身体のしくみ

こんばんは。
今日は皆様何を食べどれくらい眠りどれくらい動き
どんな楽しいことがあって どんなつらいことがありましたか。
 
私は・・・職業柄 ここではノーコメントとさせていただき・・・
 
でも 特に 最近、日々 健康あってこそだと思うようになりました。
朝 ユウウツでなく 普通に目が覚めること
食べた後お腹が張ったりしないこと
そもそも食欲があること
食べすぎないこと 食べすぎて後悔したりしないこと
一日一度もイラッとしないこと(これが達成できると感涙ですが)
きちんと眠れること。
なんて素敵なことでしょう。
 
そういう 普段の生活の中での 健康のありがたみ、
失ってみて初めて気が付きます。
 
人と話していて鼻水が出てしまい
それを ふくにもふけないときの辛さったら。
「鼻水が流れない いつもの自分」 が
なんて素敵でありがたい、と思いませんか。
 
身体って 本当によくできています。
全ての臓器がつながっていて
その基本が細胞なのだと思うと
自分の身体にも愛おしさが増すというものです。
以前も申し上げましたが
食べたら太る
冷たいものばかり食べたら体が冷える
感染症にかかれば熱が出る
腐ったものを食べたらお腹を壊す
甘いものやアルコールなどを摂りすぎれば
胃腸を通過するのですからお腹にも影響します
というように 口から入るもので各臓器が影響をうけるように
脳細胞も臓器で(特に人の身体の司令塔)
ストレスはもちろん
脳は食べ物で影響を受けるのは 至極まっとうだと思うのですが
なぜかそういう考えが まだまだ理解されません。
 
疲れがたまりそうな時こそ
身体にいいものを食べましょう。
 
まずは 乳酸菌でしょうか。
それも、一つの食材に偏らず
いろいろなもので。
 
ではまた。
 
 
 
 
 
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP