栄養

こんばんは。
 
すごい夕立でしたね。
 
ところで、私、いつもどういうことをしたら身体に良くないかは書きますが
どうしたらよくなるかをあまり具体的に書いておりませんね。
 
最近、よくなってよかったですねえ、とお話した例です。
 
無性にイライラしたり、悲しくなったりして、
そうすると、甘いものや菓子パンなどで、お腹を満たしていた方。
余計にイライラが悪化です。
 
おそらく、低血糖で。副腎疲労で疲れが増します。
まず、甘いものをやめ、お腹に良い乳酸菌をとり、まずリラックスしたことで
自律神経が整い、余計なものの過剰摂取が減り、
お腹の調子がよくなり、栄養につながる。
そして、脳への栄養もよくなり、ポジティブになれるし
早く起きられるので、身体にいいものを食べようと考えられ、作れるようになる。
 
気持ちも穏やかになる。
 
どんどんいい方向へ向かうのパターンです。
 
もちろん人間ですから、また嫌なことにも遭遇するでしょうけれど、
栄養がいいと、なんか乗り越えられることも多いようです。
患者さんのほうから、私を励ましてくれることもあります(笑)
 
料理を教えて下さったり。
 
 
 
口から入る栄養、大切です。
 
精製されたものをまず控えてみてください。
 
そして添加物を控えることです。
 
 
 
いつもは無理でも、せめて気持ちが落ちているときは。
 
生理前も。
 
気持ちが、栄養でいい方向へいくように‼︎
 
 
 
ではまた。

コメント

  • コメント (4)

  • トラックバックは利用できません。

    • たいみー
    • 2014年 6月 16日

    理恵先生。
    今晩は。行ってきましたよ、腸内洗浄。
    気分爽快、体も軽い、そしてお腹ぺったんこ。
    施術は腸にお湯を入れてマッサージの繰り返しですが、1回だけでもこんなに気分が良くなるなんて・・・。行って良かったです。
    腸内環境を良くしましょう、と理恵先生がよく言っておられることを言われてきました!
    東京でしか受けられないのが残念。
    理恵先生のところでやりませんか????やってくれたたら嬉しい!
    あっ、無責任発言ですね。
    私にできることがあればお手伝いします!あっ、これも無責任発言ですね。
    こんなことを言えるくらい、スッキリしたのです。
    施術後のこれからが勝負ですね。やるだけやってみます!
    では、また。

      • rie
      • 2014年 6月 17日

      >たいみーさま
      それは良かったです!
      私、その実際を知らないのですが
      何にしてもスッキリしたのならよかったですー
      腸内環境は、本当にとても大切だと思います。
      そのあとどうなるか、また教えてくださいね!
      理絵

    • 真理恵
    • 2014年 6月 17日

    こんばんは!真理恵です…と言いたいのですが実は玄米を食べたらいらいらしてしまい代筆の真理恵ママです 娘は突然麺を食べてる途中に息苦しくなりタンが絡んだり、情緒不安定になったりしていくつもの病院に行き一年かかって聞いた事もない 遅延型アレルギーと診断されました。結果は小麦、卵、乳製品が振り切っていました。しばらくすると白米や穀物類を食べたら調子悪くなり今は低血糖と副腎疲労にもなり食事制限が厳しくなってしまいました。母親として何を食べさせてあげるのが正しいのかわからなくなってしまいました 砂糖やアミノ酸も身体に負担の様で口にするとイライラしてしまいます 仕事も何日かすると人の言葉が理解出来なくなり、次の動作がとれなくなり今は働けない状態です 現在はカイロプラクティックに通いサプリを飲んでいます 一度副腎疲労や低血糖の検査を受けた方が良いでしょうか? 又 白米や玄米も食べない方がいいのでしょうか? 長文ですいませんでした。

      • rie
      • 2014年 6月 20日

      >真理恵ママさま
      お返事が遅くなりました。
      遅延アレルギーのほかに リーキーガット症候群などもあるかもしれません
      便通はいかがでしょうか?
      副腎疲労症状があるのであれば、精神ストレスと 食事と
      水銀などの重金属のことも考えていかないとなりません。
      口腔内は大丈夫ですか?
      砂糖は負担でしょうので、控えた方がいいと思います。
      カフェインやチョコなどのお菓子類、トランス脂肪などを控え・・・
      お母様手作りのお味噌汁や 小さな魚、お豆腐や納豆、お肉類を
      まんべんなく食べるとよろしいと思います。
      野菜も、もちろん。
      副腎疲労の方は 朝に塩水と言われており
      私は朝に質のいい昆布茶とか 梅干しなどもお勧めしたします。
      まずは 栄養の基本である採血はしてみるとよろしいと思います。
      低血糖や副腎疲労も 大体予測がつきますし
      一番大切なのは症状です。
      うちの患者様は 副腎疲労・低血糖がある場合は 大抵肝機能も脂質も蛋白も低く
      低いくらいだから 発症するようです。
      血糖やホルモンを保つための 栄養素が足りないからです。
      そういう方は大抵消化も 吸収もよくないので
      最初は 消化機能を整える、腸管の善玉菌を入れるなどから始めるのもお勧めです。
      どうにもこうにも体が動かないのであれば
      点滴・・・でしょうか。
      と、しつこいようですが食事の内容と  リラックスです。
      真理恵さまによろしくお伝えくださいませ。
      理絵

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP