまっさかさまに突き落とされるくらい
振出しに戻る? と思うくらい
ひどい リバウンドになることが結構な確率でみられます

でも 元のひどい時と違って

あ、こうして 気を付けていれば
改善できるんだ  って思える時が来ると思います
戻るのも早いです

だから 負けないでください

サプリが飲めない?
でしたら パン買うなら 納豆とか卵
ジュース買うなら お茶
野菜を 最初に食べればいいし 
少し面倒でも
お味噌汁や スープを 手間かけずに 手作りしてください。

そんな暇はない?
と思いますよね
私もそう思ってましたが

ひどくなって うずくまる・横になる時間に比べたら
朝の 10分早く起きてみる または寝る前に仕込んでおいて
体にいいもの食べるほうが 得です!!

「体にしみる」自然の味。 しかも手作りは 節約になる!

朝のその5分 がないんです!
というときほど
実はむだに何十分も ごろごろしたりしてるものです

わたしは オーソモレキュラーを知らなかったら
いまごろ このストレスに勝てなかっただろうな~と思います

でも

あ、こういう時こそ 補食にプロテインやアミノ酸。
そしてB・ナイアインやC 。。。って
それで かわせます。

むかしは そとで お弁当やお惣菜買ってきたら
お嫁さん 嫌味言われる時代でしたのに

いまや 全部手作り のほうが
へ==== ~~ すご~~い

といわれる時代みたいですし・・・

時代と環境って ・・・
ある意味怖いですね。

そういえば
きのう 近くのスーパーに
備品を購入しに行ったのですが

ふと うちの若い人が カップめんのコーナーのところで

「一生に一度でいいので コレ
   食べさせてください! 私も食べてみたいです!!」

って大きな声で言っちゃって(笑)

そんな・・・ 大きな声で・・・
わたし 何にも買ってあげない
 ただの 神経質なお母さんみたいじゃん!

というか
   え 一生に一度???って???
   食べたことないんだっけ?

でも つまり普通に みんな食べているわけですよね。

まー いつかきっと 自分の意志で食べる日も来るし
私もそこまで 別に 何もかもダメなんて言ってないけど。

一応やめな?といってるだけで・・・

でもやっぱりなーー
ここで買うわけにはいかん。

と 手にしたけど 棚に戻して
うろうろしてたら
患者さんに会いました。ww

ふ~~ (笑)
は~よかった 戻しておいて!

でもたまには こんな小さなプライド?も
役に立つのかもしれませんね

買ってたら
食べてた。

まー それだけで 悪くなるわけではないですが。

いい方向に努力するのは大変だけど

楽なほうへ 転がるのは
けっこう 負の連鎖になりますから。。。

なんにしても
産後うつ で悩める方・・・

まずは
食事と栄養です!!!

ではまた。

寒い??

こんばんは。
気配は春ですが
なんか寒い一日でしたね。
異様な寒気があるとおもってたら
低血糖だった
ってこともあります
本当に食べ物、きをつけましょう。
精神的なストレスがあって
そればかりは誰にもどうにもしてもらえなくても
めまい、不安感、憂鬱、パニック・・・
自分のやりかたで  治まる方法がある
と 知ってほしいと思います
食べ方で。
食べる順番で。
治る精神状態があります。
タンパクをとって・・・
ビタミンミネラルをとって・・・・・・
糖質を減らして・・・
余計なものを食べない。
食べてしまっても 別の日に調節しておくとか。
さて
わたしこそ  いろいろ頑張らねば。
今回の体制一部変更のことで
本当に ご迷惑をおかけして
もうしわけございません。
ほんとうに。
でもこれで
なんとか
患者さんに 一番いい方法になるのでは??
と 願っております。
そんななか
ホームページ・張り紙をご覧になって
来院された患者さんに
「もしかして 理絵さん病気になってやめちゃうの?」
「いよいよ 離婚かい?」
って(笑)
心配いただいたりして。
本当に ご心配いただいて
ありがたく思っております。
今のところ 大丈夫です。
引退するほどの病気はありません。
しいていえば あの頃 産休は欲しかったなー(笑)くらいで
おかげさまで治ったし
今さらそんなこと どうでもいいですし
いよいよ・・・って (笑)
まー確かに 忙しすぎて  同居人 を超えて
ルームシェア?状態でしたが・・・
わたしが半田を名乗っているのは
ハンダイインの 一応跡取りとして
頑張りたかったなーということと
日本では 夫婦別姓が許されないからです
母は・・・
名前なんか・・・そんな墓場に持っていけないもの
何にも気にするな!
という考えの人ですけど
たまに・・・
なんで
婿さん もらわなかったの?とか
なんで もう一人産まないの?(男を) 
と言われたころもあって
私が一番気にしてた?
まーそれも今となってはどうでもいいけど
なんだかなぁーと思う時もありました。
でもこれから先
こんな少子化時代で
一人っ子長男 一人っ子長女どうしで
婿だの嫁だの 家だの
そんなこと言っていたら
もっと 結婚率は減ってしまうような・・・
それでますます 少子化??
うちみたく 女しか生まれない家もあるし・・・
今の時代
どうしていくのでしょうね??
それゆえ 結婚あきらめるとか?
それもどうかと思うし。
愛が一番です
愛が!!!
それで結婚が 阻まれる事は・・・もったいないと思います。
わたしは 夫婦別姓も あり  だと思うのですが。。。
以前 いろんな方に相談したら
…女のくせに・・・
とか
子どもが可哀想
の 意見が多かったです。
それをここで 反論しても意味がないですが
難しいものですね~
こどもが  かわいそう???ですか??????????
そうでしょうか?
話が思いっきりそれましたが
半田醫院
頑張っていきます
一般診察ももちろん
もっと勉強して
オーソモレキュラー 頑張ります
ではまた。。。

隠すこと

こんばんは。
4月の改装に向けて 準備が・・・間に合あうか?
気持ちが てんてこまい。
です。
いきなり 3月24日(土) えみーと
半田醫院 リニューアル?記念アカデミーすることにしました
糖質と 疾患 について お話します
急ですが
いろんな想いをこめて
ぜひ女性のみなさん いらしていただきたいです
食事のせいで うつやパニックになるなら・・・
それを避けてほしいです
人生はいろいろあるからこそ
いろいろあっても 負けない体になるには・・・
現代のニッポンでは
環境ストレス 食事ストレスにきをつけないといけません。
薬ざんまいより・・・
食事気を付ける方が・・・
病院に行く時間もコストも 減りますよ
って、
わたし 仕事なくなっちゃう??(笑)

そういえば・・・わたしったら・・・
理絵のブログには
とんと 誰からもコメントないけど まー そんなもん(笑)
って思ってたら
去年の初めころから (一年以上たっている!!!)
すごく 励みになるコメントを いただいていました
今日知りました
のに
コメントの管理?っていうのを知らなかったので
コメントくださっていた方がいらしたことすら 知らなかったですーーーーー
すみません 無視していたのではないです!!!
(本当にパソコン苦手)
お返事書きたいくらいです
ありがとうございます
あ、でも
公開を望まない方のものはもちろん公開しません
でも
ほかの患者さんの 励みになるような
そんな場合は
できたら 公開させてください。
いやなときは いや って おっしゃってくだされば
しません(笑)
いろいろな症状があって
医者から「それは気のせい」っていわれて絶望にいらっしゃる方の
せめてお手伝いできるよう
頑張ります
外来でも
みんな生まれも育ちも違うのに
まるで 分身のように
産後(産後でなくとも) 気力・体力なくし
めまい・頭痛・動悸・不安感・パニック
などに苦しんでいる
かたとよくお話しいたします
そんなにつらいことも 精神的に???ないはず。
そんなに 打たれ弱くもないのに?
なまけてもいないのに?
なんで つらいんだろう。
わたし、治りますか?
そういうお話や コメントいただくと
りえの血がわき踊ります(笑)
わたしも  「あなたは うつじゃないから大丈夫!頑張って!」って言われて
あーそうなんだ。とすごくうれしかった時をおもいだします。
(本来うつのかたは励ましてはいけません)
めちゃめちゃ 「励まし」がうれしい うつ もあるんだ、って思いました。
特別なうつ??
(それは そもそも うつではないっていう 定義の先生もいらっしゃるでしょうが)
私も最近 なんも 隠すことなんかないと やっと腹くくったら?
楽になりました
かえってネタにできるくらいです
友人にも 「本当のこと言ってるほうがいい」と言われ
仲良くなった方にも 私が実体験を話していると
「医療の敷居を低く感じます」と言っていただけて
嬉しかったです。
で、隠すのを最近やめました
「先生は なんにも病気知らずでしょ?」って言われるので・・・・・
いやー
そんなことはないです
人間ですから。
ただ まさか そういった学問(医学)に身をささげ
なんとかの不養生(笑)とはなりたくないから
人並み以上に 元気でいようとは思います

いろんなことがありました
えみが 統合医療に目覚めたのは 知り合いに ガンの患者がいたから。
オーソモレキュラーに興味持ったのは 健康優良児・男勝りの理絵が 産後おかしくなったから。
そもそも 不妊症と言われて ・・・・・・難しいですね と。
それを言われた時の自分の気持ちというより
  告げた時の私の母の無言の落胆のほうが 自分にはせつなかった。
そんなこんなで やっと産んだのに 数か月で大病をして・・・ 「覚悟してください」と言われた。
覚悟・・・
 あやうく生き延びてくれて ・・・ でもその後 病気のデパート。
そんなことが
いろいろ 思い出されて。
その不可抗力にも
きっと原因があるだろうし
きっと治し方があるんだろうなって・・・・・・
その疑問のため 勉強しようと思って
試行錯誤して今があります。
その根底に 現代の抱える 食事環境や
いろいろな マイナス要因が多いこと
が多い気がしてなりません
母曰く 戦争中は
精神的に もっともっとつらかったのに みんな生き延びてきた。
もっと食事は貧しかった。
イモしかなかった。
イモ。
だけど 今も 超元気  って人が多い世代です。
それは 体に有害なものがなかった???
か,あっても 解毒できる範囲だった?
食事が糖質だけでも それを 消費するくらい(日本人は)勤勉で 動く気質だったのか・・・
医者の常套句 「食事と運動」が大切ということです
なんにしても
いろんな医療があって
選ぶのは患者さん。
せめて そのいろんな医療を選べるような環境に
日本もなってほしいと思います
ストレスが多いと なんか 胸が苦しくて
息がすえない?とおもうけど
でもみなさんもきちんと情報を得れば
もしなりそうでも
自分で対処できる自信を持てるようになります
ペーパーバックでなくとも
「気」をゆるめることに・・・ 深呼吸は意味があるんです。
とくに みぞおちを ゆるめること
(息を思いっきり吐くだけ)
両手を みぞおちにあてて
これでもか っていうくらい 息を3回吐くだけで
身体が緩みます
そして
なりそうな前に タンパク質を補給しておく。
すごい疲れている時こそ
食事の 選択を 間違わないようにすることです
おなかがすいたからって
空腹時に 糖質だけをとるのは おやめになったほうが・・・
わたしも  あー参った 疲れた!
と思う時ほど
まず納豆(まぜるだけ)
お味噌汁。かアミノ酸のスープ
梅干し(なるべく質のいいもの)
豆腐(出すだけ、お醤油かけるだけ)
ωー3(かけるだけ)
という食事で 時間もかからないもので対処します
そのおかげで
まぁ疲れたり凹んでいても
前ほど ひどい目に合わなくなり
なんとかなるように・・・・・・・
。。。
3日かけて書いたので
またしても 長編になってしまいました
最後まで 読んで下さったかたは
ありがとうございました
もう少し 短く書く練習をしますね・・・・
ではまた。

こんばんはーーー
3月になりましたね。
寒いけど 春に近づきますね。
えみーのブログに書いてありましたとおり
そして ホームページにあるとおり・・・
4月から
半田醫院  変わります。
悩んで悩んで悩んで 決断しました。
こんなに悩んだこと ないかもしれないくらい考えました。
わたしたちが ずっとやっていきたい
統合医療を進めるにあたって
混合診療の禁止という厳しい壁のこと
そして漢方のこと。。。。。。。。
・・・・・・・・・
本当に わけることにしました。
現在 獨協大学消化器内科に所属している
石川潤が  一般保険診察を担当いたします
わたしとえみは
 栄養を中心にした
オーソモレキュラーを やっていきたいと思います。
何度も言うように どちらも必要な医療です
でもまだ日本では 宇都宮では 自由診療????ナニソレ
って言われます
でも 薬で よくならんけど・・・
というパニック発作が   甘いもの・糖質制限や 食事改善で
よくなることがあるのです
食事と栄養と
自分の身体を知るということ
それが治療です
そういう 少数?かもしれませんが
それでも 必要としてくれる方がいる限り
わたしも あきらめられないです
オーソモレキュラーを。
漢方も。
なぜなら。
食事のとり方
栄養素のとり方で・・・・・・・・・・
悲しみにあけくれ 薬なしでいられなかった方が
笑って 薬を減らしてくれる事実があるので。
患者さんももちろん
自分も家族も
友人も スタッフも
・・・・・・・・・・・
なんの洗脳でもなく
人間である限りの 生理学的医学的なことです。
いつか 混合診療解禁になる日を
本当に望みます。
患者さんのため、医療のためにです。
何度も申し上げるように
サプリや 自由診療の点滴を 保険を通せとはいいません
それは・・・きっと無理でも・・・・・・・・・・
でも
自由診療を受けたばかりに
保険がきく分まで  全部自費にしろ っていうのが
納得いきません
それは とりあえずおいておいても
わたしたちの仕事は
患者さんを 治す方向へ導くことです
体調不良の原因がなんだかわからないし
どこにいっても 別に問題ない って言われる方たち
それが 産後うつをはじめ 低血糖・栄養欠損・・・のような
そういうかたたちのため
もっともっと
頑張ります。
4月の 第1週だけ、ほんとうに 患者様には 一時ご迷惑をおかけいたしますが
準備のため、 休診になります。
ご迷惑をおかけして 申し訳ありません。
その後、
診療時間も 体制もかわります
保険診療も
自由診療も
きちんとわけて
患者さんが 制約されないようにしたいと思います
保険診療の夕方の時間を延長しました(午後6時まで)
自由診療も  水・金午後  だけということでなく
 時間を 広げました。
なにかございましたら
ご遠慮なく ご質問ください。
本当にオマケですが
石川潤 は 医者として 
真面目で・・・
穏やかな人です(多分)
わたしみたいに
患者さん相手に
「それはちがう!」って逆らわない(笑)
本当に 今後ともよろしくお願い申し上げます。
それではまた。