低血糖発作

こんにちは。

拒食過食、副腎疲労と低血糖。

どういう風にセミナーでまとめようか、考えまくっております。

 

 

 

低血糖の発作には手の震えや眠気、ぼーっとするなどがあり

その先に「アドレナリン」効果による、感情の乱れや、自律神経の乱れが起こりうるので

「狭心症のように胸が痛い」「過換気」「パニック」「吐き気」「まぶしい」
などなど いろいろな症状が起きます。

 

今日も、その騒ぎがありました。

デリケートで頑張り屋な方に多いです。
お腹が弱い方はなおさらです。

 

季節的に、職場や学校の人間関係が変わる。

そして温度変化もあるし、大変な時期です。

 

 

腸内環境を整えて、必要栄養素をとって、とにかく寝ましょう!

しつこいけれど、寝なきゃダメです。

辛い時は、休むのです。

休んだらダメ・・・という重圧に負けてしまうと、本当に病んでしまうこともありますから。

 

 

悪い見本が、私です。
すぐ、無理しそうになる。
断ればいいのに、休めばいいのに。
色々悩んで睡眠不足になると、また低血糖気味になって過食気味になる。

 

でもそんな時こそ、穏やかにいようと努めて、だしとってお味噌汁を飲むとかぬか漬けを頑張るようにしています。
あぶらも。

ビタミンやミネラルをとる。

そして、寝る。

笑う。

笑うと、すっきりしますから。

 

 

 

これは、知り合いの方が
クリニックの庭で咲いている桜と、
楽しく育てている🍀四葉のクローバーを キャンドルにしてくださったものです。

 

 

素敵ですよね~

 

 

 

 

これは、季節ごとにかわる手作りのお人形さんです。

ワンコ3匹のフィギュアを作ってくださった方の作品です。

 

手先が器用なのは本当にうらやましいです。

 

(と、つぶやくと「人には向き不向きがあるから、いいんですよ」と
ざっくりと言われることにも慣れました (笑)  )←それくらい手先はぶきっちょ・・・

 

みんな違ってみんないい♪って歌もありますしね。

とくに摂食障害で苦しみ、自分を肯定できないでいる患者さんからのお便りを読むと
本当に切なくなります。

どうか、副腎疲労と低血糖と解毒と腸、食べること という話題が

世の中にもっと広まりますよう、願っております。

 

ではまた。

 

 

 

 

医食のひろば 第11回

こんにちは。

桜が咲いていますねえ~

週末は見ごろでしょうか。

 

 

ところで

普段は穏やかなのに、急に切れる時はありませんか。

特に空腹時。
お昼の前。
お腹はそんなにすいてなくとも、夕方。
食べた後にお腹が異常に張ったり。

 

栄養欠損、オーソモレキュラーは今、副腎疲労、腸内環境や重金属デトックス、カビ、ストレスからの解放 なども話題になっており

正直 低血糖 とは何か という話題はDrの間では 当たり前的に?なっている気がするので
最近あまり 低血糖についてというセミナーをすることは減っていました。

 

 

一般的にはまだまだ 低血糖?なにそれ?お腹すいたら頭に糖が回らないから
ジュースとか飴とか舐めたら

ってことだけにしか理解されていないみたいです。

 

そういうことだけではないのです。

 

もちろん脳には糖を含む栄養が必要ですが
なんでそもそも低血糖になるか?

低血糖になった後の、精神状態がどうなるか?

低血糖を起こさないようにするにはどうしたらいいのか?

日々、栄養素をどうとっているか、それを消化吸収しているのか
邪魔しているものはないのか。

 

低血糖の原因として 副腎疲労、腸の炎症、歯の(口腔内の)トラブル、カビ、
知らずにたまった重金属、いろいろなトラウマ、
逃れられない人間関係、自律神経、 などなどが関係してくるのです。

 

低血糖は、常習化すると本当につらくせつないです。

低血糖症は、過食の原因にもなりますし、
低血糖による眠気、思考の低下などのほかに、
低血糖を起こしたばっかりに対応してくれているアドレナリン効果によって
異常に切れる、不安になる、恐怖心が起こる、動悸、パニック発作、緊張状態などなどがみられ

そのあとまたぐったりする などの症状が襲ってきます。

お腹の具合も悪化します。

 

低血糖にならないようにするには、普段からどう暮らしていくかが大切です。

低血糖がなかったら、精神疾患はかなり減るのではないかといわれております。

 

 

 

この話題をあえて今 リクエストがございましたので
えみとともに「医食のひろば」でお話しすることになりました。

 

2019.5.11(土曜日) 14:00~16:00(午後2時~4時)

RIE&EMIで開催いたします。

場所はEMIクリニックの2階セミナールームです。

入り口はRIEクリニックも EMICLINICも一緒です。

 

お問い合わせは EMI CLINIC 028-678-4396 または受付に直接

 

 

もしくは RIEクリニック 028-678-5957 RIEやスタッフにお声かけください。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

https://www.facebook.com/pg/emimedicinalinsights/posts/

 

ではまた。

 

 

 

TVで

こんばんは。

朝晩冷えますね。

でも今年はまだ雪が積もっていないので助かっております。

ただでさえ運転がうまくないのに、雪道の運転など・・・

 

ところで、先日たまたまテレビを見ていたところ、
認知症特集?のような番組をやっておりました。

詳しく覚えているわけではないのですが

・認知症の進行と、画像などの診断に隔たりがある

・疲れやすい

・前より怒りっぽい、壁からだれか見ている などという錯覚がある

・時間帯、薬の関係

など?がキーワードのようでした。

 

怒りっぽいのと、幻覚のようなもの、疲れやすい  かぁ~
まさか低血糖の副腎疲労だったりして~~ なーんてみていたら

とのことでした。

あ、別に これが当たったからという自慢しているわけではないです。

 

 

でも「は?副腎て何ですか?」という会話がまだ当たり前なので
テレビで副腎 を取り上げていただけるのは私はうれしく感じます。

いろいろな病気の原因として、一部に低血糖や副腎も関与するということが
少しでも広がっていくといいなと願っています。

 

 

お正月の後、体調を戻すのに時間がかかるわ~とお話されていた患者さんがいらっしゃいました。

どうしても、精製糖質やアルコール、帰省や移動、もしくは風邪、インフルエンザなどの要因によって副腎疲労が悪化することがあります。

原因不明の疲労感、自分でコントロールできないほどの感情の起伏(ブチ切れるなど)が、血糖障害で起こっているのであれば
日々の食習慣、生活を見直すことが大切になります。

低血糖発作の ブチン!と感情の糸が切れる感じ、
そのあとの罪悪感、
不安感や恐怖感、疲労感は結構つらくせつないです。

人格が変わったのでは?
もう一人の自分がいる? というくらい
激変することもあります。

 

低血糖は、さらにジャンクフードなどの「すぐに血糖をあげる食べ物」を欲しますので
悪循環が続きます。

 

ぜひ穏やかな気持ちで生きていくために
血糖値を安定させましょう。

それには、必要栄養素をまんべんなく摂取していただきたいと思います。

 

ではまた。

 

 

吐き出したいもの

こんばんは。

ずっとパソコンが不調で、大変でした。

やっと使えるように・・・

 

 

ところで
なかなかお返事できずにいたのですが、最近ブログのコメントをいただきまして
その記事が2014年。懐かしいです。

 

こんなこと私書いてたのですね(笑)

血糖障害や有害物質などの情報はおおむね変わりませんが

腸内環境と発酵食品については様々な情報が増えてきています。

もっともっと勉強しないと・・・と痛感しております。

 

 

摂食障害の治療にも、腸内環境はとても重要な関係があります。

栄養の吸収に関与するからです。

まずは腸内環境を整えることです。

善玉菌や消化酵素、亜鉛、EPAなどが必要になります。

最近、過敏性腸症候群の患者様には善玉菌でも種類をよく選ばないと
一向によくならないケースもみられます。

でもまずは精製糖やジャンクフードを減らして、腸内を整えましょう。
(たまには、息抜きにいいと思いますが)

 

 

摂食障害に低血糖は確実に関係していることが多いです。

低血糖というか 血糖調節異常。

血糖値が上がったり下がったり
もっと重度の場合は相当乱高下します。

そのたびに頭がぼーっとしたり
眠気、胃腸の痛み、吐き気、手の震え、胸痛、背部痛などがみられることがあります。

そして無性にイライラするとか、キレる、ものすごい不安感、恐怖感、パニック発作、猛烈な悲しみなどが襲います。

血糖障害の他に蛋白質、脂質、ビタミンやミネラルなどの栄養不足によって思考の混乱があり
何をどうしたらいいのかわからなくなっている場合もあります。

摂食障害は、太りたくないということが大前提にあり
でもその原因は本当に様々です。

実際に肥満になった過去、気軽なダイエットのつもりがやり方を間違って栄養不足になり、痩せないどころか精神的に参ってしまうという話は有名です。

その他、周囲との人間関係のなかで 劣等感が強い場合もしくは否定をされ続け、肯定されない人生を送ってきたことに対する反発がみられることも多々あります。

食べることは生きるために必要で、楽しくおいしいものであるはずなのですが
それを痩せる・食べないことで自分をコントロールしようとしてしまう。

吐き出したいのは 食べ物?
憎いのは、ぽっちゃりの原因になっている皮下脂肪なのでしょうか?
(ゴムのズボンしか履けないとか、妊婦に間違われるとか ガーン・・・ですけれど、笑い飛ばせることかもしれませんよ)

 

 

 

本当は、吐き出してしまいたいものは 別のところにもあって

それを認められる人もいらっしゃるけれど、
無意識に(無意識と思い込んで?)認めないケースもあります。

認めることが怖いのかもしれませんね。

オーソモレキュラーで、とりあえず心身(脳にも)必要な栄養素を入れること、
腸内環境を整えることで、太ることはないからやってみて欲しいのですが

それでも、怖い。

助けて欲しい、このひどい環境から抜けたいと思っていても
治ることがぴんとこないし、治ることを漠然と拒否されています。

治るのが怖い、って 不思議かもしれませんが
本当によくあることなのです。

 

その恐怖、同じ思いをしている方はとてもたくさいらっしゃるはずなので
孤独感に負けないで、
食べても大丈夫という気持ちになれますように。

人生は一度きりです。

 

気に食わない環境から、逃げられることが一番です。

逃げられないからこんなことになっている!という方も
どうにかして、怒りを発散させる、気持ちを分かってくれる方を見つける、
とりあえず体によさそうなものを少しでも食べてみる

叫びのツボでも買ってみる(笑)←家族にも友人にも やめろと笑われたけれど・・・

叫べないのもつらいんですから。。。

 

ではまた。

 

 

副腎と低血糖の負のスパイラル

今年の夏

こんばんは。

 

今年も酷暑ですね。

毎朝の水やりだけで、メイクが台無しになる汗をかくほど暑いです。

今日は幾分涼しいかと思いましたが、それでも朝のお水あげタイムは蒸し暑くて
汗だくになってしまいました。

副腎疲労でミネラルバランスを崩しやすい方も多いかもしれません、
水分とミネラルをきちんと摂取すること、お勧めです。

副腎疲労や栄養の不足があると、自律神経バランス調節がうまくいかないので、
温度や湿度、気圧などの変化について行くことができません。

本当にヘロヘロになってしまう方もいらっしゃいます。

好きでごろごろしているワケではない患者様も多いので
ぜひ周囲の方に理解と見守りをしていただけたらと思います。

 

さっき夕方のお水あげのために外に出たら、今度はすごく涼しい。

有り難いけれど 自律神経もこの温度の差に大変だ・・・と思います。

 

 

 

鶴田に移ってから、めまぐるしく時間が過ぎます。

それでも、いつもの夏の風物詩、「梅干し」頑張りました。

 

 

イチゴが!

 

 チラ見クロちゃん

 

 

もうあさってのセミナーのお知らせですが、姉が毎月土曜日に行なっています。

女性の方だけでなく、ぜひ男性の方も
ご家族やパートナー様の体調などについて一緒に学んでみませんか。

女性のホルモンバランスを理解できると
なんでイライラしてるのか
なんか具合悪そう などの理由がわかって

関係がうまくいくのに役立ちます!

好きでイライラしているわけではない女性がたくさんいらっしゃいます。

 

低血糖・副腎疲労が強いと卵巣ホルモンも巻き込んで 感情が乱れます。

自分で言うのもなんですが こんな穏やかに?人に怒らなくなったのが不思議です。

10年前の私は 常に不機嫌 一触即発状態 性格悪い
かなりキツイ怒りん坊だったなぁ~ と懐かしく思います。

けっこうな 嫌われ母親だったと懺悔です。

 

毎日の食事、睡眠、運動、栄養、自律神経

そういう物を調整して
怒りなどの無駄なエネルギーを使わずに済むと ラクですよ。

 

 

 

それではまた。

えみセミナー

こんにちは。

もう梅雨明けしたのですね。

 

もともと夏は好きでしたが、ここまで暑いとなかなかに厳しいですね。

副腎疲労の患者様は、温度対応、気圧対応が難しいのでバテている方もおおいかもしれません。

空は青くて気持ていいのですが・・・

 

そして、今日は同じ敷地内で同じオーソモレキュラーをやっている

姉えみのセミナー第1回でした。

皆さん熱心に聞いてくださって、とても素敵な時間でした。

 

今後も定期的に(月末の土曜日)開催されますので

どうぞよろしくお願いいたします。

 

ではまた。

7/2月曜日、休診です。
ご迷惑をおかけいたします。

 

食べること

こんにちは。

 

RIEクリニックと同じ建物内の EMI CLINIC側の2階は、セミナールームです。

でももともとレストランだったので、ここでランチしています。

 あらためて、紺の服を着ているのが3姉妹の長女えみです。

オーソモレキュラーを始めるきっかけをくれた人です。

 

 

 

 

えみのお弁当。

えみは母譲りで、昔から料理好きでした。
私が病んで立ち直って「食事が大事」と目が覚めるまで、一切食事を作らずにすんでいたのも彼女と母のおかげです。

 

 

最近、私もマネして作るお弁当。
ブロッコリースプラウト、トマトと生姜とゴーヤのぬか漬け、ゆで卵。
その下にはキヌア、アマランサスなどを味付けしたものを混ぜて、しいてあります。

 

私、料理へたくそだし、栄養を語る割にはまだまだ料理の知識が少なくてお恥ずかしいのですが、とにかく食べることが本当に好きなのだと思います。

朝起きて、眠るまで、仕事や大切なことを考えるとき以外、かなり食べることを重視して生きてきた気がします。

それを無理に抑えたり、間違ったダイエットをしたり、
トラウマや自律神経などなどの問題がからんだりして なるべくしてなってしまった「摂食障害」です。

それについてはまたの機会におつたえします。

摂食障害の告白の会は、いつか本当に主催したいと思ってはいるのですが
なかなか実行できなくてすみません。

 

 

えみが、定期的にクリニックでセミナーを開催することにしました。

彼女は、身内ながら話するのが上手で、緊張したりせず流ちょうに講義をします。
ぜひ、女性の方だけでなく、男性の方、カップル、親子などでもご参加くださいませ。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

ではまた。

 

川沿い

こんにちは。

鶴田に移転して3週目になりました。

不慣れなことも多く、患者様や関係者の皆様にご迷惑をおかけしたこと、お詫び申し上げます。

 

なんだかバタバタしたような、でも時間が穏やかに流れている感じがします。

 

いつかウォーターフロントで暮らすか仕事がしたいと漠然と思っていたことがあって

そういえばここは川縁でした。

この雑草についてはもう少ししたら公的に対策をしてくれるそうです。

 

半田醫院時代から病院周りのすべてを手伝ってくれている私の叔父も健在で(一部の患者様に人気らしいW)

少しはいろいろ手伝おうと叔父より早く朝来ようと思っても
いつも出遅れてしまいます。

 

しかも 私はお花にホースシャワーで水を普通に毎日あげているのですが

「もっと丁寧にあげないと花の頭が垂れてしまう」 とだめ出しされて

今日こそきちんとやり遂げようと早起きしてきたのに
さらに叔父は朝が早く、また先を越されました・・・(笑)

 

居心地のよいクリニックであるために努力します。

ではまた。

 

 

 

患者さんの会

こんばんは。

もうすぐこの仕事について20年が経ちます。

「あまり行きたくない場所」とよく言われます。

そして、多くの方は「病気であることを隠す」。

 

心を病んだ方は、人に知られたくないとか、家族に恥ずかしいから隠せといわれたとか
ガンの方は「会社がつぶれてしまうと思われる」などの理由で、誰にも言って欲しくないと相談されたことがあります。

 

こういうケースのほか、今当院にいらしている患者さんに「私だけが変なのかも」と自分を責めている方が多くて、

朝起きられない、怠けているわけではない、急に息が吸えなくなる、光がまぶしい、背中が痛い、手が震える、電車が怖い、こだわりが強い など

こういう症状があって、病院で調べても何でもないと言われる病態。

苦しんでいらっしゃいます。

 

患者さん同士で話題を分かち合えたら、と思って「低血糖の会」を作ってもう数年、
ほとんど活動しないできましたが

来年こそ!たまに開催しますね

低血糖・副腎疲労・栄養欠損の会
女性の不定愁訴の会
未病の会

 

考え中です。

 

 

そういえばもうすぐクリスマスですね!

食事が不規則になりがちですが、あまりストレスにならないよう楽しんでください。

 

 

こんな物を作ってしまった(笑)
ただの親ばか。

 

ではまた。

PTSDと栄養素

こんにちは。

今朝は本当に寒かったです!!!

さすがに散歩はあきらめたい・・・マイナス4度

でもあきらめてくれないのが犬というもの。

 

 

残されたクロちゃんのためにも、自分のためにも、できる限り散歩も、一緒のお出かけも、ギューも続けたいと思っています。

シェリーの件から、まだ3週間しか過ぎていないです。

 

今でもまだ信じられないような、何かの間違いではないのかしら?
と思うことも。

でも、すべてのことには意味があって、これを乗り越えないといけないなぁーと
いろいろ考えております。

 

 

先日も書きましたが、

副腎疲労には元からのストレス、栄養の偏り、
腸内環境の乱れ、有害重金属の蓄積、肝機能解毒の低下、
蛋白代謝の低下、血糖障害、脂質のアンバランス、
ミネラルの不足そのたいろいろなことが関わってきます。

副腎疲労・栄養欠損があるとPTSD(心的外傷後ストレス障害)は結構長く、深く続くと言われています。

悲しみが続くことを否定することもなく、我慢する必要もないのですけれど、(たくさん泣く、愚痴るのも必要と考えます)

ひどく悲しいときに食事をおろそかにしたり、睡眠不足になったり、甘い物やお酒などで晴らそうとしたりすると
ますます悲しみがひどくなることもありますし、
ひどいときには過換気を起こしますので要注意です。

過換気は、突然やってきて本当に死んでしまうのではないかと思うほどに苦しい病態です。

過換気などの症状と、PTSDも深く関わっています。

患者さんの血液の傾向として、低蛋白があり、低コレステロールや低中性脂肪、
腎機能と言われている血液尿素窒素(BUN)=蛋白質の代謝の指標が異常に低い、肝機能の低値、
低血糖、亜鉛の不足、赤血球の大きさのアンバランスなどがみられることが多いです。

逆に言えば、こういう栄養状態が気持ち=脳細胞などを支えているとも言えます。

 

今年も、多くの慢性疲労や心の問題、過換気やパニックの方と会いました。

辛い症状をとって欲しい、というのがもちろん一番の主訴ですが
結構皆様「原因不明、気のせい」と言われていることがもっと辛いので

 

ご自身の身体や血液、自律神経との関係などの説明をすると「理由がわかることで安心しました」とおっしゃいます。

それだけでも救われることもあります。

もちろん、そこからどう治るかは、かなり個人差がありまして
患者さんと綿密に相談して、やれることからやっていきます。

 

低栄養から復活するには2-3日の短期間では無理ですけれど、コツコツ継続することで何らかの改善がみられますので、あきらめないで欲しいと思います。
まずすることは、便通を確保することと、食事と水分摂取、睡眠と
何かリラックスできることを見つけることでしょう。

身体に優しい入浴剤などを使って、ゆっくりお風呂に入ってみることもお勧めです。

 

上目遣いのクロちゃん。

 

ではまた。