低血糖の会

27日(土)の女性栄養欠損 低血糖の会 宇都宮 第2回

無事に?終了いたしました。

IMG_0797IMG_0795DSC_0100

 

世間的に 行事ごとが多かった 7月第4土曜日(と、気がついた)の
お忙しい時間帯に お集まりいただいてありがとうございました。

初めての方も 何度かセミナーでお会いしている方もいらしてくださいました。

低血糖とは、副腎とは、栄養欠損とは なんでなってしまうのか という話と
患者さんの体験談(IgGアレルギー除去食で とある膠原病の抗体価が減ったとか)や

パン屋さん情報 など・・・ 楽しんでいただけたでしょうか。

 

しかし。午後2時からでしたが だんだん雲行きがあやしくなり

4時過ぎに 結構暗くなり
質問コーナーの最中に 雨が降りだし
その後 ニュースにも出るくらいの(今朝やってた) バケツひっくり返したような大雨と

ものすごい雷様!!!

みなさん 無事にご帰宅されたか心配です。
自分では まだまだ 至らない点も多いと思っておりますが
少しづつでも 栄養学のこと 食べることと身体のこと
いろいろ広まるといいな、と思います

やっぱり頑張って 続けていこう。。。

あぶらの種類。
いまだにトランス脂肪酸という(マーガリン・ショートニング)言葉も
そんなに広まっていないこと

糖質との付き合い方。
低血糖という言葉はましてや 認知度が低いこと

低血糖になるには 精製糖過剰のほかに
長期的に慢性的に身体が感じているストレスが関与すること
=副腎疲労

何か一つだけの原因で 栄養欠損になるわけでもないこと

そして・・・食べたら動くこと などなどを。

そして それで辛い症状に改善がみられた と 患者さんに体験していただくことが
何よりもうれしいことです。

 

自分も運動しよう 運動。
さっき雑誌で 朝6時半から N〇Kでやっている
あの定番の体操を 数分だけれど続けることで 健康に!という記事がありました。

何気なく小学生からやっていたあの体操!

でも 無理なく続くし いいかもしれませんね

その時間帯は 一番忙しいのですけれど・・・

 
ではまた。

 

 

 

 

 

 

生活習慣病

こんにちは。

今日は湿度がすごいですね。
汗で前髪が縮む。。。

 

ところで 生活習慣病。
字の通り生活習慣で起こる疾患です。
これも何度もあちこちで話しているので
重複ネタかもしれません。

その代表として肥満、糖尿病や高血圧、高脂血症などがありますが

私の個人的考えで申し上げますと 低血糖症やニキビなどの肌トラブル、
便秘や過食嘔吐、慢性疲労も 生活習慣病ではないかと思うのです。

日々の習慣。やめられない何か。

糖質の過剰で高血糖~高インスリン~低血糖を起こす「反応性低血糖」も
長年のストレスや食事の偏りで「副腎疲労」になることも
不規則な生活、食事、ストレスで便秘や下痢を起こしたり 肌荒れすることも。
食べているものから入る 良い栄養と たまってほしくない重金属ですとか・・・
毎日の生活習慣が必ず関与していると思います。

よく地元 栃木ネタも最近お話します・・・
やっぱり車社会であることとか 海なし県だとか
いろんな文化・地域性と疾患と栄養と県民性ってあると思います。
地域と疾患。
そういう意味では 栃木って・・・割と糖質の特産品が多いし
以前から脳卒中はワーストだったし・・・その原因に糖尿が多いし
ということは 並行して 低血糖も多いのでは!(推測ですが) と思うこのごろです。
頑張ろう、栃木。。。

なんといっても ストレスこそ 生活習慣ですよね
親子関係・職場の人間・夫婦または恋人、友人、社会的つながり。
そこにトラブルがある場合 どうしてあげたらいいのか悩みますが
きちんと栄養をいれて ポジティブに考えられるようになってほしいです。

さていつも漠然とした内容でしか書いておりませんので
たまには 栄養学的レッスン(笑)を。

*ビタミンBについて
Bは、食材ではいろいろ広範囲です。
B1、B2、B3、B5、B6、B12、葉酸、ビオチン
それらが相互に助け合って効果を出しています。
Bは複合体(全部入っている)で摂った方がいいでしょう。

脳神経系、骨、筋肉
エネルギー代謝、糖代謝、肝機能、アルコール代謝などなどに関与します。

食品が精製されて含有量が低下している時代ですし、
糖質過剰・アルコール過剰、ストレスなどによって消費が進みますし
過剰な薬、特に抗生剤の乱用で腸内細菌が乱れ
腸内細菌で合成されるBが減っている といわれています。
Bは慢性疲労や低血糖には大切でしょう。

 

 

さて、昨日いただいたお野菜
何を作ろうか 検討中。

ツヤツヤプリプリしています。

IMG_0741IMG_0742

 

ではまた。

 

 

採血&夏バテ

こんにちは。

 

夏、食欲の落ちる方も多いですね。

栄養欠損組で ホルモンバランスの偏りが結構ひどく
不定愁訴の塊の 自分でしたが
生理に関するトラブルと食欲不振というものだけは
過去においてほとんど経験したことがないのは
七不思議と言われております。

ブレックファースト(朝食)はそんなに食べるものではないという考えもありますが
朝からステーキでも ミートソースでも なんでもOKです
(さすがに控えていますけれど)
野菜も好きですが 肉が好き。

 

そんななか 以前も申しあげたかもしれませんが
「暑いので食欲がない」と この時期は 患者さんによく聞きます

そうしますと 日本の夏文化
麺類(冷)の出番のようでございます。
お素麺。そば。うどん。冷やし中華。
糖質制限の方は どれも・・・かもしれませんが
私としては 一番やってほしくないのは
ただの麺だけ。です。

せめて そこに 鰹節と梅干しと冷奴やお味噌汁
ですとか
魚・肉や卵などを付けていただきたいのです。
ぬか漬けやサラダも。

これは、ずいぶんよくなってきた、と思う患者さんが
そういった食生活で夏場に調子を崩して
振出しに戻るということが実際にあるのです。

あぶらも きちんと摂ってほしいですし。
夏だからこそ。

 

そして最近も日々思うことですが

採血ってすごい!
興味深いという意味で「おもしろい」です。
一般の採血も、ホルモンも、おもしろい!!

やはり だるい、つらい などの症状が出る方も
悲しくてどうにもならない、ゆううつだ、人と交われない
という方には 何か原因があります
その一番の窓口が「採血」だと考えます。
血 以外にも 細胞や臓器分布といって 一概に採血で全部は見られなくても

「これだけ栄養学的に欠損があるなら こういう症状になるんだな」と考え

その先に なんでこんなに低いんだろう
消化や吸収 ホルモンの臓器に きっと何かがあるのだろうと
推測することができるので・・・

よく一般医療の先生に「エビデンス(医療学的証拠)は?」と言われますが
日本中でも オーソモレキュラーを 長期間でやっていらっしゃる先生も
多いことでしょうし
統計をだしたらおもしろいのに・・・思います

でないと いまだに「どこで調べてもなんでもないのですが」

といって 横になってばかりの方が 後を絶ちません。
毎日朝が本当につらいのです・・・とか。

肝機能・腎機能の低下、血糖値の不安定、
貯蔵鉄の欠如、亜鉛や銅などのバランス。
そして蛋白やコレステロールの低下。

身体は いろいろな要素で構成されています

栄養欠損があると 風邪をひきやすかったり
夏バテを起こしやすかったりします
自律神経バランスを崩すので 温度調整ができず
急に冷えたり 暑くもないのに汗が滝のように出たり。

 

夏バテ予防のためにも ぜひとも 栄養です!

ではまた。

 

自分に還る

また暑さが復活しておりますね・・・
昨日は 長泉寺でのセミナーに参加してまいりました。

IMG_0671IMG_0672IMG_0673

 

お寺でお話するのは初めて・・・
でも 心が落ち着くというか 不思議に穏やかになる雰囲気でした。

(うちは結構 昔からお寺はよく行っていたのです。
般若心経書いたりとか・・・)

佐藤研一さん(サトケンさん)のプチ断食、
私が栄養と身体、サトケンさんが主に腸管と呼吸のお話をされ、
お寺の住職さんによる座禅、
熊倉恵子さんによる酵素ジュース、菅原美穂さんのヨガ と
いろいろ盛りだくさんでした。

IMG_0675IMG_0677IMG_0680IMG_0681IMG_0683

 
それぞれ内容は異なっていても
「身体」を大切にする という趣旨がこうやって重なることがあるんだ。と
とても感慨深いものがありました。

題目が「本来の自分に還る」 です。

本来の自分。 それに戻ることができなくなっている人が
本当に多いのではないでしょうか。

調子の悪い自分の方が付き合いが長いので どっちが本当の自分なのか?

と。

わたしは 何の疾患(うつもガンもアトピーも)にも原因があって
気のせいということはないし 気というものは・・・脳が・・・
疾患の多くが生活習慣病であろうし
低血糖と高血糖の表裏一体、副腎疲労、
免疫が落ちること 栄養が不足すること 腸管が大切なこと
薬は必要な時に必要なだけ投与するもの ということを申し上げてきました。

本当の自分かぁ・・・

無駄に食べないで やや空腹感があって
ただの水がおいしいと感じて 座禅 初体験して
リラックスして ヨガをやって 爆睡・・・ (講師なのに ちゃっかりと参加して)

そんな時間は久しぶりで
昔はこんなだったかもしれないなぁーと思いました。

忙しいから 食事を詰め込む。気がつくと食べ過ぎてる
お腹は減っていないことも多い いつ食べられるかわからないから 食べておく。

リラックス・・・何も気にせず ごろんと横になる時間はいつ以来だろう。 働き家庭を持ってから。

 

私のやっていくことは なんらかの症状を訴える患者さんの
その体や気持ちの不調の原因を 知りうる限りで探っていく
できればきちんと補充する 余計なものは出来ればいれない
その手段として 採血、尿や唾液、便の検査があって
点滴やサプリがあって、です。
その基本が食事です。

昨日は その食事や瞑想・ヨガのみで 体力を もとに還る方法を聞いていたので

結構新鮮でした。こうできるのも ひとつの理想です。
生活習慣を変えれば 基本自分で解決できるのかもしれません。

色々な方の話を聞くのは 勉強になります。
医療もそうですが 健康法はいろいろなものがあるので
よく聞いて 納得して そして何が一番自分にあっているのか
考えてみるといいと思います。

またなにかの機会で こういう、まったく別の業界?なのだけれど
うまくセッション出来る、話の要点・結論は一緒 というセミナーがあるといいなと思いました。

 

そういえば昨日初めて知った 新事実。
恵子さんがお話ししていらした。

「うすうす する」 って 栃木の方言でしたっけ!
ずっと共通語だと思っておりました。

※そのへんをうろうろする (チョロチョロする)

というような意味です

・こどもはうすうすするからねえ~
・まぁ、ちょっとだったら うすうすしていいよ
・こんな時間まで どこをうすうすしてたんだ!
・女の子が夜遅くにうすうすしていいはずがない。

という風に 普通に使っていましたが。

ちょっとびっくり。在住40年 栃木オンリーだから・・・

ではまた。

今日という日

こんにちは

いつのまにか 時間が過ぎている!

明日 上三川の長泉寺で Bfineさん主催の 「女神の時間」に参加いたします・・・

女神の時間・・・女子力Up・・・・・・   自分には多少おこがましいような(笑)
ちなみに初めてお会いする方に申しあげますが、
私は 写真と実物に 結構隔たりがございます。どうでもいい?

そして27(土)は低血糖の会、当院待合室で行います。
どうして低血糖を起こすのか!です
理由のない疾患や症状はないのです。
単にまだ知られていない病態があるだけ。

「気のせい」と言われるということは
「気」を作る 脳に 何らかの問題がある
その理由が栄養欠損、ストレス、自律神経、
そのまた理由に消化管の問題、肝臓腎臓、膵臓、副腎・・・いろいろつながっていくのです

少しでも いろいろな情報があること、お伝えしたいので。

 

以前横浜がんセンターさん主催で講演したときに
ご一緒させていただいた先生がおっしゃっていました。

「今日の続きが明日ではないことがある」こと
「人に平等に訪れるもの それが死である」こと

最近本当に身にしみます。

私たちの仕事は 患者さんを健康に または病気と共存して 生きていただくことであり
それと並行して 誰にでも訪れる 死 をどうサポートするのか ということです

私は無宗教ですが 人と命を通じて携わる以上
「死生観」というものをきちんと持っていようと思っています。
家庭背景・事情にも個人差があること。
どういう風に終末を迎えるのか。

健康に生きていても 疾患があっても 命はいつかは消えていく。

後悔しないように 人生を送ってください。
治療にしても、普段の生活にしても

そして 人とのかかわりも。

今日の続きが明日でないことも 起こりうるのです
それは自分にも 相手にも。

そこで 悲しさ・寂しさはあって当然ですが

「後悔」は残ってほしくないと思います

大喧嘩してても 自分も悪かったらちょっとは謝っておくとか。
いつか言おうと思っていることも きちんと伝えておくとか。

 

生きてて大変 と思っても でもやっぱり、命は大切にしてほしいと思います。

また明日ね、と言っても 明日もう会えない人もいるのですから。

 

そういえば 低血糖~パニック~過換気 の経験者は
「このまま死んでしまうのではないか」というくらいの苦しさと恐怖感を経験します

人によっては 狭心症なみの胸の痛み 呼吸困難を起こします
結構いやかなり 苦しいです

でもそれが 落ち着くと治るので 人から見たら「気のせい」!じゃないのと言われ
理解されません

気のせいではなく、そもそも気のせいとは・・・  しつこいですか(笑)

でも低血糖の発作は 治療で改善されることが多いのです
あきらめないでください
そして もしご自身がまたは周囲の方が パニックを起こしたり
病院で何を調べても異常がないのだが でも胸が苦しくなったり痛くなったり
吐き気がしたり・・・ということがあれば
ぜひ 調べてみてください、自分の身体を。
栄養学的に。
周囲に理解していただくことも大切です。

さて 今日という日を 残り半分頑張ろう!
大人になると 今日という一日が あっというまですしね。

ではまた。

 

 

 

 

 

梅干し

今日は全く 医療と離れて・・・

今年もやっと「梅干し」の季節が来たので ご報告です。

1年はあっという間ですね

去年も同じこと書いたかもしれません。

 

 

梅雨の頃  買ってきた梅。

写真%201 (6)

写真%202 (4)きれいに下準備して

 

写真%203 (3)まず、塩をまぶして つけ込む

毎日、子供の世話をするように、見守る。

約1か月。

その後 栽培した赤シソを投入。

写真%201 (2) 重石まで赤い。

そしていよいよ梅雨明け!
干さねば! と今朝、母早起き。

写真%201 (3)

農家の嫁 日焼け予防の帽子とタオル。
この後姿、微妙に笑えて。。。

写真%202 (2)

写真%205 (2) 汁も干します

写真%204 (2) この赤シソを乾燥させれば ゆかり。

写真%201 (4) 夏を感じます。

写真%201 (5) シソに包んで食べると なお けっこう。

写真%202 (3)
(ばあや=母の承諾済です)
あれ、初公開???忘れましたが

もしそうなら もうすこし おしゃれしたときのを載せてやれ??

 

 

ところで 私は何を手伝ったかというと

毎日見守って 写真係と 味見係。

また来年も。毎年頑張ろう!(母が。)

 

ではまた。

日内変動

こんにちは

今日は七夕で もうすぐ夏休みですね。
しかし暑い・・・暑すぎる・・・
七夕ですでに梅雨明けで猛暑って 昔とは大違いのような。

今日は まったく予定のない日曜日 うれしい~
ゆっくり眠りました。
片づけしようかと思いますが 熱すぎて、逃避。

 

ところで、やっと当院でも 唾液による副腎ストレスの検査を導入する準備ができました。
写真%203

副腎の一日のリズムや どれくらいのストレスがかかっているか見る検査です。

副腎に限らず 私たちの身体のいろいろなメカニズムは
「日内変動」 いわゆる 体のリズムが 本能で備わっています。
朝起きる~夜眠る~の中でのリズムです

時計がなくても朝目が覚めること
22時‐2時の間に眠ると成長ホルモンがよりよく放出されること
などもそうです。(寝る子は育つ)
副腎のコルチゾール(ストレスと関与)は朝その値が高く夕方低いので
もともと低血糖の方はコルチゾールも関与して 夕方になるとさらにだるくなることが多いです。
夕方に猛烈に眠いとか 甘いものが欲しくなるという症状が出ることもあります。
コルチゾールはストレスに立ち向かうホルモンです。
常にストレスにさらされている、慢性疲労の方や 低血糖の方は
この副腎をよく考える必要があります。

副腎皮質ステロイドといえば。
皆さんの身近なところでは アトピーやじんましんの塗り薬や
気管支喘息の吸入薬などでしょうか。
蚊に刺された時の「ム〇」や「ウ〇コーワ」など。
炎症を抑えるものです。
その使用にあまり神経質になりすぎる必要もありませんが
無駄に長期間使うものではないです。
もともと体内で作られているもので、
外部からの投与が長期続くと 体内での合成が抑制されたり
その他 副作用が起きたりするからです。

 

さて、慢性疲労と言えば。。。休みをとりにくい日本人 と よく言われています。
こんなに猛暑だったら 休みたいですよね・・・でも長期休暇は子供のものですしね。
ロングバケーション。
そんな素敵なドラマもありましたねー
私はアレを見て ずっとやめてたピアノをまたやろうと思った次第でして。。。

リラックスできる日曜日(休日)に検査してください、と その唾液検査のチラシに書いたら

写真
ある女性の方に

「日曜はかえってリラックスできません・・・」と言われてしまって、
「あ、ああーーー」と 言葉に詰まってしまいました。

その理由は 大きな声ではここでは言えませんので カットしますが
それも 日本家庭のありかたを 風刺してる発言だよな・・・と思いました。。。

。。。よかったら検査してみてください。
海外への発送になりますが。

 

慢性疲労を取り除くのはリラックスと 適正な食事です。
寝苦しくて寝不足になりそうですが
頑張って夏を乗り越えましょう。

ではまた。

風疹と妊娠可能な女性

おはようございます

半田醫院フェイスブックと 同じ内容ですが

お問い合わせがやはり多い「風疹」について。

ニュースでも取り上げられていますが 過去の予防接種のとりくみの
年代別によって 接種していない、罹患していない世代があります。

厚生労働省のHPです

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou21/

 

予防接種は 時々(急に)変更されていますので
保護者の方に確認してほしいところですが
大抵は、もう母子手帳などは 行方不明のことが多いです

ちなみに昭和48年生まれの私の世代は 女子だけ 中学校で 打っていました。
男子は打っていなかったはず・・・

 

風疹の予防接種について
今日本で流行している『風疹』ですが、
接種をしていない・罹患していない世代の方がいらっしゃいます
または 抗体がついていない または抗体がおちてしまうことがあります

特に問題なのが 妊婦さんとその周囲のかたです

妊娠して風疹にかかると 胎児に異常をもたらすことがあります
なので妊娠する前に 予防接種・または抗体があるかどうかを医療機関で採血の上確認してください

ちなみに 宇都宮保健所の発表で

・平成25年4月1日から平成26年3月31日まで 補助期間があります
(4月1日以降に すでに全額自費で風疹予防接種を受けた方は宇都宮保健所予防課へ申請書を提出し、口座振り込みによる償還払いです。)

①妊娠している女性の夫
②満19歳以上49歳以下の妊娠を予定、妊娠を希望している女性
③ ②の夫

です
風疹予防接種は3000円
麻疹風疹混合予防接種は5000円 の補助がおります

医療機関が定める予防接種代金から 上記を差し引いて支払うことになります

もちろん、上記①~③を 満たさないかたでも
抗体チェックされてもよろしいと思います。

あとは 予防接種の副作用などについては
様々な議論がありますので ここでは避けますが

そして 妊娠可能にある年齢の女性で性交渉がある場合 妊娠が「絶対にない」とはいいきれません
昔からの女性の医療ルール 女性をみたら妊娠は必ず聞くこと。

若くても 年輩でも です

以前に 未成年でも妊娠はありましたし
もう閉経したと思ってたら妊娠してた という患者さんを診たことがあります

「自分だけは違う」と思わない方がいいです

いまだに 膣外射精(いわゆる そとだし?)で
絶対に妊娠しないと思っている方がいるので・・・

それで妊娠したのに「そんなはずはありません」と言い切る妊婦さんとか・・・

「たった1回なのに!」 とか・・・言われても その1回でも妊娠は起こりうるので・・・

もっと性教育が必要かもしれませんね

 

話題がそれましたが
予防接種やレントゲンなどの被ばくに関する検査や (一部の)薬剤の投与は

「生理(月経)中 または生理開始から10日まで」
が 大原則です。その後は排卵の可能性があるからです。

すでに妊娠しているかたは 大抵産婦人科で いろいろな抗体をチェックします。
産婦人科の先生にご相談をおすすめいたします。

 

 

ではまた。

 

 

低血糖の会などのお知らせ

2013(平成25)年 7月27(土)
午後2時より 「女性栄養欠損・低血糖の会 宇都宮 第2回」を開催いたします。

http://handaiin.com/undernourishment-meeting-2nd/

よろしくお願いいたします。

前半は 私が どういう症状が栄養欠損や低血糖なのか、
その対処法や 検査、治療への流れをお話しいたします。

後半は。皆さんでディスカッションしましょう。
もちろん 希望で。

低血糖の方は え、人前でしゃべるなんていや。 だったら参加しない。ということもありうるので。

大丈夫です。もし誰も発言希望者がいなかったら 私がずっとしゃべります。

話したいこと たくさんありますから。

 

もうひとつ、

7月18(木)に これはご招待で
Bfineさん主催の会にて お話させていただくことになりました。

女性力UP 「女神の時間」 です。
詳細は 発行したての Bfine 7・8月号に掲載されています。
写真

すみません どうしても スマホから送信した画像が回転しません。
写真 (3)
上三川の長泉寺 で 佐藤研一さん、熊倉恵子さん、菅原美穂さんとご一緒させていただきます。

わたしは 女子力というか。。。人間力 について話します。

病名がつかないけど 不調。には 原因があるということを。

 

 

ではまた。
その他の話題は 別の機会に。