RIEクリニック

こんにちは。

毎日があっという間に過ぎていきます。

でも、毎日の食事、飲み物、肌から入る物などが自分の身体を作っていることを忘れずにコツコツと栄養療法を継続したいと思っております。
本当に辛い症状から、栄養で改善されることもあるので・・・

 

 

 

ところで、RIEクリニックではお昼休みを完全交代制としておりますので
昼休みの時間帯に重なっても、点滴を受けていただくことが可能です。
(初診の方を除く)

どうぞお電話でご予約ください。

 

 

ではまた。

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • くらた
    • 2018年 5月 28日

    こんばんは、初めまして。コメントも初めましてです。
    副腎疲労のキーワードから先生のブログにたどり着きました。かなり身体も精神的にもしんどく、いつもなんでこんなにしんどいのかの答えを見つけた気持ちです。おそらくはこれだと思いました。夜遅くまで起きていると食べたくなったりと参っています。
    前記事は2014年でしたので、内容として違いますがこちらに投稿させていただきます。栃木よりとても遠いところに住んでいます。副腎疲労をなんとか治したいです。記事更新楽しみにしていますm(_ _)m

      • rie
      • 2018年 6月 04日

      >くらた 様
      初めまして。
      コメントありがとうございます。
      お返事遅くなってしまい申し訳ございません。

      副腎疲労の方は、かなりいらっしゃると考えられています。

      頑張っているはずなのに、だるくて動けないので
      気の持ちようだとか やる気の問題と言われるととてもせつないものがあります。

      そもそも割と真面目に物事をやろうとする傾向にある方が多いので
      なんでこんなに動けないのだろうとご自分を責めていることが多いです。

      メンタルのこと、自律神経が関係する多くのもの・・・食べ物、消化、吸収、特に腸内環境、毒素、解毒能力、環境などなど

      これらが自分の細胞に深く影響しているということ、
      身体を全体的に考えて根本を見直すことが大切です。

      今できることを小さなことから始めるとよろしいと思います。

      いきなりいろいろ急激に変えると、疲れてしまいますので。

      またよろしくお願いいたします。

      理絵

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP