ストレスと蕁麻疹(じんましん)

こんにちは。

今年も後16日しかない・・・

何をして過ごしたのかよく覚えていないくらい
ただ忙しかった一年でした。

それでも雨の日以外は散歩だけは続いております。

寒い朝の、夜明けの太陽って、結構素敵です。

今朝は月もきれいに見えていました。

 

 

ところで、
ストレスがかかるとアトピー性皮膚炎が悪化したり
急に蕁麻疹が出たりすることは、診療上よくあります。

そういう経験をしたことがある方も増えているのではないでしょうか?

 

 

皮膚は目に見えるので、私たちが気を配り、コントロールしやすい臓器とも言えますが、その分 見た目のことに一喜一憂しやすいでしょう。

 

食物アレルギーもそうですが、
皮膚に起こるトラブルというものは 本当に多くの原因が関与していることもあり、とても奥が深いと感じます。

上記した「ストレスで蕁麻疹」のからくりで考えられることとして次のようなものがあります。

 

・自律神経の作動とそれにまつわる慢性化したストレス
ストレスといっても心理的なものから物理的・化学的なもの、多岐にわたります

・ストレスによる自律神経障害による血管や神経への影響
・ストレスによる胃腸障害によるトラブル
胃のもたれ、消化不良、便通異常、栄養の吸収障害、毒素の体内侵入

・いつも身体に炎症があることによる、『副腎』の疲労
副腎疲労が強いと、炎症を抑えられなくなるので皮膚炎が悪化しやすい
肌荒れや蕁麻疹が発症しやすく、治らない

特に何でも自分に抱え込んでしまうタイプの方は、ダメージを受けやすいです。

・アレルギー(これまた原因が様々)

・腸内の環境の乱れ
・重金属

・肝臓の解毒能力、栄養の補充状態
・血液の栄養状態 蛋白質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルのバランス
・適量の水分
・睡眠
・楽しいと思えること    が少ない

・怒りや不安に関係する「アドレナリン」が噴出しやすい(副腎機能と関連)

・蕁麻疹と関係する血液成分の働きの乱れ

 

こういう多くの要因のどれかが絡まり合っていると考えられます。

他の多くの疾患(うつやガン、発達障害etc)にも言えることですが、多くの疾患は、パズルピースがはまってしまったもの というたとえがあります。

もし一つ一つがたいしたことがなくても、ピースがはまって完成してしまうとなかなかにやっかいです。

どのピースがはまったら症状が出るのかは、個人差があるのですが腸内トラブルと重金属、精神ダメージがやはり問題でしょう。

そして、当院にいらっしゃる方で難治性の方々の持っているストレスは、本当にどうしたら解決策があるのだろうかと、答えが出ないことも多くて・・・

最近はつい「どうしたら気持ちを癒やせるか」のお話が中心になっています。

 

基本はストレスから逃げることです。

逃げるは~~というドラマが流行っているみたいですね。
私は観ていませんが、あのお話が連載されている月刊漫画雑誌は昔から読んでいるので知っております。
やはり漫画っておもしろい。

話題がそれましたが、私は最近 逃げることはちっとも恥でもないし
別の方向に行ったとしても 答えはまたきっと見つかる と思っています。

 

医学的にやれること

・せめて短時間でも自分の時間をもち、毎日リラックスできる環境にする

・寝る
・便通を快適なものにする

(快適な便通のためにはまた食事、睡眠、気分、運動、水分、対人、環境
と つながります)

・身体に害になるものは極力口にしない

・食事を見直す

・ビタミンCなどの点滴という手段もあります

・経皮吸収のマグネシウム(入浴剤)などを利用する

・リラックスしてお風呂に入る

・デトックス習慣をこころがける

・冷やさない

・笑う

・適度に運動する

などが基本と考えます。

これらのことは副腎のケアも同時におこなえます。

 

 

これは蕁麻疹に限った話ではないですが
ストレス緩和のためにもぜひ、生活習慣を見直してください。

皮膚トラブルがある方は疲れやすい ということが多いのも
身体はつながっていて
こういう事柄が、お互い影響し合っているからです。

嬉しい楽しいことがあると お肌の調子がよくなること
イヤなことがあると肌トラブルが起こること 表裏一体です。

 

年末で忙しくて 気が立っている方も多いように感じます。

様々な事故などに巻き込まれませんように、お気をつけください。

 

 

ではまた。

 

 

手強い花粉症 

こんばんは。

遅くに失礼いたします。

 

 

自称不定愁訴のデパートの自分が
花粉症がほとんどないのは奇跡です。

でもなんか危険な予感。

 

 

花粉症、結構みなさま ひどそうで・・・

 

 

 

花粉症は手強いです。

 

やはり腸内環境を整えることが大切で
善玉菌をたくさん摂ってほしいです。
ヨーグルトはケースバイケースです。

効果のある方もいらっしゃるし

 

アレルギーや、その他の理由で
あまりお勧めしないこともあります。

毎日毎日 同じものを食べるのはなんにせよよくないので
ヨーグルトも たまには食べない日も作ったほうがいいと思います。

 

最近は豆乳由来のものもありますね
これも毎日ではなく、まんべんなく。

 

もともと副腎疲労がありますと
副腎ホルモンは炎症を抑える作用がありますから
アレルギーを抑える力が弱まってしまいます。

 

その逆も考えねばならず
いつも炎症があると副腎がそれを抑えようとしますので
アレルギーがある方は副腎が疲労しやすくなります。

アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの
アレルギー疾患があると 副腎疲労の原因になるといわれています。

特に腸に炎症のありそうな方(便の状態が悪い)も要注意です。

 

鶏が先か卵が先か。

 

 

腸内環境がよろしくない方は けっこう 副腎疲労になりやすいので
ひどいアレルギー、花粉症がある方が

腸のカビや悪玉菌を育ててしまう 砂糖や精製されたものを食べると
悪化する原因になるのです。

 

ストレスがあって 疲れると アレルギーが悪化することにも
副腎は関係しています。

その他にも自律神経や 色々な作用が関係するのですけれど。

アレルギーは脂肪酸(あぶら)などもかかわってくるので。
ω-3系の 亜麻仁油やエゴマ油、EPAやDHAが抗アレルギーに役立ちます。

ビタミンCやD、A亜鉛、その他の栄養素も必要です。

 

 

疲れや食事の乱れで ある日突然花粉症が発症しないよう
要注意です。

 

 

心の治療とアレルギーの治療も基本は似ているのです。

腸と、リラックスと栄養と。

 

 

 

 

 

 

 

さて 親バカシリーズ♡

今日の朝 出かける時 寝ていた2匹。

 

 

ドアをあけたら

クロ(雑種?)は 我が道を行く感じで 去っていき
シェリー(ボーダーコリー)は

 

 

眠い・・・
眠いけど(仕方ない)見送るよ。

 

ってな感じで 目をあけました。

 

本当に仕方なさそうに。

 

 

IMG_0621 ね・眠い・・・

 

IMG_0622 どうしよう、眠い・・・

 

IMG_0623 やっぱりダメ 起きていられない。。。バタッ。

 

 

「え~寝ちゃうんだー」 と私が言ったら

 

IMG_0625 え、寝ちゃダメでしょうか。
ちょっと頑張ってみる(ふり?) と 目を開けたけれど・・・

 

 

IMG_0626 やっぱりダメ。寝ます。ZZZ。

 

 

 

って 写真撮りまくっても 起きませんでした(笑)

 

 

 

はー こんなことに癒されます。

 

ではまた。

 

 

アレルギー

こんにちは。

今日は暖かくなりました。

 

これから花粉症の季節なのですね。
花粉症やじんましん、アトピー性皮膚炎や喘息
その他のアレルギーにおいても

食事内容、腸内環境、毎日の生活習慣、ストレスなどは関与しています。

 

これらの関与、ということは
いつもお話している「副腎疲労」とアレルギーは深くかかわっているということです。

アレルギーを治す治療と副腎疲労を治す治療は似ています。

というか、副腎皮質ステロイドホルモン が
じんましんやアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎のお薬として
多く出されていることは皆様もご存じだと思います。

副腎ホルモンは私達の身体に存在しています。
副腎疲労が強いとアレルギーの治りは悪いでしょう(副腎皮質ステロイドは炎症を抑える効果があります)
ただし、副腎皮質ステロイドの乱用は副作用がありますし(過剰に恐れることは ほどほどに)
自分の副腎ホルモンの抑制につながる場合もあります。

 

 

砂糖や甘いものが好き、スナック菓子が好き、
野菜や良いあぶら、蛋白質などが好きではなく
ストレスまみれで 便秘か下痢、
睡眠不足で忙しい毎日
外食やファストフード、保存料などの添加物が多い食事

などが アレルギーを起こす可能性は大です。

副腎疲労を治す治療に準じれば アレルギーは寛解するはずです。

 

 

 

・まずはストレスを除くこと

・腸内環境を整えること
→善玉菌(乳酸菌、ビフィズス菌)を摂る 結構多めに
→精製糖質(砂糖やパン、麺類、スナック菓子などなど)を控える
腸内環境にも精製糖質は悪影響だからです

・添加物を減らしましょう。

・腸のためでなく精製糖質を減らすこと
甘くなくても。
飲み物の糖分はなぜかカウントしてもらえないので要注意:清涼飲料水、コーヒーのお砂糖、アルコール類、野菜ジュース、乳酸菌飲料の糖分の多い物など

・良いあぶらを摂る(EPA、DHA、亜麻仁油やエゴマ油など)

・悪いあぶらを減らす(マーガリンやショートニングなどのトランス脂肪酸、酸化したあぶら、質の悪いあぶら、ジャンクフード、スナック菓子、、、)

・亜鉛やマグネシウムなどのミネラルを補給する

・ビタミンDの抗アレルギー効果

・ビタミンCやBは副腎疲労を改善する 抗アレルギー作用

・適切な水分を摂りましょう。

・寝ることが大切 きちんと寝ましょう。

 

その他にもいろいろ 抗炎症 を促す栄養はたくさんありますが

まず毎日出来ることから行うとよろしいと思います。

 

何と言っても 腸内環境だと思います。

 

こってりと 善玉菌を摂取する。

食事の環境を改める。

 

・・・これがなかなかできないからこそ
なんとか 何かをプラスすることで良くならないかな、と思うのも人情、

何かをプラスして良くなる方も結構多いのですが

でもやはり 自分にマイナスになっているものを 減らす勇気も
必要と思います。

 

いきなりやめるのは無理でも 少しづつ少しづつ 減らすと
気がつくと元気。
ということもあります。
たかがアレルギー、されどアレルギーです。

 

ではまた。

 

IgG(遅延型)アレルギー

こんにちは。

なぜか急に 週刊誌やTVなどで遅延型アレルギーが取り上げられているようです。

食べてすぐに唇があれたり、かゆみやじんましんがでるとか
花粉やハウスダストなどを吸って そのあとくしゃみや鼻水、目のかゆみがでるものは
一般的にアレルギーといわれているのはIgE,即時型です。

それと比べて、ゆっくり反応が出るものを遅延型IgGアレルギーといいます。
かゆみや、アトピー性皮膚炎などの原因にもなりますが

遅延型アレルギー(IgG)は、その症状が肩こりや眠気、だるさや関節痛など
多様であるうえ、食べてから24時間から数日後以降に症状が出ることがあり、原因を特定することが困難です。

Ig G検査では、96項目にもおよぶ食品アレルギー項目を採血で検査し、
アレルギーとなる原因食品を見つけます。
慢性疲労や低血糖症は、IgGアレルギーの原因となる食べ物を除去することで
症状改善の手助けとなります。

慢性疲労症候群  低血糖  頭痛  気分障害
過敏性腸炎(慢性的な下痢や便秘) ニキビ
摂食障害  うつ 産後うつ  冷え性  じんましん 関節痛
アトピー性皮膚炎  糖尿病  不眠症  肥満
気管支喘息  発疹  消化器系障害  多動
繰り返す中耳炎  慢性関節リウマチなどの膠原病

などの原因につながるといわれています。

IMG_1865

IgG陽性の食材は、その重症度により3~ 6か月除去します。
あわせて腸管を大切にするために、乳酸菌などを使うこともあります。

普通に採血だけをする検査です。
食事や、採血時間は問いません。
日本で行われていない検査のため、費用と時間が若干かかります。
大抵のクリニックで3万円前後、結果が出るのに2-3週間前後です。

それと、ステロイド剤(内服・吸入・点鼻・塗り薬など)を使用している場合は
事前に相談してください。

当院で取り入れてから数年たち、何百人か?検査しましたが
「原因不明の難病」「どこを調べてもなんでもないけど身体が痛い」
などの訴えがある患者さんの多くに
このIgG遅延型食事アレルギーがあります。

たとえば お腹に良いからと365日ヨーグルトを摂るとか

私もよく言い続けてきた「糖質を控えるために、おやつにチーズや卵やナッツ類、豆腐」も
高血糖予防、低血糖予防にはいいのですが
それでも毎日同じものを摂るとアレルギーをおこすことになるので
たべるものを交互にする「フードローテーション」を行った方がいいと思います。
つまり、同じものを食べない日も必要なのです。

もともと 精製糖質、着色料、保存料などなどで腸内環境が弱っている方が
同じものを食べ続けるとなりやすいのかもしれません。

超元気で お腹も丈夫で という方に懇願して検査をしていただいたことがありますが
(健康な方でやってくれることは少ないので)
やはり 結果もきれいでした。

症状と原因は比例するということでしょうか。
除去食って難しいことも多いのですが
不定愁訴や 症状が改善されるのをみていると
ぜひとも頑張ってほしいと思います。

ではまた。