副腎疲労①

こんばんは。

今夜は 副腎について。
何夜か連続でお伝えしたいと存じます。(たぶん)

 

副腎とは。
腎臓のすぐ近くにある ホルモン産生臓器です。
副腎というわりには
解剖学的に腎臓の近くにあっただけで
腎臓の働きとは異なります。

 

腎臓は簡単に言うと 濾過をしています。
必要なものを身体に戻し 不必要なものを尿として外に出します。

 

 

副腎は ホルモン産生臓器です。

一番身近なものでいうと
「副腎皮質ステロイド」でしょうか。
虫刺され、じんましん、アトピー性皮膚炎などの際に
塗るときに使う薬や

花粉症での点鼻薬の一部や
喘息などの治療
膠原病の一部に使われています。
炎症を抑えるからです!

ステロイドというと なんか悪いイメージがありますが
それは「薬」の乱用による 一部の副作用であって

ステロイドは 身体に必要なホルモンです。
炎症を抑えてくれるし 頑張るためのものです。
(だから、副腎疲労の方などは 皮膚の症状を起こしやすくなったり
アレルギーを起こしたり  頑張れなくなったりするのです)

 

でも、不必要に使い続けるのは
自分の身体からのステロイドを産生出来なくなります。

低血糖にも関係する臓器です。

 

では、不必要に使わないためにはどうしたらいいのでしょうか。

副腎は ストレスにとても弱いということがわかってきており
継続するストレスがダメージを与えます。
いやなこと・悲しいことのたびに 疲労しています。

大切にしてほしい臓器です。

 

そもそも 大切でない臓器なんて 身体の中でないのです。

全部、大切。

 

 

副腎は 精神以外に 食べ物のストレス、環境のストレスも
かなり影響しています。
だから、食べ物や口にするもの、
環境の影響もあるのです。

副腎ホルモンを作るもとが
コレステロールです。

なので、コレステロールが低すぎることも
身体にはよくないのです。
もちろん、運動もせず 食べまくって
超高コレステロールで、
悪いあぶらや糖質三昧では 動脈硬化をおこしますが。

こういうことを含めて
食べ物や ストレス、自律神経
いろいろなことを ぜひ 見直してほしいと思っております。

 

つまり 副腎を大切にするには

食べること、精神的なこと、
外敵、

いろいろなものが 自分の身体を作っておりますので
不調がある方は(なくても)
毎日の生活内容を
ぜひとも 見直していただくことだと思います。

 

副腎ホルモンを 適度に きちんと作り出すよう
ストレスフリーな毎日を!!!

そして、身体に優しいものを 口にしてください!!!

 

お味噌汁とか。ぬか漬けとか。

 

 

ではまた。

 

追伸

さっきまで ナツメロを ばあやの意向で見ており
ナツメロに 懐かしさを覚えておりましたが
一旦スイッチを切った後

今ふと  また テレビをつけたら
タモリさん 今日で終わりなのですね

 

32年て
すごい年数

継続は力なり・・・

私が小学校の頃に始まった番組でした。

なんか 泣けました。

 

この人柄とか
長年続くこととか・・・

 

 

素晴らしいことですね

 

 

ではまた。今度こそ。

 

 

ゴッドマザー

こんばんは。

 

コメント欄で
ゴッドマザーに反響があったので(笑)???

本人の承諾を得て 書かせていただきます。

 
うちの ばあや=母=ゴッドマザーは
個性的な人です。
個性的ということは まぁ 人とは  何かが  違うということで

平たく言えば 「変わった人」に分類されると思うのですが

これがまた 自分が変わっていると思わないところ
不思議ちゃん のいいところなのかもしれません

私の周りには なぜか 不思議ちゃんが 結構 存在します。

 

なぜだろう??

 

それはさておき

ゴッドマザーの 精神論は 昔からすごかったです。

ここでは全部暴露できないくらいです~ww

 
今でも 覚えているくらい 衝撃だったのことは・・・

これでも親の手前 婚前前は 真面目なふり?をしようと
きちんと家に帰っていたら
「男は いるのでしょう? だったら 紹介しなさい」
「酒が飲めない?(私は下戸だったので)
それでは (女の子が 酒で 間違いが起きると困るから) 普通の男の人より 飲めるようになりなさい」

と。

 

かしこまりました・・・

現在に至ります。

(酒の飲みすぎはくれぐれもいけません!)

 

 
マンガ読み放題。 ゲーム三昧。
マリオブラザーズ全盛期で
ゲームってなんて楽しいのかと!!!
はまりまくっていましたが。

 

 

何も言わないんです

何にも。
何も 言われないと 逆に・・・・・・・・・・・・・
少しはまっとうに生きようかなと

なんか・・・ 勉強していいですか、と
思ったくらいです
それで勉強したりとか。

 

 

でも たまに 一年に 1-2回くらい

「でもね いつまでも 本当に親は生きていないから
自分で生きていけるよう
きちんと 職業を持つこと
きちんと 片づけをすること」

みたいなことを にこにこしながら ぼそっと 言っていました。

それが まさにゴッドマザー!!!

 

はは~
そうですよね。

やることをやって

片づけをして
人に迷惑をかけない。

あとは、個人の人生。

だそうです

ゴッドマザーより。

 
そして 相手も自分も褒めまくる。
人は いいところがない人はいない。

と。

 

ゴッドマザーの主義は 「あめとむち」 でなく 「あめとあめ」

あめを与えまくって
愛を与えまくって 与えて与えて
それで堕落・脱落していく人は それまで

だそうでございます。

 

コ・コワ・・・

 

ゴッドマザー。

 

 

今日は これまた 番外編で

失礼いたしました。

 

ではまた~

 

副腎疲労の話を 次こそ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユヅリスト

こんばんは。

 

頑張っている方は素晴らしい。

すごい人は頑張っているのか
頑張っているからすごいのか  ですね

 

感動を与えてくれる方は

本当にみていて 素敵でした!!!

ファンになっております(笑)

 

 

 

 

さて、

そういえば

昨日の一品を
忘れていました。

 

IMG_4046

 

 

ちょっとづつ残った冷蔵庫のものを使って作りました。
なので 以前にも同じようなレシピがあったかもしれません~

 

アボカド
サーモン
ほうれん草

に 納豆と 明太子(無添加)をまぜて
手作りマヨネーズもいれて
チーズ をのせて焼きました

乳製品NGの場合は(アレルギーで)
チーズなしでも 塩コショウだけでおいしいです。

オーブンかトースターで焼いてください。

急ぐ場合は フライパンでもいいと思います。

 
オリーブオイルをかけてから  焼くのも いいと思います。

 

食べることは生きていくうえで大切です。

食べすぎや 偏りはよくありませんが
食べることに生きがいを持っていただくことが
栄養療法の基本だと思います。

 

 

 

身体が喜ぶものを ぜひ食べていただきたいです。

煮干しを入れて作るお味噌汁とか
ニンニクとショウガ、肉または魚でだしがとれるスープとか。

ぬか漬けや 発酵食品。

 

栄養で、人は変われることがあると思います!!

 

 

それではまた~

 

 

 

 

 

愛の賛歌

こんばんは。

年度末、皆様お忙しくお過ごしですか?
ご飯がおろそかになって 睡眠が不足しないよう お気を付けください。

 

さきほど 女子フィギュアをみていて
もちろん 真央ちゃんにも感激 でしたが

鈴木明子選手の 引退前  最後の
ノーミスな演技
愛の賛歌に乗せて♪
♪あなたの燃える手で わたしを抱きしめて♪

涙があふれてしまい  感激でした。

 

なんといっても 彼女は摂食障害を乗り越えて
ここまで世界の舞台で 人を感動させ
とても素敵だと思います。

 

 

摂食障害は

ストレスはもちろん、
自分の過剰卑下、
親との葛藤、家族との関係、
同性との関係、嫉妬、羨望、劣等感、
異性との関係、
痩せているのが美しいとされる国、
社会的立場 など複雑に関係している疾患だと思います。

私も何人もの患者さんと接してきました。
とてもデリケートな疾患で
治すのには 周囲の協力も必要です。
なぜに痩せたいのか 本当の理由に
本人も気が付いていないことも多いのです。

あなたは 決して太っていない というカウンセリングは
正直 あまり・・・
なぜなら 本当の理由がほかにもあることがおおいからです。
何か、別の理由が。

自分をそんなに卑下否定することはないのに。

 

オーソモレキュラー(栄養医学)では
何を食べてきたか
ダイエットをどうしたか なども質問します。

食事習慣も重点を占めています。

食べたもので脳を栄養するので
偏ったものだけ摂取すると 精神不安定になります。
血糖障害を起こし いつまでも食べていたくなります。

でも痩せたいので たくさん食べると後悔して
吐いてしまう。

 

甘いものを脳が欲するけれど 痩せたい 場合
カロリーを重視するあまり
ご飯を抜いても おかしだけ という間違った痩身ダイエット法をされる方が

今でも後を絶ちません。

ま、私もそうでしたが。

食べすぎる理由の一つに 低血糖があります。
糖質を摂ると なおさら もっとほしくなることを経験したことはありませんか。

 

その低血糖を起こす理由に タンパク不足脂質不足 ビタミンミネラル不足
腸内環境の悪化(便秘や下痢)、
精製糖質の過剰摂取、睡眠不足、運動不足、ストレス、
重金属などの余計なものの築盛が悪さをするといわれています。

脂質の不足! これもポイントで
「あぶらは太る」だけが 流通していて
いいあぶら(亜麻仁油やエゴマ油、青い魚のEPAやDHAなど)まで
制限されているようです。
もっといいあぶらは 摂ってほしいと思います。

エゴマ油やシソ油を 一日大匙2-3杯 (生で)
炒め物の場合は 酸化に強い 質のいいオリーブオイルがよろしいと思います。

余計な酸化されたあぶら(よくないあぶらであげた揚げ物や、ファストフード、インスタントものなど)をさけてください。

 

お肉も 嫌われていますね
でも肉が太るかというと・・・結構そうではなく

過剰な精製糖のほうが太ると思います。
もちろん質のいいお肉を(決して霜降りがいいということではありません)食べてください

お肉だけでなく いろいろなものから 蛋白を!

そして野菜を!!!!!!

身体にいいものを食べることで、精神の安定を得てほしいと思います。

 

愛の賛歌と 私の人生は・・・
ここでは言えませんが(笑)
好きな曲です。
思い入れのある曲です。

小さい頃、母の運転する車で 越路吹雪さんのバージョンを聞いて育ちました。

 

 

そういえば
いつの間にか もう春ですね。

クローバーが 伸びてきました。
今年は何枚四葉が出るか 楽しみです。

春は必ずやってくるのですねえ。

IMG_3987IMG_4060

 

ではまた。

配合・配分

こんばんは。

 

最近 医療のことのほか
料理のこと
毎日の生活のこと

さらに深く いろいろ考えるようになりました。

人はなぜ病気になるか
健康とは何か
生きがいとは何か。

 

たとえば
サラダのドレッシングを作って
ものすごく絶賛されるときもあれば
何か足りない 塩気がきつい・・・

配合割合の大切さです。

配合や配分って とても大切なのですよね

配合をうまくすればうまくいく
でも つい間違う時もあったり
間違っているつもりもないけれど なぜかうまくいかないときが!!!
多い。

その分 うまくいったときの 感動がたまりません。

 

たとえば 対人関係 人との距離も、

自分の時間の使い方の配分。

配分の大切さ。
本当に身に沁みます。

自分の時間の使い方を間違うと
疲れてしまいます。

 

 

多くの日本の方は 頑張りすぎる傾向があって
いっぱいいいっぱいになって
悲しくなり 身動きがとれず

朝起きられないなどの方が なんと多いことでしょう。

 

臓器でいえば
肝臓や腎臓、胃も腸も副腎も
脳も脊髄もリンパ節も・・・・・・・・多数の臓器、細胞。

 

つまり全身 すべての細胞が
私達を作り上げています。
いらないものはないのです。

それを支えているものが栄養で

精神と、栄養と
いろいろ関係しています。

それを邪魔するもの 壊すものが多々あります。
よくないあぶら、
タンパク不足、
よくない糖質の過剰摂取、
人工的に作られたもの、
重金属や発色剤など。

そういうものを解毒するのも身体です。

一番、人を脅かすものは ストレスだと思います。

 

ぜひともご無理の無いようにお過ごしください。

 

IMG_4028

 

今朝の 一品です

 

入り豆腐(水分をしっかりきって)
エビ
白魚
アボカド
チーズ を入れて炒め

最後に 香菜をのせました。

 

これは・・・ 我ながら おいしかったです。

(※例のごとく 私は口だけ出して 作成したのは ばあや(母) です)

ゴーストコック。

それではまた。

 

 

 

低血糖と 副腎

こんばんは。
暖かくなって もうすぐ桜!咲きますね。

私は 慌ただしいお彼岸を過ごしました。
我が家のお墓は 階段が多く上まで上るのに
いつも息切れ。

でも今回は 多少ラジオ体操が効いたのか?
前回行った時より スムーズに行けたような?

いやでもまだまだ 運動は全く足りません。
もっと運動しないと。。。

 

ところで
3月も末、日本社会では大忙しの方も多くいらっしゃるのでは?

年度切り替えですし

消費税も上がりますし・・・
それに伴う作業も 結構大変なことですよね。

 

 
最近も 栄養欠損、副腎疲労疑い、低血糖の患者さんは
結構増えていると思います。

ストレスが増えたからでしょうか。
食事内容の変化や環境の汚染が原因なのか

本当は栄養の欠損・ストレスで罹患していた パニック発作や不安感、不眠などの方が
インターネットのおかげだったり
雑誌や書籍、テレビなどをご覧になったりして
興味を持ってくださるからでしょうか。

栄養欠損というと 食べていない、食べられないイメージがありますが
結構 食べています ということが多いです

でも

食べているものの質に問題があったり余計なものが多かったり(保存や着色、精製されたもの、など)することも多いように感じます。

 

 

食事を変え、ライフスタイルを変えることは
結構大変ですし
健康に生きることに かなりの努力を必要とする時代です。

 

でも 患者さんのなかには

自分のつらい気持ちやパニック、自殺企図、不眠、
その他が

栄養状態の改善で 快方に向かう人が多くいます。

その治療過程が結構長いこともありますが
でも 何も知らずにパニックを起こしていた時より
原因がわかるだけでも 気持ちが楽になったという方も多いです。

・何もやる気が起きない
・食事がてきとう
・ストレスが多い
・動悸やパニック
・甘いものが好き
・カフェインがないと目が覚めない、やる気が出ない
・切れる
・急に悲しくなる
・無理をしてしまう
・ご飯は外食か買ってきたものが多い
・食べることに興味がない

などなど 何かしらの原因を抱えていらっしゃいます。

上記を自覚されない方(それが当たり前という)は・・・ それも問題かもしれません

 

精神状態のトラブルには 栄養のトラブルがあることが多いので
ぜひ 何を食べてきたか

みなおしてください!

 

まずは 腸内のこと。
きちんとした便が においもなく
快感を伴って出ていますか。

女性の方の場合、生理(月経)が 快楽ですか?

 

その辺りとともに
ぜひ栄養と身体について 興味を持っていただけると幸いです。

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 

脳も全身も

こんばんは。

お彼岸でしたね。

 

これまた夜分に失礼いたします。

新しい患者さん新しい友人が増えるたびに
(患者さんでなくとも)
知ってほしいと思うこと それは
しつこいようですが、身体はすべてつながっていること

口から入るもの、環境因子
親から受け継いだもの
いろいろなもので作られ 影響を受けています

 

 
運動しないで ジャンクフードを食べていたら太る。
ということは皆様ご存知ですよね

 

 

そういうことと同じで
何を食べて 何かを感じて どう寝るか どう笑うかで
ヒトの身体はできています

大抵の方は 口や胃?は 食べ物の影響を受けていると考えてくださいますが

その続きである腸、肝臓も 食べ物の続きとは思ってもらえず

そして何といっても「脳」  も  身体でつながっているのに
なぜか 食べ物やストレスと連動していると 理解してもらえないことが多いです。

脳は別物 なのでしょうか。

 

脳も身体の一部で 栄養でできています
ストレスや有害物質で破壊されます。

脳にはよいあぶらが必要で 悪いあぶらはよくないのです

よいあぶら(亜麻仁油やエゴマ油、EPAやDHAなど)を摂るのも大切です。

 

 

気持ちが うまくいかないときに
ぜひ 栄養を考えてほしいとおもいます

栄養がうまくいけば  イラッとしても 笑ってゆるせるかそもそもイラッとしない
うまくいかないと どうでもいいことでイラッとし 笑うこともなければ イライラがふつう。

ということが起こりうるのです。

 

脳も身体の一部 つながっていますから。

 

気持ちがうまくいかないときは
栄養が関係します。
何を 普段、昨日、今日、口にしましたか?
昨日は?ここ数年は?過去は????

 

 

気持ちが病むにはいろいろ 原因はありますが、
食べ物も関係すると思います

 

※よくないとされているもの

防腐剤保存料
着色料 発色剤

精製されたもの

砂糖
糖度のみが高いもの

酸化されたもの

ジャンクなもの
日持ちがするもの

スイーツの山、
糖質 炭水化物の摂りすぎ
運動不足・・・

 

 

そういうものが 精神に関与すること

ぜひ 他人事でなく 知ってほしいと思います
心臓にもよくないですし
脳にもよくないです。

 

それではまた。

 

 

 

 

 

 

まずは

食べ物と 副腎疲労

こんばんは。

 

 

副腎疲労という疾患があります。

精神ストレスや 食事の乱れ 不規則な生活、
余計な食べ物、余計な有害物質などの蓄積も関係して
ホルモンバランスや 自律神経、脳神経を病む疾患です。

副腎は 頑張るホルモンを出しているので
副腎が疲れると頑張れなくなります。

脳、自律神経、ホルモン、各臓器はそれぞれつながっています。

口から何かを飲んだり食べたりします
すると 食道~胃~小腸~大腸と流れていきます

その過程で 消化と吸収を受けます
いろいろな栄養素が必要です
消化管などの臓器をつかさどっているのが 自律神経です
その自律神経を支えるのがホルモンやほかの栄養素、
他の蛋白質や脂質、糖質、ビタミンやミネラルです

それを統括している 一番のボスは 『脳』です。
その脳も 自律神経とお互い連動していて
脳を養うのも 栄養素で・・・

いろんなことが持ちつ持たれつ なのですね。

ヒトの身体は本当によくできています。

 

そして 身体をダメにするものが
ストレスやら余計な食べ物や
外的な 余計な要素です
(環境的な問題、花粉や公害、放射能も含みます)

余計な食べ物については 長くなるので
簡単に言うと・・・逆に言えば
余計でない食べ物は ヒトの身体に優しいものです

昔からあるもの 保存がきかないもの
精製されていないもの
見た目のために 加工されていないもの
自然の形に近いものです。

自然の形に近いもの は 大抵 おいしくないと思われます

なぜなら 加工とは 皆様に喜ばれるように
工夫して 変化してきたものだからです。
簡単に食べられるように。

そういうもののほうがおいしく感じている方が多いのではないでしょうか。

 

 

そういう食事の積み重ねで

副腎疲労を発症します。
低血糖も、関連します。

でもなんといっても ストレスなのかもしれません。

 

朝起きられない、感情に起伏がある、キレる、
やる気がない、不眠、むなしい、悲しい、とにかくだるい、
月経が不規則、不妊、過食、
お腹がすくと落ち着かない、甘いものが欲しい
カフェインが欲しい、アルコールなしではいられない、、、

などなど。

 

でも、ストレスの中でも 食事だけでも気を付けてほしいと思います

それが、栄養素を摂ることが 治療の一つだからです。

ものすごいストレスの中でも 食べ物が少しでもいいと
精神面が変わります

快便になるような、快眠になるような食事をしてください。

 

副腎疲労、低血糖は本当につらい疾患です。
身体が動かない、気持ちの調節ができません。

 

 

その原因に 腸内環境もあります。

腸の善玉菌を増やすために 乳酸菌やビフィズス菌などを摂ってください。

ヨーグルトなどの乳製品のものも有効ですが
摂りすぎて アレルギーを起こさないよう
ほどほどに バランスよく
植物性のキムチやぬか漬け、発酵食品もとりながら。

 

余計な食品を食べすぎないことです。

 

副腎疲労の方は
仕事場や学校に行こうと思っても 身体が動かないことがあります。

病院に行けないことも。

私のところや どこかのクリニックに行くまでに
半年~一年 それ以上 考えてやっと受診した方もいれば

なんとな どこにもくいけない方も多いです

予約があっても 直前キャンセルもよくあります
その電話すらできない方もいます。

勇気を出して予約しても 実際行くことができないとか
1回は行ったっけれど その後が行けないとか。

そういうことが多いです

 

そういうことが 精神疾患で片づけられるか
わがままとなるのか それが 診断に非常に難しいところではありますが。

 

もちろん、精神ストレスや 環境が多くを占めます
ただその毎日の中で
救いとなるのが 食事、胃腸だと思いますので
身体にいいものを摂るようにしてください、今辛いなら。

 

 

食べ物改善のみで すべてが治るとは言いませんが
でもかなり関係があると思います。

疾患から治る 前提に 食事内容が関係しています。

 

毎日 必ず口から入るものですから。

ぜひ、そこを気を付けてほしいと思います。

 

何がダメで 何がいいのか?

近いうちに 書けたら書きますね。

それではまた。

 

 

 

 

 

お問い合わせフォーム

こんにちは。

 

半田醫院ホームページの「お問い合わせ」フォームからメールにてご連絡いただいた患者様に
どうしても返信できないことがまれにございます。

(なぜなのか、機械に詳しくない自分にはわかりません)

大変申し訳ございませんが、
お問い合わせをいただいたのに数日経過しても返信がなかった場合(長期休暇などの場合を除く)は お電話で028-658-0021 まで ご連絡くださいませ。

よろしくお願いいたします。

 

ではまた

栄養と腸

こんばんは。

 

皆様今日は お元気でしたか。

 

 

いつも私は 栄養は口から入るものが大切と
申し上げておりますが

口以外に 皮膚や鼻、目、粘膜から
様々な物質が吸収されています。
日差しや 放射線などもそうですよね。
気が付かないうちに身体に忍び込んできます。

座薬が効くように
肛門、腸管も粘膜でできているのです。

 

 

そして・・・何より 精神ストレス。
気が付くこともあれば
気が付かないうちに じわじわと・・・・・・・・・・

全身を病みます

自律神経を病み
脳が病み
臓器が病み
眠れなくなり
食べても栄養が消化吸収できなくなり
楽しいことがなくなる
・・・

栄養、副腎、消化機能

全部関係しています。

 

つまり何からしたらいいの?と最近聞かれます

まず・・・

・何を食べてきたか
甘いものだけでなく精製糖をどれくらいとっているか?

※糖というと・・・
しょっぱいものを 除外する方が多いのですが・・・
スナックやおせんべい 麺類・米も精製されていたら 精製糖です。

甘くなくても 炭水化物、糖質です!!!

 

その他に
・どんなストレスを受けてきたか
・便秘や下痢はないか
ないとしても 便通のことはどうか
・どういう睡眠をしているか?
・よいあぶらはとっているか?

をかんがえて・・・

 

まずは
「腸内環境を整える」=便通がいいか

匂いがどうか確認して

気持ちよく出るかどうか が大切です。

 

ぜひとも 腸内善玉菌を増やしてください。

精製糖を控えてください。

 

ではまた。