容量

こんばんは。

 

どんなことでもいいので
笑っていらっしゃいますか?

笑うと 身体、精神にいいことがあるので
マンがでもいいし 自分の言うつまらないことで自分が笑う、でもいいので

毎日、意識してほしいと思います。

ものすごく つらいときこそ
ぜひ。

 

 

ところで、
人間には、キャパ(容量)があると思います。
そんなにいつまでも無理がきくものではないと思います。

(自分の苦手な)コンピューターと似ているような。

 

 

容量があります。

そして、使った(生きた)年数、仕事量。

環境。

使う人と、その勝手。

メンテナンスしてくれる専門アドバイザーがいると救われます。

 

 

もちろん人間は もっと繊細で
もっと、臨機応変なものですが

容量や機械本体の域を超えて頑張りすぎるから 病気になるのではないでしょうか。

 

容量は個人差がありますし

それを邪魔する何かの不具合もそれぞれ。

パソコンは 本体の寿命になる前にも
容量を超えてため込んでしまい
仕事量が多いと 動きが悪いですし
メンテナンスがよくないと ??

というか 使う人の使い方や問題も?あって(笑)
故障します。

 

 

パソコンだって
電源切って休ませれば治るものではないでしょう。

 

 

でも、人間は、 休んだり リラックスしたりすると
自己治癒力がある生き物です。

その治癒力や、免疫力のために
笑ったり、きちんと寝たり、きちんと食べたり、
出すものは出したりすること(排泄物も、感情も)

そういうメンテナンスが 大切だと思います。

そして、アドバイザーを見つけてください。

 

逆に言えば

きちんと休んだり、メンテナンスしたりしないで
無理して故障したのに

この部品が合わないから すぐ交換すればいいというものでもないです。

 

 

食べ物、口から入るもの、生活環境ももちろん大切ですが

気持ち、やること、仕事量(家事ももちろん)、
生まれ持ったもの、環境、年齢などの
ご自身の体力、精神力など=キャパシティ(容量)を考えてほしいと思います。

これくらい平気と無理を重ねれば 容量を超えます。
壊れます。

個人差、自律神経、食べ物、遺伝、性格、環境
いろいろありますが

人間は無理すると壊れます。

 

必ず、自分の身体、気持ち、食欲、睡眠、運動、
運動、性欲、排泄、その他のいろいろなことを含めて
できる範囲で暮らしていただきたいと思います。

 

毎日できることは

腸にいいものを食べる。
善玉菌、食物繊維、水分などなど。
ストレスはためない。

無理しすぎることは、やはりよくないです。

にんげんですから。

 

 

 

不必要な添加物や不純物を減らす

早く寝る。

でもやっぱり、一番の悪?は??ストレス?

笑って暮らしたいですね。

 

 

 

そして、いろいろなこと の 答えは一つではないです。

答えは、二つどころか 無限にあると思います。

 

ではまた。

 

 

 

おまけ

IMG_2086

 

少し前の写真です。
無我夢中、という感じ。

ちょっとコワイ(笑)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP