特殊でもなく 怠けてもいない

こんばんは。

 

私は48年生まれ 丑年ですが早生まれ
同級生が47年うまれ 友人たちが40歳になっていきます

なんというか まぁ 大きな節目に感じますね 40代。

今 アラフォーっていう言葉が ここまで定着するくらい
何かあるのかもしれませんね。
40前後。

 

その40前後にも急増している
栄養欠損・疲労感。

 

よく(本当によく) 患者さんや仲間と話していて
「なんで私が なんで私だけが(こんな体に)」

というせつない訴えを聞きますが・・・

自分の周囲を含め・・・
決してあなただけではないと思います
わたしだけでもない。

もちろん私が こういう医療の仕事をしているので
そういう方が集まってくださるのでしょうが・・・

どうして私だけ、うちの子だけ・・・と責めることはないです

 

本当に特殊でもとりわけ怠けているのでもないと思います

 

傷をなめあうことを嫌がる方もいます(私も昔そうでしたが)

でもわたしは わかりあうことは悪いとは思いません
励まされるのもおっくうでも
みんなと交わりたくなくとも
「あ、そういう疾患・病態もあるんだ」と 知ることは
悪いことではないと思います。

 

まぁ自分も 元が元気であっただけに
妊娠中も 赤子が世の中に出た瞬間から
なんでこんなにだるいんだ?

寝ても寝ても だるいのか?
気がめいるのか?

わかりませんでした

わたしはたまたま つわりがひどく
たまたま 普段食べないのに
糖質過剰摂取をしてしまい それも手伝って
その他の栄養欠損に拍車をかけたのだと思います。

そしてそういう人が ものすごく多いです。

いつまでもつわりがひどかった方。

オーソモレキュラーを知って
そしていろいろな勉強をして

いろいろな研究会の話を聞き
文献を読み
いろいろな患者さんと出会い
わかっていくこともあります。

 

栄養欠損や低血糖で起こる症状には
狭心症のような胸部痛や 背中の激痛、胸やけ、食欲不振など
鑑別診断をしないと 命に係わるものもあるため
充分注意は必要ですが

調べて何でもない といわれると
なんでもないのになんでこんなに体調が悪いのだろう?

と 結構自分を責めてしまうみたいです。

 

そういう方の全例が栄養欠損とはもちろんいいません。
(あたりまえですが・・・)

 

が、もし いろいろ検査したのに なんでもない という診断でしたら

一つの鑑別診断として どこかで
採血をしてみてください。

肝機能は低くないですか?
コレステロールは?中性脂肪は?
亜鉛は?鉄は?

そして間接ビリルビンは高くないですか?

血糖値72とか低くても基準値が70~となっているので
OKって思っていませんか?(低血糖です)

 

その栄養欠損になる理由を
私たちは調べて研究・追いかける必要がありますが

とりあえず 原因不明の体調不良の場合

栄養が足りているかどうか みることは
決して無駄にはならないと思います。

 

話が繰り返しになりますが
わたしだけ・・・ではないですよ。

 

毎日できるようなことも少しづつ ・・・お伝えしますね

理想論ばかり言ってても仕方ないので・・・

今日は・・・写真を撮るのをまた忘れましたが
どうしてもピザが食べたいが!
糖質は取りたくない場合

あぶらあげがお勧めです
それを生地にして
わたしはマヨネーズに納豆+チーズ が好きです

トマトソース(手作りがベストですが…)+ツナ+チーズもいいですし

チーズ数種 もおいしいです。

あぶらあげのなかに 納豆と紫蘇とチーズを入れて
オーブンやトースターで焼くのもおいしいです

 

毎日できることから始めてみましょう。

 

今日も「でも先生は元気ですね」と言われて

うれしく感じました。そう見えますか??
結構 以前は何事も緊張しすぎたり
どうしていいのかわからない時期があったのですよ。

仕事以外ではかなり無口だったときも。

 

リラックス、栄養のバランス、眠ること。です。

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 

栄養欠損・低血糖の会宇都宮

こんにちは。

気分がいい秋晴れですねえ~

 
ところで土曜日は栄養欠損の会でした。
定員超えて来ていただき本当にありがとうございました。

もちろんまだまだ 検討する余地は(時間とか、会場とか、駐車場とか)
多々あるかと思います。
当日に参加ご希望のお問い合わせがありましたのに
うちのキャパを超えてしまいまして
本当に残念ながらお断りをさせていただき
申し訳なく思っております。

 
患者代表のお二人も いろんなことを
そんなことまで 話してくれてありがとう という感じでした。

自分だけが 自分の家族だけが 苦しんでいるのではないということ
たまたま本当に偶然にオーソモレキュラーに出会ったこと
それが 考えてみれば 自然な体のつくり・流れに沿っていること

自分で毎日出来ることがあること

やっぱり仲間(意見を否定されない)がいると心強いこと

などが 伝わってくださったでしょうか。

以前受診されて 今は元気にされている患者さんの
おかあさまや
その他にも 元気になった方
まだつらい真っ只中の方 (長時間きつかったでしょう)
プチセミナーに来て下さった方がその友人を連れて・・・などなど

色々な方が来てくださいました。
休み時間、終わった後、お話しできない方もいらして
本当に申し訳なく思っております。

 

これからも栄養状態が 低い方々のため・・・

わたしも頑張っていこうと思います。

今回は初回でしたので 改善例やデータの見方が主でしたが

どうしたら失敗するか っていうことも
お伝えしないといけませんよね。

「きちんと食事をしている」ような方でも落とし穴があったり

受けている または受けてきたストレスによって
脳や副腎は疲弊します。

そういうときは もちろん 魔法の薬はないですが
それでも栄養の補充、血糖を穏やかに保つ、点滴をするなどで
改善を期待します

そんな時に限って 睡眠不足や 食事の偏りがあると
結構ダメージが大きいということを
知っていただきたいです。

 

さらに
午後の時間帯 ちょうどいい暖かさですと

普通 座って話を聞いていると 眠気が襲うし
低栄養の方々にとってみれば 集中し続けるのは
結構大変なことのはず

なのに ほとんど 寝る気配もなく 一生懸命聞いてくださったことを
うれしく思います。

 

また2回目を 企画しますので

よろしくお願いいたします。
 

低血糖の会のお申込み・このブログをお読みくださっている方の中には
遠方の方もいらっしゃいます

いつかは ぜひ来ていただきたいです・・・
または 時代が進んで(私ができるようになれば?)インターネットの時代だし
なんとかなるといいですね。

 

 

あまりに個人的な意見や ご不満などには対応できませんが
どうしても不調で これからどうしたらいいかすら悩んでいる場合は

HPのお問い合わせフォームから ぜひお問い合わせください。

 

 

 

 

ではまた。

 
 

 

明日

やっと第一回 女性栄養欠損・低血糖の会意見交換会です。

ドキドキします。

 

でも楽しみです。

 

食べることがどれだけ 人の身体に影響するか、
どれだけ 大切か・・・お話したいと思います。

病気、体のだるさの原因に「ただの気のせい」はないということ。

そもそも「気」 のもとは脳、

脳を支えているものは栄養です。

 

 

 

 

しかし・・・
ストレスは・・・いけません。
いけませんよね。

わかってはいるけど?
ストレスから、逃れられない・・・
というお話をされる患者さんが多いです。

仕事も休めない。

頑張りすぎてしまっていますよね。

 

 

何か一つでも ストレスの発散をできるよう・・・
 

 

 

 

 

私のストレス発散?
それは ここで 言っていいのか・・・?

内緒にするほどのことではないので暴露しますが

 

栄養療法の軌道に逸脱しない程度に
食べて 飲むこと です
料理を楽しみたいということ=何を食べるか です

そして FFさんの曲を聴くこと(笑)
本当に大好きです。

 

そして 超未熟ながら 朝 ピアノを弾くことです
人様の前で 披露はできないし したくないのですが。

そして 音楽を聴くことです。
詳しくはないですが。

仕事場でも 車でも
どんな音楽を聴くか が私の ストレス発散です。
音楽は やっぱりいいと私は思います。

音楽が癒す力は 本当にすごいと思います。

私の場合 いちいちつまずくピアノなので、朝早く出勤しているスタッフには
聴いてて ストレスかもしれないけど(笑)

ま、許して、ということで。

 

 

まったく間違えたりしないで
音楽を奏でられる人を 本当に尊敬します。

 

そのピアノのあたりですが
夏が過ぎ 太陽の経路 が変わってきたので

サンキャッチャーが朝の数分だけ あたるようになりました。

朝の本当に 十数分だけみられる光景です。

秋冬は寒くなるので つらいのですが
これが いやし?かもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話がそれましたが
栄養を きちんと摂りましょう。

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 

過食と栄養欠損

こんばんは。

土曜日は いよいよ 第1回目の
栄養欠損&低血糖の会 意見交換会です

おかげさまで ほぼ定員を満たしまして
ありがたく思っております。

そういえば 栄養欠損&低血糖の会への登録、
セミナーや意見交換会への参加についてですが
栄養欠損も低血糖も 発症がなくても 登録も参加も可能です。

 

私が考えているのは  すでに いろいろつらい方
低血糖や栄養欠損がある方
それがあるのはわかっているけど なにをどうしたらいいのかわからない方
わかっているけど つい くじける方
料理が嫌いで 食事が頑張れない方
ほかの方はどう工夫されているんだろう?という方
ももちろん

 

 

栄養で 体調の改善??なにそれ?
なんですか?低血糖って?
ご飯食べてる私が 栄養欠損なんですか?

というような方のために、もっと知ってほしくて 立ち上げたものです

 

すぐに受診をということでも
すぐサプリを ということでもないのです

 

たくさん食べている人でも 栄養欠損になる時代です

その食べているものの偏りもありますし
吸収消化の問題もあります
食べ物に何か問題があるもかもしれません

何にしても データの低い人が増えているのは事実です。

 

なんで いつもだるいのか
すぐイライラするのか・・・などの
病気とは言われない体調や
いろいろなことの一つに 栄養があり
栄養の欠損があるということを

知ってほしいと思います

 

過食拒食だから栄養欠損になるのか
栄養欠損だから過食拒食になるのか・・・

鶏と卵 のようなものかもしれません。

 

わたしは、摂食障害の女の子・女性を見るたび
その方のデータを見るたび、その辛さを何とかできないかと思います。
栄養で。

 

支えるご家族の皆さんも大変かと思いますが
ご本人は どうにもできないつらさと闘っています

 

口に入れるものを 気を付けてあげてください。
食事を、見直してください!

 

暴食するにも

ファストフードやスナック・ケーキ・チョコやアイスより
しっかりと肉魚卵納豆豆腐野菜など ならば
どうしても食べたいなら いいと思います

あぶらや肉がダメ って我慢して
糖質三昧を食べている方が もっと悪化すると思います。

 

 

どうして食べたいのかです。
どうして痩せたいのか。

本当の理由を どうしても言えないのかもしれないし
言いたくないだけかもしれません。

 

 

何か、できることはあるはずです。

 

 

それではまた。
 

 

 

食べること リラックスすること

こんばんは。

今日は
連続の・・・
午前は当院でセミナー
午後は出張セミナーでした。

 

多少緊張がありました。
でも 来ていただいて、

そしてお呼びいただいて ありがとうございます。

 

 

 

人は必ず毎日何かを食べます
その食べるもので 自分の体ができていることを
ぜひ 少しづつでも 広がっていくといいなと思います。

だったら、何を入れていくか・・・
過剰な糖質はやっぱり疾患のもとになるかもしれないこと、
そういう体質の方がいることを
知ってほしいと思います。

個人差や 体質はもちろんありますが。

 

 

今日 自分で話していて 自分でやっていなくて反省すること・・・

それは 運動と 早寝と 笑うこと リラックスすること です。

それなりにはやっていますが。

もっと運動をします!と誓います。

 

 

 

 

 

 

 

ところで、
話す側になってみると (たいてい聞く方でしたので)

いかに 60分 人を飽きさせずにしゃべるかって
・・・難しいことに気が付きます~

 

昼過ぎ~夕方にかけては
本当に悪気なく モーレツな眠気が襲いますから・・・
でも 本当にお疲れ様でした。

 

 

普通の方でも

糖質過剰な食事ですと~高血糖~高インスリン~結果的に低血糖
という危険性がありますし

それ(糖質過剰)を続けていると
やがてインスリンが出なくなる・インスリンの抵抗性がます などの理由で
糖質過剰~高血糖~糖尿病  という ことになります

 

特に 妊娠中に
これだけは食べられる・・・ということで
アイスクリームや 簡単にご飯にふりかけだけ
パンだけ・・・ということは

本当に注意してほしいと思います

自分の体にも、生まれてくるお子さんのためにも。

 

タンパク質の摂取、よいあぶら、ビタミンミネラルです。。。

 

 

あと、リラックスすること は これまた個人差がありますが

ぜひ ゲラゲラ笑うとか
相手・人様を笑わせてみるとか

歌を聴くとか 自分で歌うとか・・・

そして先ほども申し上げましたが 運動するとか

何かおいしいものを食べるとか 作るとか

何かきっとあるはずです

ぐっすり眠るとか。

 

 

 

 

 

 

ではまた。

 

 

 

こんにちは。

いつも栄養の話は 低血糖が、脳が、
低コレステロールが・・・ということは話しますが

あまり歯のはなしをしませんでした。
でもこの前のセミナーでも 歯周病と栄養、糖尿の関連の話題がありましたし
わたしたちの生活は 歯、口 が食事の原点ですので
歯をおろそかにしてはいけませんよね。

歯科の先生方が栄養療法をやってくださって
ぜひ虫歯や入れ歯のない方が増えることを祈ります。

わたしは幼少期の行いが悪く
結構虫歯人生では ひどい過去があるので。

 

今やっている栄養でも、特に妊婦さん、産後、過食嘔吐の方は
きちんと歯のことを考えておいた方がいいです。

歯は、ひどくなってからその大切さに気がつきますが
食べられない 噛めない 痛い
吐きすぎで知覚過敏 などのトラブルは 他人事ではないかもしれませんよ。

口の中のトラブルに CoQ10や乳酸菌 ラクトフェリン
亜鉛や鉄、B群 蛋白質・・・ 色々かかわりあっています。

そして食事のスタートは きちんと噛むことです。

よく噛まないで、早食いでは 消化も悪く そして吸収にもよくないです。

わたしも以前は早食いでした。(医療関係者は基本早食いの習慣がある)

 

最近、データの低い方々で やっぱり早食いの傾向があるな・・・と
あらためて気がつきました。

もともと消化酵素も作り出せていない体で
よく噛まないで食べていたら悪循環ですものね。

 

 

・・・・・・・・・・・

 

ところで、 今日11月17日に トークステージにお呼ばれしまして
その主催者山口ゆりえさんが来てくださって

チラシ拝見しました。

照れます(笑)

でも なんとか 宇都宮でももっと栄養療法が広まるよう、
女性の皆様の美容と健康のために
お手伝いさせていただきます。

ではまた。

 

ストレス

こんにちは

この前のセミナーでも耳にした
「A型気質」 。

まぁ、いわゆる真面目系 というやつですね。
まぁあまりここで 血液型とは…と申しあげるには・・・
じつはよくわかりませんし 血液型論争はいまでもありますしね。

 

ちなみにわたくしは こってりとA型でございます。
私の周りにはAとOがこってり でございます。

 

それはさておき

 

今日とある冊子(CDの)にこんなことが書いてあったのをよみました

「ストレスは何度経験しても 免疫力がつくわけではなく
人はストレスには勝てない」

なるほど。

たしかに ストレスの免疫 はないですね

なにかあってもストレスにすら感じなくなったら
感情麻痺で危険です。

 

栄養を考えながら、身体作りしながら、
ストレス管理をしないといけませんね。。。

脱!ストレス!!!・・・・・

 

 

 

 

さ、食べ物の話をしましょう。

昨日は ほとんど野菜だけのしゃぶしゃぶで・・・
肉が・・・生存競争に負けまして 口に入らなかった。

おとなげないのもなんだし・・・譲ったのですが

 

小腹がすいてしまって。

しらたき・明太子・納豆あえ をつくりました

これは我が家では 昔からしらたきだったので
抵抗ないです
パスタのかわりがしらたきというと・・・パスタの味がしない!と文句も出ましょうが
こういう食べ物なのです。
けっこうおすすめです。

しらたきは一度茹でておくか みずで洗った後 からからになるくらいフライパンで炒めます。

そしたらバターかオリーブオイルを入れて

納豆を入れ(炒めすぎると粘りすぎます)

明太子を入れたら 火を通しすぎるとパサつくので
ささっと混ぜて お皿に盛り

お好みで 海苔・ネギ・ゴマなどを。
わたしは ウドオイルかけましたが。
いただいた青唐辛子もいれてみました。

 

こんにゃく系の保存食品やパスタもどきたくさん売っていますが

しらたきから作ってもそんなに面倒ではないですよ。

 

先日のセミナーで こんにゃくを利用するのもいいし
ご飯の代わりを豆腐にする。

とききました

いいですねえ

豆腐で何か作ってみます。

ではまた。

 

 

 

 

 

 

悪い例

こんにちは。
いつもお読みくださっている方、本当にありがとうございます。

患者さんももちろん、昨日久しぶりに参加した東京のセミナーで とある先生にお読みいただいていると お声をかけてくださり
恐縮でございます。

久しぶりにたくさん勉強した感じで 脳は疲れましたが でもやはりためになりました。
わたしが偉そうに言える身分ではないですが 確かにどんどん 参加Drが増えているような気がします。

自分は勉強嫌いではないのですが 基礎が・・・なので(恥ずかしいことですが)
セミナーに参加して わかったような気持ちになるのが(一瞬でも) 快感です。

昨日は 特に糖質の話が中心でしたので
また外来でも ここでも ためになる情報をおつたえいたしますね。

何にしても過剰な糖質は 精神疾患の原因に関与するということです。
必要栄養素と身体 についての情報が まだまだ 一般には少なすぎます。

 

血筋に糖尿病など耐糖能障害がいて
自分も糖質摂取によって高血糖~低血糖になると
糖質制限は治療で著効します
多少の無理ならばきくようにはなりますが

過剰な精神ストレスに加えて
興奮する
うれしくて飲み会する
早起きする
遠方に出かける
緊張する
生理もきて
普段より脳を使う

というな状態のあと

いくらいただいたとはいえ 誘惑に負け

天ぷら(しかも甘く煮てあった)

ホワイトシチューコーン入り~玉ねぎたくさん~

という食事は、 けっこう 来ます、低血糖。

異様に眠いし 動悸も。
危険危険

無理しすぎは いけません。

しまった 血糖実測するのを 今日に限って忘れました。

 

当院でもそのうち 患者さんの協力が得られれば
食べ物と生理と低血糖 という大規模調査 をやりたいと考えています。

 

 

これ以下は 余談なうえ
Drにあるまじき でしたら 笑って読み過ごしてください。

 

*解説しますと

過剰な精神ストレスに加えて(これはちょっと秘密)
興奮する(久しぶりに大好きなFF様のライブに行き大興奮&うっとりした。本当に主治医か知り合いになりたい)
うれしくて飲み会する(友人と久しぶりに会ったので でも糖質は控えたつもり)
早起きする(セミナーに行くため)
遠方に出かける(私のような田舎者には東京も遠方)
緊張する(いろいろな方々にお会いしてご挨拶する)
生理もきて(これはただの偶然)
普段より脳を使う(10-17時 セミナー聞く、理解しようと努力したつもり)

 

。。。。。。

 

 

ですから、普段から糖質過剰はやめて
きちんと蛋白質や脂質、ビタミンミネラルを摂らないといけません

ですから あえて悪い例もふくめて 症例をためて
いい話だけでなく どうすると体がきついか
を 実証・経験・セミナー・文献 いろいろな方法から
お伝えしたいと思います。

 

 

ではまた。

低血糖プチセミナーと トークステージ

こんにちは

秋の夕暮れ いかがお過ごしでしょうか。

 

昨日は 低血糖についての プチセミナーでした。
来ていただいてありがとうございました。
毎回 どんな方が見えるのか
多少ドキドキします。

でも 食事と栄養と脳の関係などを話して
「そうなんですかー」と 感激していただけると うれしいです。

低血糖は 血糖値が下がるだけの病態ではありません。

上がったり下がったり 正常範囲に保てないことです。

糖尿病のイメージと 糖尿病の薬による低血糖のイメージが強すぎて

なかなか浸透しないように感じます。

糖質過多であったり 蛋白や脂質、ビタミンミネラルの欠乏や ストレスによって
血糖障害を起こすのです。

低血糖によるパニックや不安感は 結構つらいものがありますから。
発症しないようにするには。
もう発症しているとしたらどういう症状で来るのか。
などをお話ししました。

低血糖体質の方が 糖質をとることは
かえって逆効果なのですよ。

しつこくてすみません。

でも もっともっと 考えが広まっていきますように。

 

ところで
以前知人の紹介で知り合った

山口ゆりえさん(ハッピーボイス)は、司会やナレーションをされているかたです。
以前二荒山神社で開催された「美の扉」でご一緒させていただきました。

今回ゆりえさんの企画で 女性のためのトークステージ が
開催されることになり

そのチラシについての 彼女のブログです。

ご覧ください。

 

http://ameblo.jp/blog1029-1029/entry-11377557633.html

 

第1回ですので どういう感じになるのか
それこそドキドキしますが

頑張りたいと思います。

よろしくお願いいたします。

肌・・・アミノ酸 鉄 亜鉛 Betc・・・

糖質と低血糖と脳・・・

糖質と糖化 糖化と肌・・・

肌に必要なオイル・・・

どんな感じにするか検討中でございます。

 

 

ではまた。

 

 

 

 

体育の日

こんばんは。

どうも昔の癖で、体育の日は10月10日 という世代ですが

今日が体育の日でしたね。
今日もいい天気で、いい運動会日和だったのではないでしょうか?
花火が6時に打ちあがったり
近くのあちこちで、運動会の光景をみかけました。

 

わたしはですね・・・
できれば仕事したい・・・
できればほかに やりたいことが・・・

というのをぐっと飲み込んで

 

 

 

 

なぜか毎年 これだけは 恒例?になっている
栃木県鬼怒川河川敷にある 某コスモスパークにいってきました

 

正直 人様には

運動が・・・とか リフレッシュを・・・
とかいいつつ わたくしは 超インドアな毎日を送っているので
 

太陽がまぶしかった(笑)です

 

 

来週からが見ごろらしいですよ。

 

 

 

 

しかも今日は 無料で コスモスの鉢植えを手にすることができ ラッキー♪
植えて育てて 四つ葉とともに楽しもうと思います。

 

 

 

しかし 自転車を必死にこいでたら 息が切れた。
情けないので今度こそ本当に運動をしようと決心しました。

 

 

運動は普段から  したほうがいいです!

医学的にもそれは解明されています。
適度な運動は自律神経のバランスも ホルモンも整えます
もちろん、血糖値も。

 

 

去年は調子に乗って 水の中に落ちて パンツまで濡れて
帰りひどい目にあったので

今年は 若い元気な人が 水上アスレチック行こうよ! というのを 断り

 

 

芝生に大の字になって 寝っころがっていました。

しかも 爆睡。
(知り合いには見せられない姿ですな)

 

 

ふつう なかなか 日常の中で
その辺で芝生に横たわる機会もないし。

気持ちいいですねえ!!!
10月なのに すごく暑くて
日焼けをしました。

 

 

 
正直 普段 青空を見る機会もなかったので・・・
普段  というか

 

何年も何年もこんな 青空 見たことがなかったです。

 

 

 

なんともいえない 一日でした。

 

 

ではまた。