食べること

こんにちは。

 

RIEクリニックと同じ建物内の EMI CLINIC側の2階は、セミナールームです。

でももともとレストランだったので、ここでランチしています。

 あらためて、紺の服を着ているのが3姉妹の長女えみです。

オーソモレキュラーを始めるきっかけをくれた人です。

 

 

 

 

えみのお弁当。

えみは母譲りで、昔から料理好きでした。
私が病んで立ち直って「食事が大事」と目が覚めるまで、一切食事を作らずにすんでいたのも彼女と母のおかげです。

 

 

最近、私もマネして作るお弁当。
ブロッコリースプラウト、トマトと生姜とゴーヤのぬか漬け、ゆで卵。
その下にはキヌア、アマランサスなどを味付けしたものを混ぜて、しいてあります。

 

私、料理へたくそだし、栄養を語る割にはまだまだ料理の知識が少なくてお恥ずかしいのですが、とにかく食べることが本当に好きなのだと思います。

朝起きて、眠るまで、仕事や大切なことを考えるとき以外、かなり食べることを重視して生きてきた気がします。

それを無理に抑えたり、間違ったダイエットをしたり、
トラウマや自律神経などなどの問題がからんだりして なるべくしてなってしまった「摂食障害」です。

それについてはまたの機会におつたえします。

摂食障害の告白の会は、いつか本当に主催したいと思ってはいるのですが
なかなか実行できなくてすみません。

 

 

えみが、定期的にクリニックでセミナーを開催することにしました。

彼女は、身内ながら話するのが上手で、緊張したりせず流ちょうに講義をします。
ぜひ、女性の方だけでなく、男性の方、カップル、親子などでもご参加くださいませ。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

ではまた。

 

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • りんご
    • 2018年 6月 20日

    コメント失礼します。
    私は、過度なダイエットから拒食症となり現在治療中です。過食ではなくチューイング症状もあります。
    私は、治したい!という思いが強くネットなどでたくさん調べてしまいます。その中で代謝が下がっているから痩せにくいとかかれており、食べて体重を戻しても、どんどん太って行く体になってしまっているため、太るのではないかという恐怖で食べれません。低血糖もあるため、対象法、克服のアドバイスなどがあれば教えていただきたいです

      • rie
      • 2018年 6月 22日

      >りんご様
      コメントありがとうございます。

      摂食障害は、栄養のバランス異常とストレスによる自律神経やホルモンのバランスの偏り
      乗り越えられないトラウマや
      今も何か真綿のような物に苦しめられていることが多いです。

      大抵解毒も下手なので 重金属やその他の物が溜まっていることも多く
      副腎疲労も起こしやすく
      腸内環境や胃も問題があります。

      太りやすいのも現実で・・・私も今でも四苦八苦です。
      根気よく運動しないとあっという間に太ります。
      でも疲れると運動したくないですしね。

      まず、腸内環境を整えることです。
      いろんな方法で。

      なんでもいいから 怒りやため込んでしまったモヤモヤを吐き出す場所を見つけられるといいのですが・・・

      私は、たまたま 犬との出会い、たまに行くカラオケ(笑)ですが・・・

      そして寝ることです。

      でも、一番大切なのはわかってくれる相手を探すことですよね。

      ここは公開なのでいつでも個別でもご相談くださいね。

      食べることは、生きることだし
      美味しくて楽しい物です
      痩せたいと反するのが本当に辛いことです。

      腸の健康系の記事を読むと参考になると思います。

      無理しないで暮らしてくださいね。

      理絵

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP