えみセミナー

こんにちは。

もう梅雨明けしたのですね。

 

もともと夏は好きでしたが、ここまで暑いとなかなかに厳しいですね。

副腎疲労の患者様は、温度対応、気圧対応が難しいのでバテている方もおおいかもしれません。

空は青くて気持ていいのですが・・・

 

そして、今日は同じ敷地内で同じオーソモレキュラーをやっている

姉えみのセミナー第1回でした。

皆さん熱心に聞いてくださって、とても素敵な時間でした。

 

今後も定期的に(月末の土曜日)開催されますので

どうぞよろしくお願いいたします。

 

ではまた。

7/2月曜日、休診です。
ご迷惑をおかけいたします。

 

RIEクリニック

こんにちは。

今週末日曜日に「ヘルスフードマイスター協会」で講義します。

とても熱心な方が多いので、楽しい勉強会です。

 

ヘルスフード~も、もう9期です。

第1期から私も混ぜていただいております。
もっと勉強を頑張っていろいろ情報提供したいと思っております。

https://www.health-food-meister.com/

 

 

https://www.health-food-meister.com/協力講師紹介/

載ってました(笑)

 

 

 

このところいつもですが
温度差が激しいので体調管理にお気をつけください。

 

 

 

スタッフのすすめがあって、インスタ始めました。
https://www.instagram.com/rieclinic/

 

病院なので、画像にするものは意外と少ないのですが、
どうぞよろしくお願いいたします。

スタッフが聴いていると緊張しちゃってまったく指が動かないです。

っていうか練習しなさすぎ。

 

 

 

いつものクロちゃんです。

 

それではまた。

食べること

こんにちは。

 

RIEクリニックと同じ建物内の EMI CLINIC側の2階は、セミナールームです。

でももともとレストランだったので、ここでランチしています。

 あらためて、紺の服を着ているのが3姉妹の長女えみです。

オーソモレキュラーを始めるきっかけをくれた人です。

 

 

 

 

えみのお弁当。

えみは母譲りで、昔から料理好きでした。
私が病んで立ち直って「食事が大事」と目が覚めるまで、一切食事を作らずにすんでいたのも彼女と母のおかげです。

 

 

最近、私もマネして作るお弁当。
ブロッコリースプラウト、トマトと生姜とゴーヤのぬか漬け、ゆで卵。
その下にはキヌア、アマランサスなどを味付けしたものを混ぜて、しいてあります。

 

私、料理へたくそだし、栄養を語る割にはまだまだ料理の知識が少なくてお恥ずかしいのですが、とにかく食べることが本当に好きなのだと思います。

朝起きて、眠るまで、仕事や大切なことを考えるとき以外、かなり食べることを重視して生きてきた気がします。

それを無理に抑えたり、間違ったダイエットをしたり、
トラウマや自律神経などなどの問題がからんだりして なるべくしてなってしまった「摂食障害」です。

それについてはまたの機会におつたえします。

摂食障害の告白の会は、いつか本当に主催したいと思ってはいるのですが
なかなか実行できなくてすみません。

 

 

えみが、定期的にクリニックでセミナーを開催することにしました。

彼女は、身内ながら話するのが上手で、緊張したりせず流ちょうに講義をします。
ぜひ、女性の方だけでなく、男性の方、カップル、親子などでもご参加くださいませ。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

ではまた。

 

犬の話

こんばんは。

ブログに書くネタを毎日あたためつつも、なんとなく時間が過ぎる日々でした。

 

 

医療と全く関係ないのですが、最近知り合った患者様などにはお話ししていない、私と犬について書かせてください。
以前に書いたネタもあると思いますが。

 

私の家には物心ついた時から常に犬がいました。

譲っていただいた犬、近所の公園でいじめられてた犬(最近こういう光景を見ませんが)などいろいろなワンちゃんがいました。

でも私の医学部時代~研修時代、出産などの頃は「世話できないからダメ」という理由で空白があり(というか、いつも世話は100%じいやがやっていたのだけれど・・・)

それでもどうしても欲しくて、もう10年くらい昔、愛護センターで譲渡されました。
その時2番目の姉と譲渡会に参加したら、
あの「動物~~」の番組が取材にきており、ディレクターの方と目が合って

お!これは私カメラに写っちゃう!!!と舞い上がって
ベラベラ愛護犬について暑苦しく語りまくったら、ぜーんぶカットされて、

犬をだいてニコッとしている姉だけが放映されたというせつない思い出があります・・・

 

 

そして時が流れて
4年前、本当にいろいろなことがあって

やはり犬がどうしても欲しくて

雑種のクロちゃんは愛護センターから、

ボーダーコリーのシェリーちゃんは知り合いの方から譲り受けました。

 

2匹とも、本当に変わっていて(飼い主に似ているのではない!!)

いや、まぁそれはそれは大変な毎日でしたけど

いろいろな辛いことや寂しいことも彼女たちがいたから乗り越えられたと思います。

同じポーズ・体勢をしていることが多かったです。

 

 

やんちゃで穴ばかり掘るシェリー
ストレス溜まっていたのかもしれませんね。

 

いつも ケージからでてこないクロ(これは今でも)。
でも随分人とふれあえるようになって?きました

スタッフが「え、クロちゃんいるんですか?」と聞くくらい、いつも気配が感じられないクロちゃん

 

そんなこんなで ご縁があってやってきたラブラドールのラヴ人に愛されるお転婆ちゃん

 

ラヴは姉に主導を譲って、私がシェリクロを主に世話していました。

シェリクロは、常にセット。

シェリーがいると安心して後をついて行くクロ。

姉えみーと豪快に暮らしているラヴ。

 

 

 

しかし・・・

なんでシェリーちゃん、あんなに突然天使になっちゃったのかなぁ・・・
まだ3才で。

お昼まで、私の足下で甘えていたのに
夕方4時に家族に急に呼ばれたら、もう・・・

ずっと考えないようにしてきたけれど
いま、ふっと時間ができるとシェリーのことばかり思い出してしまいます。

♪なんでもないようなことが~しあわせだったと・・・♪
そんな歌の入ったCD聴くと、涙でます

 

 

人もペットも限りある命、運命というものがあって
それをカウンセリングをする仕事をしていますが

でも、やっぱり悲しいですね。

あまりに突然のお別れは、時間をかけて昇華していくことが大切なのですけれど。

もうすぐ7ヶ月。
今年はいろんな意味で慰霊祭をあらためてやりたいです。

 

 

 

きっとまた会えるでしょうし

残されたものは生きていかねばならないですし。

 

 

 

面白い3女のラヴちゃん 本当に愉快。

 

シェリー亡き後のクロの戸惑いもみていてせつなかったけれど、

最近、ラヴとの関係がまたうまく構築されていて
本当にみていて飽きないです。

 

今日はワンコの話でした。

またやる気をだして、
病名がつかない苦しみを抱えている栄養欠損、副腎疲労の患者さんに、
なにかお伝えできるよう頑張ります。

 

それではまた。

 

 

 

 

 

 

 

院内

こんにちは。

 

 

 

クリニックの写真を撮ってみました。

正面

玄関

連れてきた白雪姫

待合室

EMI CLINIC

セミナールーム

2階からの景色(この写真を撮った後に、河川敷の草が刈り取られてスッキリしています)

診察室

点滴室

 

まだいたらないところがあり、ご迷惑をおかけいたしますが
どうぞよろしくお願いいたします。

ではまた。