普通って?

こんばんは。

今日は寒かったですね。

 

昨日、宇都宮市内で講演をさせていただき
また暑苦しくしゃべってしまい 今日は声がガラガラです。
乾燥対策、怠って かつ寝不足などをしたり・・・いけません・・・
ところで
最近患者さんとお話ししていたり、「身体によい食事」などの講演を聞いたりするたび
「普通の食事」ってなんだろう。と思います。

現代の「普通」 と 祖母の言う「普通」 には かなりの隔たりがあります。

祖母は来月98歳ですので 約この1世紀、100年で
相当日本も文化が変わり続けたということですよね。

その時代に合うのが普通?ならば
どんどん 普通  って変わっていくのですね。

 

防腐剤のない物、着色料のない物、トランス脂肪酸が入っていない物・・・
それらを探すことの方が難しいうえ

コンビニエンスストアやスーパー、デパートでいろいろなお総菜も充実し
スナック菓子も種類が豊富で誰でも手に入ります。
ファストフードも、身近にあります。
何だったら24時間で。
そしてそれが「おいしい」味ですしね。
ほとんど行かない人の方が今や珍しいのではないでしょうか。
見た目の問題で、どんどん精製されていくものも増えています。
私たちの毎日の生活に ごく普通に組み込まれているので、
身体に良いものの食事を作ること食べること
そういう食材を探す方が 普通でなくなったうえ コストがかかってしまう。
かなりの努力が必要。
努力することが 普通ではない・・・
みんなやってないし しなくていいのかな?という錯覚。

文化の発展っておもしろいですよね。

食文化の変化と 疾患の関与。

なんにしても 自分の体調、解毒力、お腹の調子、
体質、遺伝、いろいろなことの関与で 健康も疾患も個人差があります。

個人差、生活にあった健康、疾患予防、治療をできるよう
栄養も一緒に 考えていきたいと思います。

食べ物も疾患に関与すること、
食べ物を消化して吸収する身体の変化を気にすること、
ストレスが身体をダメにすること、
疾患のもとは 自分の身体に入ったものでできているということです。

 

では、寒いので 冷やさないようにお気を付けください。

ではまた。

 

PMSと家庭平和

こんばんは。

 

夜分になってしまいました。。。

 

男女歩み寄ってほしいものの一つに
「月経=生理」があります。

男性の皆様には 理解しがたい 女性の月経周期というもの・・・

 

・・・どうしても 性的区別ではなく
性差は 仕方がないのかもしれないと、医学を勉強するほど思います。

なんて生意気ですが
やはり 分かり合えなくとも 気持ち意見をお互い聞くのは大切かもしれませんね

男女はそれぞれ作りが違うので。

 

月経前・中の女性は ホルモンバランスの影響で
精神不安定になります
血糖とも関与するといわれていて 無性に甘いものがほしくなったりしますし
普段は許せることなのに いらっとしたり
悲しくなったりします(らしいです)。

でもそれらも 種の存続のための本能といえるかもしれません
現代の食事の乱れや 精神ストレスによって
さらにPMS(月経前緊張症候群)を悪化させているというのも
事実だと思います

普段はすごく優しいのに 生理前だけすごくいらつく女性の方たち。

むくみがひどい方もいらっしゃるし 味覚が変わる方もいます。
出血がひどくて 鉄不足になるかたもいます

普段は笑ってゆるせることが(子供のいたずらなど)
無性に腹が立つという方もいらっしゃいます。

それらにも 卵巣ホルモン(女性ホルモン)や副腎ホルモン、
体中が関係しているので
常にストレスにさらされている方は月経に左右されやすいことも多いです。

生理だけが独立してあるものでなく
食べるもの、精神、毎日の環境 すべてがつながっているのです。

 

食べているもの(特に精製糖質や、体に必要でないもの)が
影響することもあるのです。

特に、長期間の食事の影響で。

特に生理前にホルモンの影響で甘いものやパスタなどの精製糖質を欲しがり
血糖値をあげたくなる傾向にあるのですが
それは逆効果です。

そこを我慢して生理前こそ 体に優しい食べ物を食べてほしいと思います。
糖質の摂りすぎが悪影響です。
生理前の過食や甘いもの、精製糖質を控えて
たんぱく質や良いあぶらを摂取してください。
vitaminも、ミネラルも。

そもそも生理前は女性にとって いつ妊娠してもいいように
妊娠準備体制期間と言ってもいいものです。
必要な変化と思えば。

生理もひとつのデトックスと思えば。
身体に必要で楽しいものと思ってほしいと思います。

PMSの患者さんを 天然型のサプリや食事指導で改善できると・・・
生理前の夫婦or母子のいさかいが減るので
「生理前の夫婦・親子喧嘩が減りました」と言っていただけることがあるので

それはうれしいことです。

PMS改善は 家庭の穏やかな時間のためにも。

食事と栄養だと思います。

 

ではまた。

 

なんでもほどほど

こんにちは。

朝晩冷えて 体調を崩していらっしゃいませんか?

というか 乾燥がすごいですよね。
わたしこそ 加湿器頼り、
コンタクトレンズをそろそろやめろと 2番目の姉に言われる、
ひどいドライアイ持ちです。

当院でも インフルエンザ発症の方がみえています。

いつもよりも早い気がします。

保険診察の場合も 栄養療法のほうでも、迅速に対応しますので
ご来院の際にはご連絡をいただけると幸いです。(お部屋の確保)

 

さて
世間のみなさまも よく耳にして しかも病気のもとと恐れられている?
「脂質」について、

私のできる限りで お話しいたします。
誤解が多い分野ですし、結構難しいのです。
自分も得意ではなかったので 今でも勉強中なので、
簡単なことしかかけないかもしれませんが ご容赦ください。

 

まず。
脂質とは。
・エネルギー源です。
すくないと、動けません。

・細胞の膜の成分です。
たとえば細胞が肉まんだとすると、皮です。 皮がぼろぼろでは、いけません。

・コレステロールはホルモンの材料です。
副腎皮質ステロイドの原料です。

・脳神経の組織の原料です。
不足すると、うつっぽくなったり、物忘れしたり、怒りっぽくなったりします。

・ビタミンやホルモンの一部を作っています。
ビタミンDなどの原料です。

・体を保護しています。
体温も保てません。皮下脂肪は、臓器を衝撃から守っています。

とくに、脳神経組織に必須なものだと考えます。
健康な脳=健康的な気持ちのためには
よいあぶらとタンパク質が必要です。

なぜなら あぶらは水などに溶けないので(ドレッシングなどの分離もそうですよね)
血中に溶ける時に蛋白にコーティングされているのです。

 

現代の ストレス過多、酸化された脂質の過剰摂取、運動不足によって
酸化された脂質が血管をボロボロにし、心筋梗塞や脳梗塞を起こしているのも事実ですが

でも「コレステロール、中性脂肪」を目の敵にしすぎて、低くすればいいというものではありません。
実際、低コレステロール、低中性脂肪によって ステロイド不足::うつや疲労、不妊やアトピーなどの原因になっている症例もあります。

副腎ホルモンを作り出すのもコレステロールですので。

 

私も実際 コレステロールは低ければいいと勘違いしていた時期が長かったので
まさか自分が低コレステロール(総コレステロール値120くらい)が原因で
うつになったとは 考えもしませんでした。

コレステロールを作る過程で同時に エネルギーに必要な「CoQ10」も作られるので。
人体には必要なものです。

特に悪玉と言われている「LDLコレステロール」も
全身の細胞にコレステロールを運ぶので
低値過ぎると障害を生じます。

かといって過剰に増えすぎたうえ 運動もせず
暴飲暴食を続ければ 酸化ストレスも伴って 動脈硬化になりますので
なんでもほどほど が必要でしょう。

HDLは一般的に善玉と呼ばれています。動脈硬化を防ぐからです。

何で低くなるというかというと
肥満や運動不足、甲状腺機能の低下、リノール酸の過剰摂取などです。

じゃあどうやって高くするかというと
この逆をすればいいので
運動をすること、
バランスの良い食事、ビタミンC、E、EPAなどの栄養素をとることです。

いろいろな 高脂血症や糖尿病の薬の添付文書には
「適切な食事指導と運動療法を行ったうえで、改善が見られない場合」
(処方をする)と書いてあります。

でも人間ってそれ(食事改善や運動)ができないから。。。
つい安易な道へ・・・

なのですが。

何かを得る時、何かを我慢するべきなのですよね・・・
(耳が痛い)

いつも思うのですが 肥満や糖尿病や高血圧などだけでなく
うつもアトピーも便秘も・・・
いろいろな疾患は「生活習慣病」だと思います。

 

生活習慣、見直してみましょう。
自分もですが。
勇気をもって。

 

 

なんにしても 低すぎる総コレステロールですとやっぱりだるいし
ホルモン産生に異常をきたす。
それはやっぱりあると思います。

もっともっと エビデンス!を証明するために
患者さんの統計とその後。を 追っていきたいです。

 

 

それではまた~

 

 

 

 

 

パン

こんばんは。

 

パン。
小麦グルテンアレルギーや 糖質のことを除けば、
実はおいしい食べ物ですよね。
米粉パンというものも、最近ではネットで販売されています。
家族にも患者さんにも トランス脂肪酸なしのパンはどこにあるのか?と聞かれ・・・
それこそ私も患者さんに 聞いているくらいです・・

少ないですよね。

ない理由はそれぞれのようです。
コストや、仕上がり、パリッと感。

また聞きですが、海外では販売中止になるトランス脂肪酸、
いつ、日本では給食から、消えるのでしょう。
消えないとしても、入っていないものを身近で選べる環境は
いつ来るのでしょう。・

 

今、TVで話題の 偽装 とは少し違うのですが

某有名ホテルの・・・おいしいパンのことを思い出しました。

あれは数年前?

あそこのパンは 東京だし。。。めったに食べられないけれど
近くで用があった時、母に買ってきてもらったことがあったのです。

昔から たまにしか食べられない 貴重な美味しいパン。
まさか、一流ホテルだし
このお値段だし と思ってラベルをみたら
しっかりと「小麦・マーガリン・・・・・」とあったので 驚き!!
(コスト的な原因でマーガリンを使うならまだしも?)

セミナーで何度かネタにしてますが

値段でないとしたら、「パリッとふわっと 白くみせるため?」と
当時オーソモレキュラーを始めたばかりの自分は

生意気にも これは もしかしたら 誤解されているのかもしれないし
あの天下のホテルだし・・・コスト的なことではないに違いないと
手紙をだしました。
ぜひ、バターやオリーブオイルで作れませんか。と。
(クレーマーじゃないですよ!できるなら、おいしいものを きちんとしたもので食べたかったので、おせっかいとは思いつつも・・・)

 
家庭パン焼き器で バターやオリーブオイルでも
ふわっと白くやけますし。
おいしく、患者さんが作って届けてくださったことがあります。

そうしたら 総支配人さんから お手紙が来て
対処しますとのこと。

ふむ~ で その後数か月
上京する母に「ちょっと どうなったか買ってきて」と、
糖質制限はいいのか?という声を無視し(笑)
頼んでみたのです

そしたら・・・「小麦・植物油脂・・・」とシール印字が買えてあり・・・

 

え~ 植物油脂~~~そりゃまた あいまいな表現を。
サラダオイル全般、オリーブオイル、マーガリンもショートニングも
全部植物油脂です。

なんか・・・
植物油脂・・・腑に落ちず・・・

嘘は言っていないけれど・・・

連日の 偽装問題をみてて あーやっぱり・・・というか・・・
なんとも。。。ですけれど

 

食べ物の表示については 自分もまだ無知なところがあります。

マニア・クレーマー・神経質になりすぎると
生きにくい世の中ですが

それでも、これはやめたほうがいいと 統計が出ている食材は
やはり控えていくことも必要かと思います。

売ってると 出されると 食べてしまいますしね。

これ一つだけで病気になっているのではなく
いろいろな原因が重なって病気になります。

「え、何で食べ物で 病気になるんですか」って まだまだ不思議そうに言われることが多いのです。

食べ物だけでもないですよ、環境や汚染物質や習慣や、運動不足や・・・ストレスや。。。

でもまずは、口から入るもので 血となり肉となる ということで・・・

 

ではまた。

 

地震・・・

こんばんは。

 

なんか、関東地方、最近地震 が多いですね。
3.11を思い出してしまいます。:;

ドキッとしますー。

 

天災には 私たちは  かないませんが、、、
でも、せつないですね。
地震があるたび。

またか、と 思い出してしまいます。

 

トラウマ と言って、人は、過去に受けた心理的障害から
立ち直れないことが多々あります。

それを、うまく乗り越えることにも
食べ物や毎日のストレスが関与していると思います!

それと関係するのがホルモンです。

まだ更年期(閉経する50歳前後)でもないのに

更年期のような動悸・不安・のぼせ・いらいら・だるい
などの症状があるという時は

まだ更年期でないのであれば

自分が「更年期」なのではなく ホルモンバランスが悪いのだと
考えてください

更年期症状が 若いのに出ることが問題なのです!!
栄養状態、ストレス、日々の暮らし。

何を食べていて、どんなストレスがかかっていますか。

 

ストレスと、食べ物。。

食べているものを、見直してみましょう

 

ではまた。

 

 

 

 

 

肝臓や腎臓

こんにちは。

 

以前から豪語?しているように
私の過去のγ-GTP(肝機能の一つ、蛋白質などの栄養を反映)の
記録的『3』 というデータを 誰か抜いてくれるかと
レベルの低い争いをしていますが・・・

(アルコールなどで肝臓に負担がかかると 高くなることで有名です)

もう一つ蛋白質の指標になる、腎機能のひとつBUN(尿素窒素)は
8くらいまで落ちて これも 結構ワーストだと思っていたら。

最近 記録を塗り替えられて

7.5前後という方々が増え うむむ すごいなと思ったら
6.7という方がいました。

身体、だるそうです。

なんか最近 低い伝票をみることに慣れてしまいます、いけません。

そして・・・ BUN4 というのには さすがに驚き!
最初 尿酸値かと思いました。

BUNは大抵15~20位の方が多く(栄養欠損だとヒトケタも人も多い)

尿酸値は 普通みられるのが4~7です。
8以上で 「痛風になるよ!」と言われる方も多いでしょうが
低すぎてもやはりよろしくないです。

 

肝臓は栄養の貯蔵、合成、解毒などの働きを持ち
腎臓は必要なものをもどしいらないものを排泄する濾過システムです。

どちらも 高すぎても 低すぎてもいけません。
そして、低くなったものを補うとともに
どうして低くなったのか 原因を考えていかねばなりません。

食べてないのか、食べたものが質が悪いのか
自分側で消化吸収できないのか、邪魔されているのか。

余計なものを摂りすぎていないのか。

 

採血や栄養に興味がない方には ?かもしれませんが
もし 検診や ドッグなどを受けたことがあれば
大抵検査されているので
この項目 見てみてください。

正常範囲でも どっち側に近いのか、で
もしかしたら「疾患」が隠れていることもありますし。。。

ではまた。

症状と、所見と採血

こんばんは。
今夜は冷えますね~

とても暑い夏、雨や台風 そしていきなり師走なみの冷えこみ!!

 

それくらい 地球に何か変化があるのなら。
同じように・・・
私たちの この急激に変化した文化の中で
特に食べ物の変化、運動しなくなった文化の変化に
身体が付いていけるのか 謎ですよね。
といろいろ議論されているところです。

私も 世間一般の そういう意見を参考にして
いかに食べ物が変化したか それと体調不良との因果関係を
統計を出さねばいけないのですが
私達のできることは 大昔からの医学的伝統と
最近分かったことの融合をして、
お互いの情報を持ち寄って分かち合い、

こういう症状の方は どこのデータが低いか
どこが高いか
こういう方は何の疾患になりやすいのか
診断をしていくことです。。。

でも 医療は検査だけに頼らず 問診をしろというように
どういう症状があって どういう過去があって
どうしてこうなったかをふまえて 考えねばなりません。

それを普通の保険診療では 普通一人当たり5分でやらねばいけないことも難しく
日本で考えねばならない課題だと思います。

なんて偉そうですが・・・

 

でも そういう問診をしっかり聞いた後で
採血とあわせて考えると
どうして不調なのか 糸口が見つかるので
採血は必要だと思います

でもそういうものに頼りたくないという方は
朝起きたときの顔 口の中
尿や便の感じ、食欲、気分、むくみ、体温、
そういったことをバロメーターにするといいかもしれません。

 

そしてどうして 栄養が足りなくなってしまうのか
原因を考えてみましょう。

 

今日も 外来で 暑苦しく どうして 人は冷えるのか。
と語ってしまいました。

血管のこと、その中を流れる血液成分のこと
特に女性は月経などで鉄不足、
糖質の過剰やダイエットでビタミンB不足
糖質の過剰で低血糖を起こして、自律神経を不調にする
あぶらを敬遠するあまりω-3系の不足などのほか
運動不足
などでも冷えます。

 
そして ストレスで自律神経のバランスを崩すと
異様に手が冷えたりしますよね。

ヒトの身体は おもしろいようにすべてつながっております。

たとえば。
緊張して生きていると深く眠れず 朝もだるく
そのなかいそいそと動いてみるものの
なんかイラッとする

食欲がない(自律神経バランス)
=栄養が摂れない
そうすると血糖値が保てず 手が冷たくなってしまい
肩も凝って張ってくる
血糖値が保てず おやつを摂りすぎたり
夜になって 多く食べ過ぎてしまう
そして食べすぎて胃がもたれて
自律神経のバランスを崩し
翌日にまた・・・朝からつらい。

という 負のスパイラル!

そんなことが
きっと今の日本では 普通にあふれているのだと思います
そういうことに 気づいてほしいと思います
知っててやんちゃをするのならまだしも
(わかっちゃいるけど♪やめられない 時は対策をしましょう!)

でも知らずに 病院を転々とするのを
本当に減らして
自分の手で自分の身体をコントロールしてほしいと思います。
特殊な理由があって 食べ物だけではうまくいかないことも
もちろんありますが
(自分はそうなのですが・・・)

 

 

さっきTV観ていたら
まったくご飯を作らない女性が叩かれていましたが
ああ懐かしいです
まーーーったく 何も作れない 作らない生活。

 

食事は 男女の差はなく  誰もが作るべきだとは思いますし

とかいって自分は今でも ほとんど 本を見ないと作れないことが多いのですが・・・

これからの時代 男女を問わず
食べ物を自分で何とかするくらいのことを
子供たちに教えたほうがいいのでは と思います

患者さんのなかにも
ずっと勉強一筋 お母様の手料理はよかったが
名門に受かって 遠い所へ行って 自炊できずに
それから身体を壊す…よく聞くことです。

 

私も 料理はまだまだ ですが・・・・・・・・・・・・

 

ではまた。

夜分に失礼いたしました。

 

石の上にも・・・

こんにちは。

私の家は 地元の新聞と とあるスポーツ紙をとっています。
基本的に新聞が好きで 読むようにしています。
全部は読めないのですが。
連載物で、現代のうつ事情、治療についてという記事がありました。

やはり多剤投与のことは否定的に書かれており
なぜ多剤になるかというと、「早く治す」ため という、先生の意見が載っておりました。

確かに・・・今ある 辛い症状を 早く治すのが 私たちの仕事です。

 

栄養の補充で みるみると元気になっていく方もいれば
一向に 良くならない方がいて
(私も結構時間はかかったほうですが)

そういう時、さあどうしようと あれこれ対策をしないといけません。

その治療がこつこつと努力が必要なので
続かないことも多いです。

石の上にも・・・ な部分もあります。

しかも体調不良の方は 食べ物に気を使うどころではないですものね。
そこが課題なのですが・・・

 

いろいろやっていて思うこと

健康とか 何かの成功って
地道な継続が必要なのだな ということです。

 

蛋白や栄養の欠損の原因には
・摂取していない
・摂取したものの質が良くない
・余計なものの摂りすぎ
・体に取り込むことができない

などがあって 身体に取り込めないことの原因が
これまた いろいろあるのです。
臓器、神経、ホルモン。。。

 

人間って やっぱりわがままなところがあって
食べたいけど痩せたい
ジャンクだけどおいしいから食べちゃう
身体に悪いとわかっていてもたばこを吸う
アルコールがやめられない
甘いものがよくないと思っても買い込んでしまう。

人間は何かを得るためには 何かを我慢、または排除しないといけないこともありますが

完全にストイックにできなくても
せめてオーソモレキュラー 栄養療法で

「元気に」生活できるような身体作りを
していただきたいと思います。

まだまだ認知されていない、栄養の不足と精神状態の関係!

スイーツなどの食べ過ぎで
糖代謝が不安定になり ホルモンバランスを崩し

低血糖を起こしてパニックになるという・・・
ストレスと食べ物との連鎖、
オーソモレキュラー界では いまやもうあたりまえ?のような事実を

もっと多くの人に知ってほしいと思います。

まずは どういうときに不調になるのか考えてみる
どういう状態なのか採血をみてみることが 栄養療法の入り口だと思います。

何を食べてきたのか、振り返ってみる。

食べ物日記って 結構面白いですよ。
一時レコーディングダイエット が流行りましたが
(食べたものを書くだけ)
うつの方もやってみるといいでしょう。
それともしできたら 体温チェック。

いらっとしたら その日一日、その前の日、何を食べたか思い出してみてください。

低体温の日に頭痛はありませんか?

しつこいようですが ダイエットとは
単に痩せることだけを指すのではなく
その方にとって 健康を保つための食事療法 です。

肥満の方が多くて、痩せることが健康につながるので
痩身=ダイエット になっていますが
痩せすぎやがんの方などで 栄養を補充することもダイエットです。
食べることがダイエットの方もいらっしゃるわけです。

今、鏡を見て うつっているそのご自身の顔の肌だって
過去に食べたもので作られているわけですから・・・

食事は本当に大切です。

それではまた。

 

追記
ジャンクに弱った体には
手作りお味噌汁が身に沁みました。

 

甘いもの

こんにちは。

世間は3連休だったのですね。

私は諸事情あって 外にいたのですが
なんか パン・パスタ・柿の種・ポテト という
糖質三昧の二日間を過ごしてしまって・・・
偶然でも思い込みでもなく 体調を崩すことがあります。

 

 

コンビニで納豆を探したのですが なかったです。。。

ナチュラルチーズも なかったです。

ただの海苔とかも。

 

 

しかし 世の中は甘いものがあふれています。
友人のメールやフェイスブックでみると

結構みなさんスイーツやラーメンや天丼とそばセットとか
豪快に食べて しかも元気そうです。

甘いものを食べても平気な人と そうでない人の違い・・・

 
やっぱり幼少期のこと インスリンなどのこと いろいろ関係します。
幼少期のこと、お母さんの胎内でのこと
毎日食べてきたもののこと 虫歯のこと
腸内環境、解毒力
脳 副腎 消化管 肝臓 腎臓 膵臓 ホルモンの臓器 その他いろいろ。

ヒトの身体はとてもよくできています。

でも、壊れやすい方もいます。
腸管がきちんと形成される 少なくとも1歳8か月までは
過剰なたんぱく質、精製糖、着色料や保存料などはできる限り控えたほうがよいでしょう。

甘いものは血糖値が上がって気つけ薬にはなりますが
一過性のものです。

それを繰り返すことは かえって低血糖や副腎疲労のもとになり
逆効果です。

お子さんが好きな甘いもの  ですが
虫歯のこと腸内環境のこと いろいろ考えると
お子さんこそ、幼少期こそ 甘いものを控えるべきだと思います。

特にお子様が好きそうな 色とりどりのお菓子。
トランス脂肪酸(マーガリン、ショートニング)の多いもの。

 
食べさせないのは いささかかわいそうではありますが・・・

 

こんな時間になってしまって 失礼いたしました。

 

 

ではまた。

 

 

 

 

 

FB

半田醫院のフェイスブックを
一般内科・消化器内科用 と
オーソモレキュラー用に 分けて変更しました。

どうぞよろしくお願いいたします。

一般内科・消化器内科用のカバー写真に
後姿でうつっております。。。

 

ではまた。