低血糖発作

こんにちは。

拒食過食、副腎疲労と低血糖。

どういう風にセミナーでまとめようか、考えまくっております。

 

 

 

低血糖の発作には手の震えや眠気、ぼーっとするなどがあり

その先に「アドレナリン」効果による、感情の乱れや、自律神経の乱れが起こりうるので

「狭心症のように胸が痛い」「過換気」「パニック」「吐き気」「まぶしい」
などなど いろいろな症状が起きます。

 

今日も、その騒ぎがありました。

デリケートで頑張り屋な方に多いです。
お腹が弱い方はなおさらです。

 

季節的に、職場や学校の人間関係が変わる。

そして温度変化もあるし、大変な時期です。

 

 

腸内環境を整えて、必要栄養素をとって、とにかく寝ましょう!

しつこいけれど、寝なきゃダメです。

辛い時は、休むのです。

休んだらダメ・・・という重圧に負けてしまうと、本当に病んでしまうこともありますから。

 

 

悪い見本が、私です。
すぐ、無理しそうになる。
断ればいいのに、休めばいいのに。
色々悩んで睡眠不足になると、また低血糖気味になって過食気味になる。

 

でもそんな時こそ、穏やかにいようと努めて、だしとってお味噌汁を飲むとかぬか漬けを頑張るようにしています。
あぶらも。

ビタミンやミネラルをとる。

そして、寝る。

笑う。

笑うと、すっきりしますから。

 

 

 

これは、知り合いの方が
クリニックの庭で咲いている桜と、
楽しく育てている🍀四葉のクローバーを キャンドルにしてくださったものです。

 

 

素敵ですよね~

 

 

 

 

これは、季節ごとにかわる手作りのお人形さんです。

ワンコ3匹のフィギュアを作ってくださった方の作品です。

 

手先が器用なのは本当にうらやましいです。

 

(と、つぶやくと「人には向き不向きがあるから、いいんですよ」と
ざっくりと言われることにも慣れました (笑)  )←それくらい手先はぶきっちょ・・・

 

みんな違ってみんないい♪って歌もありますしね。

とくに摂食障害で苦しみ、自分を肯定できないでいる患者さんからのお便りを読むと
本当に切なくなります。

どうか、副腎疲労と低血糖と解毒と腸、食べること という話題が

世の中にもっと広まりますよう、願っております。

 

ではまた。

 

 

 

 

医食のひろば 第11回

こんにちは。

桜が咲いていますねえ~

週末は見ごろでしょうか。

 

 

ところで

普段は穏やかなのに、急に切れる時はありませんか。

特に空腹時。
お昼の前。
お腹はそんなにすいてなくとも、夕方。
食べた後にお腹が異常に張ったり。

 

栄養欠損、オーソモレキュラーは今、副腎疲労、腸内環境や重金属デトックス、カビ、ストレスからの解放 なども話題になっており

正直 低血糖 とは何か という話題はDrの間では 当たり前的に?なっている気がするので
最近あまり 低血糖についてというセミナーをすることは減っていました。

 

 

一般的にはまだまだ 低血糖?なにそれ?お腹すいたら頭に糖が回らないから
ジュースとか飴とか舐めたら

ってことだけにしか理解されていないみたいです。

 

そういうことだけではないのです。

 

もちろん脳には糖を含む栄養が必要ですが
なんでそもそも低血糖になるか?

低血糖になった後の、精神状態がどうなるか?

低血糖を起こさないようにするにはどうしたらいいのか?

日々、栄養素をどうとっているか、それを消化吸収しているのか
邪魔しているものはないのか。

 

低血糖の原因として 副腎疲労、腸の炎症、歯の(口腔内の)トラブル、カビ、
知らずにたまった重金属、いろいろなトラウマ、
逃れられない人間関係、自律神経、 などなどが関係してくるのです。

 

低血糖は、常習化すると本当につらくせつないです。

低血糖症は、過食の原因にもなりますし、
低血糖による眠気、思考の低下などのほかに、
低血糖を起こしたばっかりに対応してくれているアドレナリン効果によって
異常に切れる、不安になる、恐怖心が起こる、動悸、パニック発作、緊張状態などなどがみられ

そのあとまたぐったりする などの症状が襲ってきます。

お腹の具合も悪化します。

 

低血糖にならないようにするには、普段からどう暮らしていくかが大切です。

低血糖がなかったら、精神疾患はかなり減るのではないかといわれております。

 

 

 

この話題をあえて今 リクエストがございましたので
えみとともに「医食のひろば」でお話しすることになりました。

 

2019.5.11(土曜日) 14:00~16:00(午後2時~4時)

RIE&EMIで開催いたします。

場所はEMIクリニックの2階セミナールームです。

入り口はRIEクリニックも EMICLINICも一緒です。

 

お問い合わせは EMI CLINIC 028-678-4396 または受付に直接

 

 

もしくは RIEクリニック 028-678-5957 RIEやスタッフにお声かけください。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

https://www.facebook.com/pg/emimedicinalinsights/posts/

 

ではまた。

 

 

 

R

こんにちは。

またご無沙汰しました。

 

先生、ブログ書いてくださいと ありがたいことに 最近も言われて
また頑張ります。

 

もう4月!

しかし桜の時期は夜冷えますね~

去年移転のときに買った桜が咲きました。

これは開花した先週の写真です。

クローバーも、冬季はショボーンと枯れかかったけれど
復活しました。

四葉🍀豊作!

そして我が家・わがクリニックの人気者クロ(クローバーちゃん)も健在
相変わらずおどおどしてますが・・・

 

3姉妹のウサギが再びそろいました(えみが持ってきてくれたので)

 EMI CLINICの入り口付近にいます。

 

そして、愛する3匹のワンコを 患者様が作ってきてくださいました!

 すばらしい。

シェリー、元気かなぁ?

 

新元号になって
なんの関係もないけれど
家族の中では「R」の時代だね! と勝手に盛り上がっております。

 

それではまた。