今年も宜しくお願いいたします

こんにちは。

 

お正月の感じがあまりしないまま年が明けました。

今年は、いろいろ発展させていきたいと思っていますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 

オーソモレキュラーをやって、この症状を理解してもらって本当によかった、と言われることが何より嬉しいです。

栄養療法と、メンタルケアはセットだと思っております。

というかメンタルケアはすべての医療において必要です。

 

 

お通じ次第で精神状態が変化する患者さんもいらっしゃいます。

精神状態によって自律神経が変化しますので
胃腸や動悸などに影響することもあります。

 

食事と腸内環境はつながっています。

クリスマスケーキを食べ過ぎててきめんにお腹の調子が悪くなったケースもあれば、

年末年始休暇でお餅などの糖質摂取ややや暴飲暴食傾向でも
きちんと睡眠を取り、精神リラックスできたので
心も穏やかで太らなかったというケースもあります。

 

患者さんが「便通をこんなに気にすることは今までなかったけれど、こんなに食べ物と便の状態が関係するとは!」とおっしゃっていました。

そうなのです。

口から入った物が消化をうけて、吸収されていく流れのなかで便が作られていくので

毎日おトイレできちんと便をチェックすることは一番簡単に自分でできる健康診断です。

毎日の便通をぜひ確認してください。

 

 

 

私の年末年始は、まぁまぁでした。

犬三昧で

 

毎年恒例の・・・

行ってきました(笑)。

来年で、カウントダウンおしまいにするんですって。

残念なような、
でも年末くらい家にいなさいよ という声も聞こえますし・・・

 

 

ということで

今年も宜しくお願いいたします。

ではまた。