プチセミナー

こんばんは。

世間はGWなのですね
なんか 時間が早く過ぎるので
忘れていました。

当院はカレンダーどおりです。

5月1日のセミナーは
ご参加の方々、ありがとうございます。
定員をこえたので締め切らせていただきます。

女性ネタを
おまけで なにかはなしますね。

診察では
もちろん患者さんふたりだけで
問診が必要です

でもグループも 必要かもしれません。

同じような 環境の方同士の話を聞く 
ということも 必要なのでは
と思うことがあります。

わたしは、女性の皆様に

本当は 聞きたいけどでも、聞けない と
黙っているのではなく

ぜひ誰かに 聞く勇気を持ってほしいのです

わたしも できる限りの質問に
こたえたいとおもいますし

もし知らないことがあれば
紹介いたします

栄養療法 がんばります!!!

ではまた。

低血糖

こんばんは。

いつも言い続けていますが

低血糖 という言葉は
 おなかがすいて 手が震えたり やる気がない
 だから 甘いものを摂らねば

    という 間違ったイメージがありますね!!

糖質を摂りすぎる 運動もしない ストレスの生活
などが原因で

食後高血糖~ インスリン過剰分泌~ 低血糖を起こす
のです。

ですから
甘いものはダメなんです
甘くなくても 糖質はダメなのです

でも
まだまだ 浸透しません

普通に 「低血糖=甘いものを食べろ」という指導を
ずっと受けてきてしまった患者さんに・・・
いきなり「それはやめたほうが」と 初対面の私に言われても
納得できないかもしれませんね。

でも ものすごいめまい  動悸  不安感
突然くる悲しみ 過食 なども

その低血糖が 原因になることがあります
いえ 原因に ほとんど重なっているのではないでしょうか。

当院にいらっしゃる患者さんの食事歴で

糖質大好きです  といわない人に出会えない(笑)

最近驚かなくなりましたが

朝から 大入りチョコ?全部 とか
ケーキ一個(一切れじゃなく  ワンホール)
パンとコーラだけ

などと聞くと

う~~ん
よく 召し上がれますねえ~
としか言えません

それをやめてみて 本当に 身体 変わります
と申し上げています

低血糖体質に 一度なると
食べ続けていたら 続きます
やめるか減らすしかないのです

え~ これから ずっと食べられないの?と嘆かれることが多いですが

それは タバコやアルコールをやめられないのと一緒で
嗜好品、依存があるのです。

そもそも!
糖質過剰は 低血糖の原因でもありますが
それを続けていると
インスリンが 疲れ果ててでなくなって
=つまり血糖が下がらなくなり ==== 糖尿病になるのです

最近 「痩せていても若き女性でも 食後過血糖=空腹時は血糖値が低いのに
 食後に血糖が跳ね上がるので  空腹で検査しても みつからない」

という状態になります。

糖質過剰だからです。

それも怖いですよね。

いつも検査していて 問題ないです
と診断されていて
実は 隠れ糖尿病  または 隠れ低血糖症。

それでも続けていると いつも血糖値が高くなり
体中をむしばんでいくわけです。

それぐらい今 日本が糖質中心になったのでしょうね。

その食事のために 病んでしまった方が 受診されるのか。。。

なんにしても
糖質過剰でいいことは ないです。

わたしも パンは好きです。

でも たま~~~にしか食べない。
または
ふすまとか 全粒粉のものを 少し・・・
マーガリン、ショートニングの入っていないもので。

ビール 日本酒 紹興酒は 大好きですけど
めったに飲まない。

低血糖の あの 怖さを知ってしまったので。

オーソモレキュラーや
糖質制限を 実践されている方には
何を今さら…という話題でした。

そのうち 低血糖は すごく多い。 という認識の時代になるでしょう。

でもまだまだ 知らない方のほうが多いです。

糖質・・・お米 パン パスタ 麺類
 お菓子はもちろん スナック類 甘くないおやつ ジュース
 おもち イモ類 砂糖 甘いカクテル
いろんな糖質が 過剰なのです

なんでも ほどほどならばいいのです

それにぜひ気が付いて
無駄な苦しみを 受けないでほしいと思います。

ほんとうに 低血糖による  恐怖感や絶望感 不眠
胸やけ 動悸 めまい いらつき 思考力低下  は
せつないものがあります。

食べ物で 回避できれば
なにより だと思います。

ではまた。

あ!

クローバーの話!!

今日は 5ッ葉 を 発見!二つも!

そのうちの一つを つみました。

DSC_0161.JPG

DSC_0164.JPG

若い人が「これって  いつば っていうの?
              ごつば???????????????」

  し・・・知らない・・・

なお    「で、これって なんか いいことあるの?」


突っ込まれ・・・・・・・・・・・・・・・・・

あ、ありますとも(たぶん)。

ありますよね?

多分。

でも実は 。。。知りませぬ。

四つ葉は あんまりみつからないから 見つかったら 幸せ。
願いがかなう。
ですよね?

じゃー 5枚は もっと????

と思ったりしますが。

世の中というものは
希少価値= 珍しいことに遭遇すると
きっとご利益が っていう風習があるの!
ということで。。。

今度こそ、  ではまた。

いまだから・・・

こんばんは。

いまだから 申し上げますが?
わたくし フィギュアスケート観戦が好きです。
ルールとか存じ上げないのですが。

タカハシ選手 素敵ですねえ(笑)

本当にすてきです~~~~~~~~~~~

なんにしても
努力して 成功される方を見ているのは気持ちがいいです。

そういえば。
いまだからいうけど・・・・・・・・・
ということで・・・

わたしは まったくもって マスコミに縁のない人生を送っておりますが

今年最初だか 2月のころ

某国民的放送 N○Kさんの要請???で?・・・

手紙が参りました。

 何の手紙かというと・・・

最近 N○Kさんは
去年の大河 お江といい カーネーションといい
三姉妹好き?(笑) 

三女の時代かねえ?  

     と ネタにしまくってきたのですが・・・(笑)

       
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今度は 3兄弟の 末っ子の ジョイさんの話だー~

しかもあんな 演じているのが
あんな  かわいこちゃん ですもの

     そりゃーもう・・・たまらん  ですよねえ。

末っ子もたまには 脚光あびる??

っていう どうでもいい話を

 (最低限無視しない程度に)聞いてくれたのは
姉、ゆり くらいなのですが・・・

あの朝ドラの 最後 写真ながれるじゃないですか

~~市 ~~先生     と・・・。

その写真を 撮影したいって 手紙が来ていました。

しかも某医師会を通して。

地元に密着して? 働く女医さんの 写真撮影を
ぜひご協力! N○Kさんから 連絡があった場合には
ご協力を~~~みたいな。

え~~~

そんな、 わたし ムリ!   (とかいいつつ 田舎者なので興奮しちゃって)

母や スタッフに

「わ~どうしよう~
   いや~ん こんなの わたし 無理ぃ~ 

  撮影来たら どうしよ~~~~」とか言って(笑)

散々気を持たせてしまいまして。

母なんか
「それは!!    (人生において そうはないから)    出なさいよ!!」

って。

ええ~
でもほんとうにきたらどうしよ~~~
撮影なんて むり~

大騒ぎ?したんですけど・・・・・・・・・・・・・

  * 来なかったです  。

あとから
その手紙をよく読んだら
「そういう方がいらっしゃる場合は  自薦 他薦のうえ~~~ 協力してください」

だったんです(笑)

自薦か他薦。

それは、無理だわ。
自分もしないし 

   (笑)誰もするわけない。

そうとは いまさら 母に言えず(笑)

朝ドラ見るたび

「そういえば これ・・・ なんで(りえに)撮影こなかったのかしらねー」

といっているので・・・・

わたしも 
「ま、 日本中には  女医さんもいっぱいいるしね

  うちに来る余裕ないって。」

って 負け惜しみ?言っています。

ほんとうに 医療に関係ない話でした。

このブログを

母がきっと見ないであろうことが
幸いですけれど。

ではまた。

おやすみさいませ。

ラブレター♡

こんばんは。

時間って あっという間に過ぎますね。

若いころって

結構時間がゆっくり流れていた気がします。
なのに 大人になると
もう夜・・・ 寝てもう朝・・・もう昼・・・もう夕方・・・

の繰り返しのような気がします。

ところで

先日・・・

患者さまの お母様から お手紙いただきました。

ラブレターって
あんまりもらったことないので
本当に感激!!!

     

このメール時代に お手紙いただくことも少なくなった時代に
お手紙をいただく、それだけで感動でしたが

その手紙の内容に 本当に 涙ぐんでしまいました
(診察前だったので 泣くのは耐えましたが)。

若い女性の患者さんの お母様からで、
内容は
当院の新開院のお祝いのごあいさつと、 
 栄養療法で お元気になられたおじょうさんのことでした。

本当にうれしかったです。

・・・・・・・・・

その娘さんは出会ったときは まだ未成年で
主訴=一番の訴え   は   =便秘とか etc・・で・・・

でも たまたま 話していて
身体や 話し方で・・・・・・なにか・・・ 違う
そんな主訴でここに来たのではない!!
と思いましてね
 (なにかって何かは ここでは守秘義務あって言えないだけですが)

あ、あ~~~  
すっごいおせっかいだけど
もしかして ○○ してない?
××でしょう。

って なんとなく  突っ込みたくなってしまい

それで・・・・・・・・・・・・・・

自由診療だけど、 でも
絶対に 栄養もからんでいるから・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やってみませんか????。って
口説いた患者さんです。

それが
たしかに わたしも えみも ナースもその他スタッフも
よかったねーと「感動」するくらい
明るくなりました。

本当にうれしいのです!!!

今度、女としてのいろいろな悩み?を
医学的に 相談してほしいくらいです。

彼女に
どういう治療したか?

ジャンクフードを食べるのを減らす、
吐くまで食べるのをやめる、
でもどうしても食べたいのであれば
糖質の物を食べるともっと 血糖障害を起こしてしまうから・・・
食べるなら タンパク質や食物繊維!脂質!!
とアドバイスしました。

栄養摂っていれば 太らないから!!
って。

そして 足りない栄養
 タンパクや ビタミン、ミネラルを  とっていただき・・・

え~そんなんで摂食障害が治るわけない
そんなことで????と おっしゃる方も多いですが

心身の悩み 摂食障害などは
結構 そんな理由なのです。

栄養欠損がベースにあるから
    嫌なことがあったりするとき 問題が噴き出る?
とも考えられます。

おまけですが

摂食障害ですと・・・

栄養欠損で  低血糖になる・・・
すると
切れやすくなっているので  「発火レベル」が 低くなる。
=怒りっぽい。
そして
低血糖だからこそ もっと食べていたいのです。
吐いていると もっと低血糖になって 糖質を食べたくなるのです!
だから
辛いときは きちんと 栄養摂って
眠る。
これが 一番 コストかけないで治す方法です。

*とにかく 吐くことは解決ではない!!!
から 栄養を取ること。
そうすると いつのまにか 吐きたくなくなってきます

 

話それましたが

ほんとうに お手紙ありがとうございました。

栄養療法、カウンセリング その他を
結構批判されたこともあって くじけそうになったこともありましたが・・・

ほかにも、患者さんの あたたかい お言葉で
 本当に救われるときも多いのです。
ほんとうに、励ましてくださったみなさま
ありがとうございます。

栄養やってなかったら こんな復活できませんでした
というかたもらっしゃるし・・・

負けずに頑張ります!

すっごい ストレスがあっても
栄養療法で  乗り越えられるようになっていただきたいです。。。

ではまた。

ご無沙汰しました

お元気ですか。いつの間にか桜が散ってしまいました。

怒涛のような日々でしった。
みなさん サクラご覧になりましたか?
お花見は??

は~お花見したかったですー・・・

半田醫院 新体制にして10日がすぎやっと?
落ち着いてまいりました。

あわただしくて 記憶がないです。

いろいろ あ、あれも書こう これも書こうって
ブログのネタは 考えていたのですが
時間がたってしまい どこからかいたらいいのかわからないです。

まずは・・・

やっとホームページも変更しました。
いままでより 保険診療の方も 自由診療の方も
考え抜いて

受診しやすくしたつもりです。
保険のかたの 急変・急患対応、腹部疾患などの検査。
自由診療のかたの時間の制約撤廃や コストダウン改革など。
漢方外来も漢方のみという内容で継続しています。
これが一番混合をさけて
患者さんの不平等をなくして
うまくやっていく方法かと思います。

いままで相当影の薄かった夫(笑)ですが
初めて見る 仕事姿。
まぁ、べつにいまさら ほめるつもりはさらさらないけれど
でも 医学というものにすごくまじめ。
  (私もまじめなつもりですけど)
最初は えー女医から男に変わるの!って
すっごい反対意見をうけましたが
実は・・・わたしより患者さんに逆らわないし
穏やか?なのではないかと思います。
緊張することはないと思うのでどうぞよしなに。

外来がスムーズに流れる気がします。
わたしも カウンセリングに入ってて急患です というのが 
とても焦ってしまっていたので・・・

遠方から・・・予約でいらした方が待っている中
救急搬送のかたがいらして その後全部キャンセルにさせていただいたり・・・

いろいろあってここまできました。

何とかこの体制で頑張ってみようと思います

よろしくお願いいたします

*水曜午後が休診になりました
*第3土曜日は休診日です (4月だけ特別診療いたします)
*水・金午後だけでした自由診療枠を 全枠に拡大し
 金午後は保険診療も致します。
*夕方も保険診察のかたのために午後6時まで時間を延長いたしました。
*検査などの都合のため、午後外来は2時からとなりました。

その他 変わったことはいろいろありますが
ここでは言えないので(笑)
ご遠慮なくスタッフに ご質問ください。

それから ホームページにも載せましたが
「女性向けプチセミナー」というものを考案してみました。
なぜなら4毎回行うセミナーが結構 小規模で反応が良かったことと

「この食べ物はね・・・」「低血糖っていうのはね・・・」と
一日に同じ話を何度もしていて

ほとんど カウンセリングというか 栄養のおはなし。
なのであれば
これは「個人診察でなくともいい内容ならば 外来時間をセミナーという形で共有すれば
もっとコストダウンできるのでは!予約の幅も広がる!」と 考えたのです。

「蛋白質って なんですか?」という話など
診療というほどでもないけど 案外しられていない・・・ という話を中心に

もっと栄養を知ってほしいのです。

http://handaiin.com/integration/seminar.htm

もし 申し込み少なくて 一人だったら マンツーマンですね。
申し込みゼロだったら・・・(笑)
もっと勉強・修行して待つことにいたします。

さて 以下は ちょっと脱線して・・・

いままで
いろいろな診療をみていて
いつかやってみたいと思っていたことを
少しずつ取り入れています。

   (カナダのクリニックは どこのお屋敷?みたいですねえー
      えみのブログより。)

なるべく身体にやさしい日常生活品・ハーブティー・アロマオイルや
リラックスCDなど探しています。

診察の方と お茶飲みながらお話するのが理想でした。

種類揃えましたので
ご遠慮なくおっしゃってくださいませ。

DSC_0107.JPG

新しい診察室です。

DSC_0120.JPG

グッズいろいろです。(中待合室です)

DSC_0119.JPG

このクローバーは 以前にも申し上げたかどうか?

わたしがクローバー好きと話したら
持ってきてくださった女性の方がいらっしゃいまして。

諸事情あって 一度 ダメにしてしまったら・・・
また昨年くださったんです。

今度こそ!
と 春を待っていたら
ふさふさと 育ちました。

しかもすごい「4つ葉率」が高いのです。
5~6枚葉がでることもあります。


葉っぱがでかい4つ葉を 摘んできました。

一輪挿しには でかすぎた?DSC_0144.JPG
スタッフも びっくり。

さて

栄養療法の 患者さん向け お勉強の冊子を
もっと頑張って増やします。

ではまた。

ひとこと

こんにちは

お元気ですか。

4月9日から ニュー半田醫院 開院しました

思いのほか 夫への保険診察の引き継ぎ?が順調かと・・・

しかしすみません 一部 間に合わなかったものがあります
片づけとか ホームページ・・・

もう少しお待ちください

診察 点滴療法 そのたの価格改定しました

そして TERYから 女性の皆さんに アロマ・ハーブティーや入浴剤
リラックスCDそのた 販売を開始しました
まだ完全に整っておりませんが
少しづつ 整えてまいります

ちなみに 元気に生きてます
本当に引越し・改装をなめてました

でもやっと おちついてきて
患者さんに迷惑かけて 申し訳ありませんでした

でもやっぱり
分身のような、 動悸や不安感 
生きる目標失った
などの方が

数か月後でも 治療して 改善して
生きる実感をもってもらえると

ほんとうに オーソモレキュラーやっててよかった
と思います

わたしが 患者さんに支えられていることもたくさんあります

あのとき くじけないで
続けてよかった。

また 診察がてら
お茶でも飲みに来てください

そういえば忙しくて 感傷にひたる暇もなかったけれど

えみは 元気に旅立ちました。
半田家が静か(笑)です。

半田醫院も 変わりました

これからもよろしくお願いいたします

ではまた。

ちっとも 「ひとこと」で終わらなかったですね。

こんばんは

春ですね。だけど 朝晩寒い。

春の花は もう咲いてるのでしょうか?
でも季節を感じる心の余裕と 時間が
今はないですねえ・・・

いけませんね。

なによりも
こんな長く休診したことないので

本当に本当に 患者さん皆様に
申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ご迷惑おかけしております。

もっと患者さんのニーズにお応えできるよう・・・
頑張りますので
よろしくお願いいたします

結構 環境が変わるので
なんか・・・ 期待と不安と いろいろせつない気持ちとがあります。

しかし・・・・・・・・・・

忙しい・食べる時間があく・てっとり早くパンだけ
しかもガツガツ早食いする に加えて 睡眠不足
おなかが空くので ドカ食いになる

なーんてすると

あっという間に 動悸 めまい
腹部膨満感  考えや行動がまとまらない・・・の出来上がりです。

栄養欠損世代
低血糖
艇コレステロール   の方々は要注意でございます。

人を悪い状態にするのは結構簡単です。

でもこれらの原因が こんなふうに

食事中心とした 普段の不摂生が原因とは
あまり 考えれられていないですよね。

だからみなさん 「病気=薬で治す」

という考えが一般的になってしまいます。

それくらい 日々無理をして 不摂生をして
そんなストイックにできないから 
つい病気になってしまい
休めないから 治りたい
ので 薬局さんや 病院の出番なのですよね~

最近診察 結果説明や食事指導のなかで
EPA・DHAは青い魚などに多いです・・・
とか
精製された糖質が増えてしまったことが悪の原因。
とか よく話しますが

現代の食事の 保存料や防腐剤のこと
なぜ適度な運動が必要か
なぜ睡眠が
なぜ笑うことが 必要か・・・

昔から 言い伝えられていることなのですよね。

医学的根拠や 統計ももちろん話しますが・・・

でも みなさんが

「あぁーそんなことで 改善をするのですね」

なるほどーといわれると
うれしいです。

何事も原因があるから 結果があるのです。

だけど そんなこと=からだにいいこと
 それがなかなか できない時代なのですよね。

さ また 長くなりそうなので

そろそろ。。。

ではまた。