糖質・・・食事・・・

今年は寒いですね!!
もう明日から2月。
なんか、昔より 時間がたつのが早いような・・・
それは 年をとった証でしょうか?
さて・・・
寒いときは 割と うちも鍋料理が多いです。
わりと簡単にできるし
おいしいしですよね。
わたしは いろいろな理由で
(低血糖体質・糖尿家系・肥満になりたくないその他)
糖質にはきをつけたいのですが
基本の料理や食材を知らずにきたので
何にどれくらい糖質が何グラム っていうのを多くは即答できません
栄養療法をやっているうえで
ここが一番痛いです
それでも 最近は人さまに 語るために
料理の計画 (計画しないとできないんです!まだ。。。)のとき
どれが何グラムくらいで
どうしたら みんなに喜ばれるか
考えてます
まだ本を手放せません
「料理の本って最近二人分の記載が多いから
 8人分とかいうと 4倍も面倒~」
というと
「え~ 本ってみたことないからわかんなーい」
とかいう 素敵な人もいますけどねえ(笑)
でもまだまだ 料理本に
カロリーは載ってても 糖質含有量なんか 書いてないことがほとんどです
で・・・知っていたようで知らない・・・
という存在の 鍋にいれる糖質たち。
くずきり・はるさめ・ビーフン、マロニーちゃんwなど・・・
それで調べてみたのですが
そういえば 春雨は 糖質ですから・・・
それは、普通の春雨の場合。
緑豆春雨と別物・・・
でも
春雨ヌードル って 低カロリー=痩せる イメージですよね
でも糖質制限から言うと
カロリーは低めでも 逆効果です
ダイエットには・・・・・・・・・・・
では
痩せてたら食べていいかというと??
逆に ・・・ 
痩せの大食いだからって油断できません
むしろ 心配です 痩せの大食い。
なぜ食べても太れないかっていうことで
(運動などをしていて 代謝がよければいいのですが)
じつは根底に 吸収不良のこと
腸の 菌類のバランス不均衡に 糖質過剰が関与する
とあっては・・・
やはり 控えた方がよろしいですね
糖質・・・栄養療法に興味ある方は
いまさらですけれど
お米・パン・うどん・ラーメン・パスタ・ピザ・イモ類
砂糖はもちろん おかし
ビールや日本酒 
調味料
いろんなものに含まれます
「そんなの抜いたら 食べるものがない!」と言われますが
いやでも
肉魚あぶら(質のいいものを!)野菜類
料理の仕方や 選択の方法で 相当のものを食べられます
カロリー制限のようなつらいものではないです
糖質を食べたければ 血糖が上がってしまう前に
運動しなければなりません。
現代は 糖質豊富なうえ 運動不足ですものね。
しかし・・・
糖質=甘いものだけ っていう 感覚が
患者さんには多いです。
糖質を減らしましょうっていうと
「糖なんか食わん」 といいつつ
朝は白米とつけもの 昼はうどん・そば
間食におせんべい  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
っていうことがよくあります。。。。。。。
甘くないと糖質とはおもわない   のでしょうか??
ナースに聞いた話では
「今日は、(念のため)ご飯はたべていませんよね?」
ってきくと
「はい、ご飯はたべてないです、   パンとバナナだけ」
・・・・・・
日本語はあいまいですか?ね?
ごはん=米?のみ??
こんどは 食事をするな って言おう!と決めても
「お食事してませんか?」っていっても
「はい、していません
   ・・・果物とコーヒーしか」
・・・・・・・
あ、でも パンや果物・お団子類 は食事でない方は 結構多いみたいです!
「じゃあ、何も食べないで って言おう!」と決めて
「今日は何も食べてませんよね?」
と聞くと
「食べてないよ
  缶コーヒーだけ。甘いけど。」
缶コーヒー・・・無糖ならまだしも・・・
缶コーヒーが ジュースに代わることもあります 牛乳とか・・・・・・
人さまによって
食事の概念は違いますね。
パンは ごはん ではなく おやつ
ご飯以外の時に食べた 
 おだんごや おせんべいはカウントしてもらえない
お酒もそうです
・・・・・・・・
本当に
糖質過剰による 低血糖症はつらいです
パニック・動悸・イライラ・眠気・・・
うつっぽくなります
高血糖の糖尿病も辛いですよ
合併症が。
心筋梗塞や 脳こうそくももちろん
腎障害で 透析、  足がしびれる
目に障害が・・・
糖質はその他 アトピーや癌の原因にもなるとも言われ
控え目にしたほうがいいです。
さて・・・それではまた。
料理って  奥が深いですー

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP