キレなくなる

こんにちは。
 
今日の便の具合はよかったですか?
食事は美味しいですか?
朝は起きられましたか?
絶望感はないですか?
ストレスとうまく付き合えそうですか?
今日はキレずに過ごせそうですか?
 
 
これらの事柄は、健康な方からすると
何を当たり前のことを・・・ということですが
副腎疲労・低血糖があって 栄養欠損があって 重金属がたまっている人にとっては
ものすごく縁の遠いことです。
そんな快適な生活は 時空の彼方?
と思うものです。
 
 
ストレスをなくす とよく言ってきましたが
なくせるくらいなら 副腎疲労になっていない。
そういう患者さんでいっぱいです。
なので、思い直して
ストレスとうまく付き合う。
または、たまに発散させる。
誰かに愚痴って聞いてもらう。
気にしないふりをする。
 
くらいの ストレスとの付き合い方も必要なのかなぁ・・・
この日本社会においては。
とカウンセリングするようにしています。
 
 
 
最近、患者さんに「私の産後のキレ具合は相当で 鬼だの悪魔だの言われてましたよ」
と言ったら
そんなキレるようには見えません~と言われて嬉しい限りです。
いや、結構我ながらすごかったです、
ここでは書けないような 家族もハラハラするくらいの・・・
 
 
キレなくなったとすれば 本当にオーソモレキュラー栄養療法のおかげです。
心の在り方も気を付けてはいますが
考え方も脳(心)の活動ですから
食べたもの、血液、ホルモンなどで変えることが可能だと思います。
 
 
私が気を付けたのは ジャンクフードを続けないこと、
(結構テキトーでもあるので、食べるときは食べます)
もし食べたら次の食事は、いいものにする。
空腹時に糖質だけを食べることはしない。
とにかく 便通を確保するために
乳酸菌・ビフィズス菌をとる
蛋白質を摂る
野菜を摂る
あぶらのいいものを食べる
そして 笑う。
好きなことを5分でもする。
(運動をちょっとでもする。)← 弱気。。。
です。
 
 
大抵の患者さんがそうであるように
最初の頃は 先の見えない闇にいるようでしたが
今、辛いことがあって凹んでも 寝れば治る、
身体にやさしいものを食べて
ギャグを連発していれば治りがはやい。
そういう風に 栄養が脳を、身体を変えてくれました。
 
いつもここで書いているのは 単に私一人の奇跡の体験なのではなく
栄養学、人の解剖学、生理学に基づいて
多くの先生方が実践されて 多くの患者さんが実感されたことです。
 
いま 辛い方の希望になればと思います。
 
食事を気を付けていたって ストレスが多大ならば疾患に負けますけれど。
でも、改善の手立ての一つになると思います。
 
 
しいて言えば・・・食べ物に興味がない方は
ちょっと辛い治療かもしれません。
 
料理が嫌いで 案が浮かばない方には
「困った時の鍋料理」です。
何でもいいので、鍋。
残ったら次の日にアレンジできますしね。
 
 
 
 
でも、患者さんがたまたま続けて「先生ありがとうございます」と
言ってくださって・・・
食事と生活を変えて (点滴もしたりしますが)改善したうつの方や
肌荒れが治った方をみると
やっぱりくじけないで続けて行こうという気分になります!
やっぱり、もっと食事と生活習慣を正す ということを
広める必要性があると思いました。
 
腸内環境を治すことです!
発酵食品を摂っていくことです。
 
 
そして笑っていましょう。
副腎疲労もひどいと笑いたくもないかもしれませんが・・・
でも笑う。
 
 
ではまた。
 
 
 
 
 
 
 

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • よしこ
    • 2014年 9月 19日

    理絵先生、こんにちは。
    以前、先生にココでご指導いただいたのに、副腎疲労と低血糖の症状が、ストレスによって悪化し、再び休職を余儀なくされてしまいました。(現在は回復に向かっています)
    繰り返してしまった原因を考えますと、私の完璧主義な考え方と同僚に助けをもとめられないプライドなどが主な原因だったように思います。
    良い加減(ちょっといいかげん)で仕事をして、楽しいことを優先的に行い、苦しい時は助けを呼べるように変わろうと決意しています。

      • rie
      • 2014年 9月 22日

      >よしこ様
      こんにちは。
      お久しぶりです。
      完璧主義・・・わかります。
      そういう気質の方が やっぱりなりやすいのですよね
      栄養で性格は変わるのでは?と言っていますが
      基本の気質ってなかなか変わらないですものね。
      でも、栄養状態はやっぱり脳に大切ですから
      そしてきちんと休みましょう。
      人間って プライドと言うものがあるから 面倒ですよねー。
      理絵

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP