漢方

いま わたしの脳内(仕事の) 7割は ビタミンミネラルなど
オーソモレキュラーを占めていますが
実は 原点は 漢方。
漢方にももっと時間を割いて
勉強したいのですが・・・
しかし
治療にも相性がありますが
女性特有の ほてりや 理由のないイライラ  冷え などには
漢方は いいですねえ。
風邪の初期にも 本当にいいと思います
便秘とか。
サプリと漢方 両方いけると 理想です・・・
そういえば 今日質問をうけました
そもそも何科にかかったらいいのかわからない。
その症状が 「便秘」 っていうかたと 「痔」ってかたでした
便秘は 普通にどんな内科でも大丈夫です
 
痔は確かにみなさん悩みますね
消化器を専攻されている先生なら大抵大丈夫です。
そうか・・・便秘は どこへ受診したらいいのか悩むのですね。
若い女性の患者さんだと 便秘も
 先生に言うのが恥ずかしいって方がいらっしゃいますが。
大丈夫です
ふつう ドクターというものは
患者さんが思うほど 恥ずかしがることありません
それは胸だろうと お尻だろうと。
そういう仕事なのですから・・・
あとは 職業歴とか 言わない方もいますが
それで 考える疾患もあるのです
隠さなくて大丈夫です・・・
あと 性生活もね。
やはりまだまだ 日本ではオープンにはできない問題ですね。
漢方から話題がそれてしまった。
今日は これにて。

漢方

台風!
なんかのろのろ らしいですね。
台風で影響を受ける患者さん・・・
それは よく喘息の方に多いのです。
台風や 気圧の大きな変化があると
喘息発作の患者さんは 増えるのですよ。
それはさておき
これは以前お話したでしょうか・・・
えみも私も 一番最初の 統合医療の始まりは
「漢方」だったのです。
私がうちに戻った時
すでにえみが 外来を手伝っていたので
女性の患者さん が やはり多かったこともあって
そしてもともとえみが興味があって
東洋医学の話を聞く機会があり・・・
漢方入門のセミナーなど
よくいきました。
西洋の治療に向いている症例と
東洋医学に向いている症例とがありますが
この数年 なるべく 向精神薬は使わない方向で
の中で
やはり漢方 使いやすいです
最近は オーソモレキュラーの啓蒙に一生懸命でしたが
私としては
ベース身体作り に オーソモレキュラーをぜひとりいれて
その一環として 漢方も 希望があれば
というスタンスを とりたいとおもっています。
「漢方だけで全てお願いします」というのは
それぞれの特性があるので・・・
難しいと 私は思うのですが・・・
(もちろん 症状によってです。)
そのあたりを お悩みの方は
どうぞお問い合わせください ですし
お電話でわかりにくい 場合は
診察の前に スタッフが 対応(無料で)しますので
お気軽に ご来院ください。
もちろん漢方も 薬剤であるので
なんでもOKというわけではありません。
それから 院外薬局の薬剤説明書 に書かれる 適応症だけが
あてはまるわけではない ということを
ぜいひ ご理解ください。
長く内服するものと
短期間で変更していくものと
漢方も その都度変更します。
同じような症状でも 体格が違ったり『証』が違うと
違う漢方になる・・・
は最近は結構浸透してきましたでしょうか。
これからも たまには漢方の話も
していきますね。
たしかに PMSや 更年期症状には使いやすいです
あとは便秘や 風邪にも・・・
ではまた。