感染

お寒うございます。
風邪が流行ってまいりましたね。
風邪といえば・・・
「風邪ひいたので 抗生剤ください」
という方が今でも結構いらっしゃいますが・・・・・・・・
必要な時と必要でないときと あるのです
なぜなら風邪は
すべてが菌のしわざではないのです
しわざのときもありますがウィルスの時が多いのです。
菌  VS   ウィルス   です。
違うものなのです!!!
菌には効くけど(耐性菌があるけれど)
ウィルスには効かない。
出身の医局 呼吸器アレルギー内科で
不必要な抗生剤の投与はよくない

よく 研修医のころ
患者さんの 痰にある菌の染色をしたり
(何の菌か判断するため)
白血球数やCRPなどの炎症所見、
全身状態をみたりしてからきちんと 抗生剤は投与するように
と教わりましたし
それが 身についています
開業の立場になって
さらに そう思います
けっこう患者さんのみなさん抗生剤飲んでて!!
皮膚疾患で 10年
耳で数年
え?10年???
いや、大切な薬です 抗生剤は。
人の命が どれだけ 救われたか。
だから
菌 の関与のために
的確に 使うべきではないでしょうか。
うちでは
「治る気がするからください」って言われることが
大学と違って 結構多いです。
気がするって・・・
わたしも 肺炎や 膀胱炎 腎炎
菌の関与の時は使います
気管支炎なども
でも・・・
でも「抗生剤を飲まないと治る気がしない」というのは・・・
それを説得するべきなのか
「○○先生はすぐくれるのに ここはなんでくれないの!」
と逆切れされると
どうなのでしょう・・・・・・・・
予防投与という話
2次感染の予防の話。
今現実起きている 耐性菌の話。
病院ででる 効く薬=抗生剤 解熱剤
だからでしょうか?
でも しつこいけれど
ウィルスには抗生剤は効きません
菌にはききます
薬の効果を高めるためにも
きちんとタンパク質は摂取しましょう!
風邪の予防にも!!!
低たんぱく 低コレステロールでは
風邪にもかかりやすいし 咳もこじらせてしまう傾向にあります。
ではまた。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP