自己紹介 漢方・栄養

今日は涼しいですね って 30度で涼しく感じる という時点で
今年は何か 感覚がずれておりますねえ。

この暑さで 我が家のFAXが壊れ?
機器にも「熱中症が!?」 と 驚いてしましましたが・・・
電気関係の方の話では 今年の気象は異常だからと・・・


 


さて
当院の紹介を少し いたします。

もとは祖父~父の代は 外科で約100床ベッドを持つ病院でした。。
姉のえみと私は 地元の独協医科大学 呼吸器・アレルギー内科の医局勤務を経た後
当院勤務となり、現在のクリニックの体制になりました。



気管支喘息・肺気腫・花粉症・アトピー性皮膚炎など
アレルギーを中心に 一般内科として診療してまいりました。





私も姉も女性なので(3姉妹です)
徐々に女性の患者さんが増え

いろいろな 女性の疾患を 年齢を問わずに診てまいり
そしてその都度 いろいろな勉強をしました






女性といっても 月経・妊娠・出産・更年期・閉経そのほか
いろいろな年齢層・症状の方がいらっしゃいます





そのなかで最初に姉と私が興味を持ったのが漢方でした。


私はもとは 西洋治療の修行しかしていなかったのですが

妊娠している・・・・けれど風邪をひいたから うち(内科)へ来ました。

とか

授乳中だけれど 胃が痛い・・・
なんか 気分がすぐれない・・・

といったケースを診るうちに、漢方の処方が増え、勉強をし







そして
あまりに「元気がない」女性の患者さんが多いことに気がつき

いろいろな過程を経て

「栄養」の偏りが起こす 隠れた疾患があることを知り
それを治療するための「オーソモレキュラー=分子整合栄養医学」との出会い
が 訪れたのです。




栄養学 については またゆっくり お話したいと思います。



最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP