低血糖と副腎疲労①甘いものを控える

こんばんは。

時間があっという間に過ぎます

 

最近インターネットのおかげで
「低血糖なのですが、どうしたらいいでしょうか」というお問い合わせが増えています。

 

さて いつもいつも長いと評判?なので
今度こそ 10回シリーズ位にわけて お伝えします。

原点にもどって、低血糖と副腎疲労について。

 

 

 

低血糖は
・糖尿病の内服薬やインスリン(血糖を下げるもの)の作用によっておこるものや
・肝硬変など、糖を作り出すことができない疾患で 血糖値が低くなる

ことのほか

常に糖質を摂り続けて 体内のインスリン(血糖値をさげる)がですぎて
結果的に血糖値が下がってしまう低血糖や

ストレスがかかり続けて 腎臓の近くにある「副腎」が疲労し=副腎疲労
その結果 血糖を保つことができなくなる低血糖があります。

この後者ふたつは 甘いものを食べると悪化します。

そして腸内環境が深く関与していますので
便通対策が必要です。
栄養素が必要になってきます。(アミノ酸やビタミンB、Cなどなど)
ストレスを減らすことも大切です。
きちんと休養と睡眠をとらないとなりません。
腸内環境と重金属など 余計なものを減らさないとなりません。
ただの低血糖だとあなどってはなりません!

低血糖になること、そのものが
いろいろな原因と 長い時間を経て 発症しているのです。

昨日や今日、糖質を摂ったりお酒を飲みすぎたり
いやなことがあったからと発症するわけではありません。

積み重なるからです。

 

そして! リピーターの皆様にはいまさらですが

「低血糖だから いつもいつも甘いもの を摂って」いたら

逆効果です!

甘いものだけでなく 菓子パンや 麺類 パスタ
スナック類などなど。

これを控えましょう!!!

 

そのからくりは 次回に 復習を兼ねて お伝えいたします。

 

ではまた。

 

 

 

 

 

亜鉛

こんにちは。

昨日の宇都宮の雷は ものすごかったです!!!
家にいたばあやが「頭がグワ~~ンとするほどの音だった」と申しておりました。

 

昔も 雷は多いと感じていましたが 今年が6月では過去最高だとか。

でも、今日は雷様来なさそうです。

 

 

さて いきなり 頭に浮かんだ 亜鉛 です。

亜鉛は、身体の多くの場所に必要なミネラルです。

あまりなじみがない方も多いかもしれません。

神経や毛髪に必要ですので

不足するとうつ、感情の起伏が激しさ、脱毛、白髪、味覚異常などなどの症状に反映します。

あとは、生殖能力や性欲、滋養にも関係します。これは有名かもしれません。

妊娠を考える女性だけでなく、男性も積極的に摂るとよろしいと思います。

色々な疾患、症状がある方は、結構亜鉛が低いです。

うつやパニックのかたにもお勧めです。

 

食べ物では 煮干し、牡蠣、ゴマなどに多いと言われます。

牡蠣っておいしいですよね~
めったに食べられませんが。

 

 

 

それではまた。

 

早食いと副腎疲労、低血糖

こんにちは。

最近栃木の豪雨がすごいです。

昨日窓を少しだけ開けっ放しにしてしまい
診察していたのでうっかり忘れていたら

窓際が大変なことになっていました。
水浸し。

置時計が壊れていなくて 何よりでした。

 

 

ところで、皆さん食事はきちんとよく噛んで食べていますか?

私は、今はものすごくゆっくりにしていますが、基本は早食いでした。

仕事の影響もあるとは思いますが
クセ だったと思います。

早く食べたいのです、食べたい!というサインが体中から沸き起こっていました。

それで食べすぎることもしばしばです。
外食では「オーダーしすぎる」という癖があったこと
以前も申しあげましたでしょうか。

 

あとからそれが低血糖で、その原因に副腎疲労があって・・・と聞いて
ものすごく納得しました。

 

患者さんにもかなり見られます、早食い。

副腎疲労、低血糖の方は血糖が保ちにくいので
血糖を上げようと本能が働きます。

食事が不規則で早食い

すぐにお腹がすく
合間に手軽に食べられるチョコや飴などのお菓子、スナック類をいつも食べている

などの方が多いです。
お忙しい会社勤めの方はもちろん、学校の先生、
看護師さん、医師、美容師さん、家にいても家事に追われている方、
早食いの方に多い印象があります。

 

ゆっくりよく噛んで食べないと、
唾液がよく出ません。唾液も消化に大切です。
食べ物が胃に入った時に 消化が悪くなります。

消化が悪ければ胃がもたれます。
未消化のまま腸へ流れ込んで、腸内環境を乱せば、
下痢や便秘の原因にもなりますし、
これらの理由で 食後にお腹が張ってしまうことになります。

 

もともと蛋白が不足している方は消化酵素がうまく働かないので
蛋白を増やそうと、いきなりガッツリ肉などを食べると
胃がもたれたり、便の匂いが悪くなったりすることがあります。
少量づつ、よく噛んでゆっくり!です。

 

まして、空腹のときに お菓子で急に血糖を上げてしまったら
その後低血糖を起こすので精製糖質の摂取は控えて

一日の中で 食事の時間はまんべんなく(空腹を長くしすぎない)
穏やかに血糖を保つ食事をして(野菜・蛋白質・脂質をしっかり、未精製の糖質を適量)
よく噛んで、リラックスして食事をすることが大切です。
急いで食べればもたれます。
いやなことが続けば自律神経を病むので、また消化が悪くなります。
ですからリラックスする必要があります。

消化管は自律神経支配ですから。

 

 

 

それができないから 副腎疲労になっているんです、と
よくお伺いいたしますが。。。

 

副腎疲労になってしまうと
やりたいこと やるべきことはあるのに
身体が動かない、鉛を背負っているよう、という症状が起きます。

そうならないために、
食べるもの、食べ方、精神のリラックス、運動など
改善していきましょう。

 

食事は楽しく笑ってゆっくり食べたいですね。

 

 

 

そういえば この数日 新規患者様のお問い合わせがあって

「プレジデント」に載っているのを読みました、とのことでした。

 

え?プレジデント?あの有名な雑誌の?
うちが? と

ビックリしてあわてて買ったら
醫院の名前が載ってました。

IMG_6790IMG_6791

医学もいろいろ考え方があります。
体質に合った方法を選んでほしいと思います。

でも「食事が大事」だけは どの国でもどの療法でも
はっきり言い切れることではないかと思います。

ぜひ栄養状態を整えることで、
憂うつな気持ち、キレる気持ち、絶望的な気持ちなどから
脱してほしいと思います。

 

ではまた。

お酒

こんにちは。
自戒の意味を込めて お酒の話をいたします。

 

 

百薬の長。料理にも使えるし 人の長い歴史のなかで重宝されてきたものですね。

お祝い事や 弔事、お浄め。

そして 人間づきあいの中で うまく利用すれば楽しいものだと思います。

 

けれど、自分を含めた女性の飲酒率が結構上がってきていて
結構、身体に負担をかけています。

 

アルコールは 喉、食道、胃、肝臓に負担をかけるのはもちろん、
腸にも悪影響です。
腸内カンジダの原因の一つでは といわれています。

慢性の多量のアルコール常飲者の方は 大抵慢性下痢のことが多く
お酒を減らすと便秘するくらい、腸内環境が荒れています。

 

アルコールによってもちろん脳細胞にも影響しますし、
副腎も膵臓も、身体の臓器すべてに影響していると考えます。

肝臓にダメージを与えるということは栄養を破壊させているのですから
もったいないことです。

アルコールを飲むとそれだけでも低血糖を起こす人もいらっしゃいます。

飲むときは、きちんと食事を気を付けないといけません。
蛋白質や良い脂肪分、野菜などを食べながら。

甘いカクテルの上に最後にスイーツでしめるのも結構危険な感じです。
日本酒ガッツリ飲んだ後にラーメンでしめるというのも・・・

 

 

糖質は低い物を飲むとしても
副腎疲労があるのに、アルコールを飲み続けていくのは 自虐行為です。

極力控えましょう。

 

一番心配なのが リラックスするために
何かを忘れるためにお酒を飲むというのは 「習慣」ですから、
習慣は別の習慣を持って変えていくしかないです。

 

早寝の習慣がベストだと思います。
患者さんと約束した11時 もしくは11時半に寝る はまだ 果たせていませんが

1時から 12時半  12時半から12時 と
早める努力をしています。

早く寝れば 朝は起きられます

当たり前なのですが・・・
習慣を変えるのは 自分に言い聞かせ続けることですね。

 

アルコールやタバコや、チョコや甘い物などの嗜好品をやめるには。
習慣を変えて行きましょう。

 

先日 ばあやが 知り合いの方にいただいた
「9匹の猿」が乗ったものです。

IMG_6704

「苦難が去る」  に引っ掛けているそうです。

 

苦難よ、去れ!

 

 

 

ということで、それではまた。

四季

こんばんは。

腸管と精神が、こんなに繋がっているのだなと、日々痛感しています。

 

お腹を大切にしましょう。

 

 

 

 

毎年きちんと花を咲かす紫陽花です。

四季の日本、素敵です。

 

綺麗な花ですよね。

imageimage

 

 

それではまた。

 

 

 

 

 

 

栄養

こんばんは。

 

すごい夕立でしたね。

 

ところで、私、いつもどういうことをしたら身体に良くないかは書きますが

どうしたらよくなるかをあまり具体的に書いておりませんね。

 

最近、よくなってよかったですねえ、とお話した例です。

 

無性にイライラしたり、悲しくなったりして、

そうすると、甘いものや菓子パンなどで、お腹を満たしていた方。

余計にイライラが悪化です。

 

おそらく、低血糖で。副腎疲労で疲れが増します。

まず、甘いものをやめ、お腹に良い乳酸菌をとり、まずリラックスしたことで

自律神経が整い、余計なものの過剰摂取が減り、

お腹の調子がよくなり、栄養につながる。

そして、脳への栄養もよくなり、ポジティブになれるし

早く起きられるので、身体にいいものを食べようと考えられ、作れるようになる。

 

気持ちも穏やかになる。

 

どんどんいい方向へ向かうのパターンです。

 

もちろん人間ですから、また嫌なことにも遭遇するでしょうけれど、

栄養がいいと、なんか乗り越えられることも多いようです。

患者さんのほうから、私を励ましてくれることもあります(笑)

 

料理を教えて下さったり。

 

 

 

口から入る栄養、大切です。

 

精製されたものをまず控えてみてください。

 

そして添加物を控えることです。

 

 

 

いつもは無理でも、せめて気持ちが落ちているときは。

 

生理前も。

 

気持ちが、栄養でいい方向へいくように‼︎

 

 

 

ではまた。

お腹が空いて

こんばんは。

副腎疲労、かなり増えていると思います。

 

・いつも疲れている 動悸 不安感 肩こり 疲労感 イラッとするなどなど

 

更年期症状と似ているのです。
更年期の時期は女性ホルモンが減って 体中のバランスを崩します。
様々な症状が出ます。
低血糖も似ています。
というか副腎疲労と低血糖は共存しやすいです。

 

一番の治療法は リラックスすること、
余計なものを口に入れないこと 身体に優しいものを食べること
適度に運動すること
焦らないこと
眠ること

精製糖を摂らないこと。

 

 

お腹がすくと機嫌が悪い方、要注意です。

食べると元気になるのはいいのですが
そこで お菓子、スナックなどの甘いもの、パンや麺類、白米などの精製糖質を摂ると
逆効果です!!!

 

私が以前  あ、低血糖だな~と思ったのは、

今振り返ると
食事の時間が空きすぎると  その後の食事で食べすぎていた

たまに行く 外食で そんなに食べられないのに 結構頼みすぎたことなど です。

食べたくて仕方がなかったのだと思います。

血糖が不安定だったので。

 

患者さんのほとんどがそうです。
お腹がすくと、お菓子やパン、おにぎりなどの糖質を欲します。

何かの原因があって 症状がでます。

食事内容の偏り、便秘や下痢、ストレス、睡眠不足、運動不足、アルコールやタバコ・・・

 

お腹がすいて 機嫌悪くなる方は
お腹がすいたときに 精製糖質だけを摂るのはやめて
蛋白や良いあぶら、ビタミンミネラルを摂るようにしてみるといいと思います。

お腹がすきすぎるまえに!!!

 

 

それではまた。

 

 

お腹がすきすぎないようにすること、
補食・おやつに 糖質を食べないこと
ストレスを食べ物に向けないこと が大切だと思います。

 

夏が近づくと・・・

こんにちは。

というかこんばんは。

やはり夜になってしまって ごめんなさい。

 

今日はなんだかじめっとしますね。

この一週間、気候の変化がめまぐるしく
降雨量すさまじく。。。

体調不良者も 続発していらっしゃいました!

 

 

 

 

栄養を正して あっという間によくなる方と

そうでない方がいらっしゃいます。

特にやはり精製糖質(お菓子、甘い物、スナック菓子、白い主食など)、アルコールを絶てない方は 結構道のりが長いようです。
そして、リラックスできない、休めない方。

 

やはり原因が隠れていることが多いです。

母親の胎内でのこと、
何を食べて育ってきたか
母乳のこと、その後の食べ物や環境因子が与えた 腸内環境のこと
解毒する肝臓のこと、血液のこと、各種臓器のこと、
ホルモンと自律神経、 人間の身体のすべてが関わりあっています。

 

 

悪くなった例で言うと(こういう感じが多いようです)

この数日 こういう主訴がたまたま多かったので・・・
『子供を産んでから すっかり疲れてしまい
ご飯がテキトーになった。
白いご飯だけあれば、おかずなしでOK。
菓子パンが好き、お総菜パンも楽でおいしい。
(ご飯炊くよりも楽ですし おいしいです先生  と言われます)

子どもが夜泣きする、カンシャクするのでますます睡眠不足になって母親がイライラする。
子供が甘いものを欲しがるので
外で、買ってもらえるまで駄々をこね、与えておくとおとなしくなるので仕方なく与える。
ついでに自分も甘いものを欲して 食べるとリラックスする。
だけど、なんかイライラすることが増えている。
大抵のこの世代のご主事様(配偶者)は働き盛りの疲れ盛りなので
帰宅が遅いのを待っていることもあり ご飯も遅くなる
そんなご主人に育児や家事を手伝ってと言い出しにくい
言えたとしてもご主人もよれよれになっているので
なんとも・・・
(男もつらいよ、だけど女もつらいよ)
で、寝るのが遅くなってしまう。
朝起きるのがつらい。だからご飯はテキトー。
そういえば便通も悪い(たいていは便秘と下痢を繰り返す)。
自分の具合がよくないのもわかっているが、
子供を預ける人もいないので 身体にムチ打って 働きに出る。』

そして 振出しに戻る様な感じでしょうか。

これが 産後のうつや 副腎疲労パターンです。

お子さんも 低血糖になっていそうですね。
そのうえ高齢者の介護が重なったりしたら・・・
いっぱいいっぱいで ますます疲労していく。

そして疲れ切った脳が また甘いものを欲しがり・・・
(人によっては 菓子パンだったり、アルコールだったり)

 

お子さんに甘いもの、も要注意です!

腸を大切にするにあたって、お子さんは腸も脳も未熟ですから

もっと、甘いものの投与に注意が必要です。
甘くなくても 精製糖質は気を付けましょう。

 

 

あれ、夏が来ると?のメインが どこかへいってしまった!

 

 

夏が来ると・・・・・・・・・・・

危険なのです・・・

冬場のケーキやお餅も結構危険ですが

うつや 副腎疲労の悪化は なんとなく夏場の方が多い気がします。

 

まず、アイスクリームがおいしくなるようですね。
かき氷、清涼飲料水、ジュースも。

最近では女性も結構アルコールをお飲みになる方多いようで
冷えたビールが 誘惑する季節。

そして、夏の定番と言えば お素麺、冷麦。
食欲がない分 ツルツル~と食べられるものだけを食べるので
それ以外の栄養分をとらなくなる方が多い時期です。

要注意です。

 

副腎疲労のある方は 特に気を付けましょう!

汗をかいた後の ミネラル補給。
朝の塩分と水分。

なるべく 保存料の少ない いい梅干し、
ナトリウム以外のミネラルも入った塩分を摂りましょう!

 

それではまた。

 

体調とお腹

こんばんは。

 

あ、TVで 腸内環境やっていますね!

 

体調、 特に精神に 腸内環境がとてもかかわっています。

善玉菌を摂ること 野菜を摂ること!

 

 

私が何十回  話すより TV効果のほうがすごいので、
ぜひ 腸内環境の番組が増えてほしいと思います。

 

 

この一週間、 気候の変化で 体調を崩した方 続発でした。

なんか自分もつらかったです。
この温度差、雨続き。
それでも 持ち直せています。

 

 

 

ぜひ 食べ物を気を付けて
善玉菌を増やし
きちんと寝て!
(11時…せめて11時半に寝ましょうと 患者さんと約束?したので頑張ってみます)

運動して。

笑って。

楽しいこと考える。

 

 

明日からもまた 無理せず 生きていきましょう!

 

ではまた。

 

 

 

 

 

Tery’s News

こんにちは。

というか こんばんは。

日中に更新 はやっぱり 難しくてすみません。

 

梅雨入りしましたね。
今年は 梅雨が長いとか?

 

 

ところで、以前から Tery’sNews というものを月に1度発行しています。
栄養のこと、健康につながるものを
オーソモレキュラー(分子栄養療法)に基づいて書いています。

 

Tery とは。
何度かあちこちで申し上げておりますが
半田家の女たち  ばあや としこ 1号えみ 2号ゆり 3号りえ の頭文字を
組み合わせようと 考えたものです。
RとYが 順不同なのですけれどね ま、2号ゆりはわたしより若く見られているから
それでもいいかと(どうでもいいことですか)

 

女性栄養欠損・低血糖の会 宇都宮
に入会いただいた方には 毎月お送りしております。

 

 

または HPからダウンロードできます。

http://handaiin.com/orthomolecular/womans-undernourishment-utsunomiya/

 

 

この当初は 低血糖という症状を広めようと作ったのですが
今となっては「副腎疲労」という名前を入れたいです。

 

そのTery’sNewsも Vol.23まで来ました。

最初の頃の文章を読むと
内容が少しづつ変わってきているものもあります。
今更ながら誤字に気が付いたりして・・・
そんなこと言ったらこのブログも 書き始めたころとでは
随分医学も変わってきているので 訂正しなければいけないのかもしれません。

 

Tery’sNewsの 間違いを先ほど発見しましたので お伝えいたします。

 

Vol.10 「PMS」の
PMSとは、月経開始3-10日頃より始まる

月経開始3-10日頃より始まる

です。生理前 ですから。

 

Vol.12 「副腎疲労」の2ページ目
副腎疲労チェックのなかで

8行目に
・軽度のうつ、人生のすべてが虚しい

とありますが

人生のすべてが虚しいひとは 軽度のうつ ではないです・・・よね

 

・うつのような症状
・人生のすべてが虚しい    です。

 

そもそも うつと 副腎疲労は 概念が違うのです。
なのでこの文章は誤解を与えたと思います。

 

 

 

14行目の 夕食後やっと元気になるしごとがはかどらない


・夕食後やっと元気になる
・仕事がはかどらない

と改行していませんでした。

お詫びいたします。

 

 

 

 

そもそも うつと 副腎疲労は
似ているようで 発症機序が違うと言われています。

 

うつは ストレスによって 脳の神経伝達物質である「セロトニン」などが不足する病気です。
脳の疾患です。
心の病気、と一般では言われていますが。
心=気持ち は 脳が作っているのです。

うつの特徴は ストレスなどで脳が疲れて 何もしたくなくなる疾患です。
何に対しても意欲がないことが多いです。

 

 

 

そして副腎疲労は ストレスによって 副腎が疲労する病気です。
副腎は、血糖に関する働き、炎症を抑える働き、頑張る力のもとになる働きをしています。

 

ですので副腎疲労は
やる気、意欲はあっても 体が動かないことが特徴です。

鉛のように 身体が動かないこともあります。

 

 

 

でもどっちにしても 食事の偏り、栄養欠損があるのは否めません。

 

 

最初は 栄養状態が良くても、
いやなことだけ があって発症した  うつだとしても

いやなことが続いて~自律神経バランスを崩せば
消化管など 内臓のほとんどは自律神経によって支配されているのですから

消化も落ちて 栄養の吸収も悪くなります。

嫌なことがあると 食欲が落ちたり 胃が痛くなったり
便秘や下痢をしたりしませんか??

 

 

そうすると 栄養のバランスが落ちて
脳への栄養も低下するのです。=うつ。

 

負のスパイラルですね。

 

ストレスが続くと 栄養状態が悪くなる というのも成り立ってくるのです。

 

 

 

うつになるくらいのストレスの方は 副腎疲労にもなりやすいし
その逆もありき
副腎疲労になるくらいの方は うつにもなりやすい
と思います。

 

身体はつながっているから
連鎖するので。

 

 

でも、副腎疲労の初期は抗うつ薬が効きにくいでしょう。

今思えば 効いていない方が結構いました・・・
自分も効いてなかった・・・

ですが 抗不安薬 は効く人が多かったように思います。
アドレナリン過剰による 不安に効くということか???
(すみません、詳しいことは調べておきます)

 

それをやめたくて、という相談を受ける患者さんが多くなり
(特に、妊娠したい女性)

どうしたらやめられるのか試行錯誤しているうちに

オーソモレキュラーに であったのでした。

 

 

話がTeryからそれましたが

つまり 副腎疲労= うつ ではないのです。
でもとても似ているし 共存することもよくあるようです。

 

副腎疲労の場合 結構焦っている方が多いですね。
身体は動かないけれど
それで頑張りすぎる人がこれまた多い。
元気だったころの自分に戻りたいと焦る。

副腎疲労は栄養の他 休養が必須です。

 

うつもそうですけれど。休養です!!!

 

そして いい栄養を!!!

 

 

 

それではまた。