吹き出物

こんにちは。
 
最近 皮膚をどうやったらいい状態に保てるか
一生懸命研究しています。
患者さんのなかでも、なかなか手ごわいのがアトピーと吹き出物です。
しかし、吹き出もの ってすごい言葉。
言葉のごとく、吹き出ているものです。
身体から、吹き出ています。
肌の炎症です。
 
原因は、やはりストレス食事、腸内環境、栄養状態が深く関与していると思います。
ストレスフリー、腸の善玉菌、アミノ酸にビタミンミネラル、そして亜麻仁油などの良いあぶら、食物繊維。
これが肌に効果的と感じます。
 
肌も一つの臓器ですので、内臓をみるわけにはいかなくても
肌の調子がわるければ きっと内臓や血液の状態も
何らかのトラブルが隠れていることが多いでしょう。
 
この前、外食が続いたら吹き出物が顔に多発した方がいて
・・・だからいつも、食べ物が大切!と言っているのに・・・
 
でもどうしても外食続きストレス続きになるならば
せめて腸内環境対策で 乳酸菌・ビフィズス菌を摂ったらいかがでしょうか。
ヨーグルト が一番手軽ですが
もちろん、体質に合う方にはお勧めしますが
たまに乳製品もあわない方がいらっしゃいます。
IgG遅延型アレルギーは、同じ食材をとり続けることがよくないとされていますし
実際IgGの検査で乳製品に陽性であることが多いので
誰にでもヨーグルトが合うかと言うと疑問ですし
毎日食べるよりは、たまに抜く(フードローテーション)こともお勧めです。
特にまだ小さなお子さんは毎日たくさんの乳製品を摂りすぎない方が
よろしいと思います。
 
乳製品由来でない 乳酸菌もありますから探してみてください。
乳酸菌と乳製品を混同されていることも多いのです。
乳酸菌が乳製品からできていることが多いからですが
乳酸菌は乳製品以外にも植物からの物もたくさんあります。
例としては しつこいようですが ぬか漬け です。
他に、キムチ、ザワークラウトなど。
色々な食材から摂取されるとよろしいでしょう。
添加物の少ないもので。
 
 
 
そういえば 患者さんで混同されることが多いもの
「善玉菌」と「善玉コレステロール」です。
善玉菌は腸の住人で 字のごとく 良い菌 です。
ヒトにとって有益な活動をする菌です。
その種類にいろいろあって
メインを占めるのが ビフィズス菌、乳酸菌
と言う分け方をすることが多いようです。
その他に酪酸菌、宮入菌、納豆菌などいろいろあって
それらを組み合わせることが快便のもとです。
 
 
 
そして善玉コレステロールは 血液の話で コレステロールの種類の一つです。
善玉菌とは違います。
末梢の組織から受け取ったコレステロールを肝臓にもどします。
お掃除している感じです。
なので低いと血管に負担をかけて、動脈硬化になり
脳梗塞や心筋梗塞のもとになります。
これが異常に低い方(理想は60以上、80位欲しい)は
運動不足と食事バランスが悪いので
適度に運動をし、良いあぶら(エゴマ亜麻仁油、EPA、DHAなどのあぶら)、
ビタミンE、食物繊維などを摂取すると改善されます。
 
先ほどの腸内環境と肌の話とかぶる内容です。
つまり、身体に良かれと思うことは
全身のあちこちに連動するということです。
肌にいいこと=腸にもよく=コレステロールなどにも良い。
腸がいいから、血液もよくなり、肌も良い。
ですので 腸内環境を整えたり、お肌をきれいにする生活は
脳細胞にもいいので
心穏やかになるわけです!!
身体はつながっています。
 
毎日の食事と 運動と、笑うこと!
 
毎日、続けましょう。
 
 
そういえば
夏に咲かずに今頃朝顔が咲いた・・・
IMG_9285
 
 
ではまた。
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP