やっぱり食事  と 心の平穏

こんにちは。

 

原因不明の過換気、パニック

あとを絶ちません。
その多くに、過去に衝撃的?な過去があるか
慢性的に持続したストレスがあって

腸内環境があまりよろしくないことが多いです。
便秘か下痢。

そして、精製糖質(おやつや砂糖類、ジュースや缶コーヒー、白い炭水化物=白いパン、麺類、白米などなど)の摂取が多いです。

仕事が忙しくて 食事が基本早食いの方も多いですし
食べることに興味が持てないか
作ることも大変なくらい 体力気力が落ちているようです。

 

そして インターネットで当院を探してくださる方は

多くの医療機関で

「どこも悪くないよ、自律神経の問題だ
気の持ちようを変えることだね」

と 言われていることがほとんどです。

しかも 優しく言われているならまだよろしいかもしれませんが
どうにもしてあげられないよ ってな感じで言われると
患者さんもお気の毒に。

 

自律神経とは何か…は長くなるのでまた次回にします

 

そもそも 自律神経も脳支配
脳も栄養で支えられている

気=気持ち それを作り出すのも脳細胞
どれだけ栄養を摂ったか きちんと寝たか
休むことができるか リラックスできるか
複雑に密接に絡み合っているのですから。

 
気 がおかしいなと思ったら

なにか 悩んでいることはないか
食べ物や食べ方は大丈夫か?
便通や胃の具合は大丈夫か?
寝ているか。
余計なものを食べていないか。
体に毒なものは何か。

考えてほしいと思います。

そして、検査や治療を進めて行きましょう。

最近の結論、やっぱり食事。

 

お腹が空いたときに トランス脂肪酸入り(マーガリンやショートニング)の
白いパンだけを ジュースや缶コーヒーと飲んでいませんか?

便秘や下痢は いつものこと と 放っていませんか?

 

食べ物は 蛋白・アミノ酸、あぶら、適量の精製されていない糖、
ビタミン、ミネラル

全てが必要です。

今の日本も精製糖の摂りすぎ、
ましてや 受診される パニックや過換気、疲労などの
きっと副腎疲労と低血糖がある方は ご飯を作る元気がないと思いますが

 

でも 今辛い、今、何をしたら治りますか?という質問に

私は

「あまいもの、ジュース、チョコ、缶コーヒー、パンなどの精製されたもの

ジャンクフード、化学調味料類、保存料などなど・・・ を減らして

野菜、納豆やぬか漬けなどの発酵食品をとって
お味噌汁や鳥の出汁スープ、
亜麻仁油などを生で取って、
お腹がすいたら 質のいいナッツ類を少々
食事はなるべく手造りで
手作りできない場合も なるべく保存料などを使用していないお店を選んで

とにかく食事をまず見直しましょう、便通を確認してください」

と言うようにしております。

 

ときどき 「その辛さや 自律神経とは。」と言う話に白熱してしまい

その患者さんに 脳の栄養、副腎の話、胃腸の話をして

今辛い症状の原因はお伝え出来るのですが

そこがメインになってしまって

 

で、採血をして お帰りになる時に
つまり今どう知れば? と聞かれます、申し訳ないです。

血糖値を安定させて
副腎にやさしい治療をします。

上記したような食事を無理なく続けて行きます。
腸に良いものを食べ精製糖を減らしていくことです。

腸内悪玉菌も糖が好きですので
血糖の管理と同時に 腸のためにも精製糖は控えるべきです。

完全糖質制限をやるということではありません。

そこは個人差がありますので
必ず相談してください。

副腎疲労の方は適度に塩分を摂ることもおすすめです。
初期には 点滴やサプリを用いるといいと思います、

そして何と言っても 心にある ストレスを吐き出すこと
だと思います。

 

そして、寝ましょうね。

 

これらは 慢性疲労だけでなく
様々な疾患の方に共通することです。

お肌トラブルと 慢性疲労が結構セットであること
何度か申し上げてきました。

皮膚にトラブルがあるくらいの腸の方は
やはり食事が乱れているので
脳=気持ちの変調をきたしやすく

その逆もありです。

気持ちが落ちるくらいの生活をしていると
肌トラブルは多いです。

 

この前
ぬか漬けやっていた時はお肌が綺麗だった、そういえば。

と言う方に出会いました。

 

そんな感じで 普段の習慣による体調って
無意識に皆さんご存じのはずです。

寝不足だと 肌荒れしたり
胃が悪いと口内炎が出来たり。

 

全部身体はつながっているのです。

 

今日からできること ぜひ。

いまさらお勧めなのが

エリカアンギャルさんの「世界一の美女になるダイエット」と言う本です。

IMG_0492

女性がみて、栄養の入門にするには 読みやすいのではないでしょうか。

脳にも、肌にも。

この本の出版後、栄養療法はどんどん進化していますが
食事の考え方としては いまさらながら わかりやすいと思います。

モデルさんの美 を決めるのも 栄養なのです。

栄養は性格にも影響すると思います。

ぜひ、栄養を整えて 肌のトラブルもなくし
心の平穏を手に入れてください。

 

 

今日はひなまつりですね。

 

お祝いしなくては。

 

ではまた。

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP