Beauty

こんにちは。
最近ますます「低蛋白」の方を診察する機会が多くなり
よほど食事が偏っているのか
きっと消化も吸収も弱っているのか
ストレスで自律神経バランスが悪いのか
どこから攻めたらいいのか悩んでしまうこともあります。
風邪を繰り返す、若いのに帯状疱疹になる
などということは 免疫力低下のサインです!
要注意です。
身体って 栄養でできているということ
自分で体を壊して初めて気がついたりするのですが・・・
 
 
ところで
以前からお会いしたいと思っていた
エリカアンギャルさんに お会いする機会をいただきました!
ミスユニバースジャパンの栄養コンサルタントをされている方です。
とても気さくな方でした。
とても優しいお姉さんのようです。
やっぱり 女性と美容と食べ物の話で盛り上がりました。
「どうして日本は(これだけ情報がある時代に)
食べ物に気を付けないの?
どうしてトランス脂肪酸が減らないの?」といわれ
うむーどうしてでしょうねえ。
と悩んでしまいました。
マーガリンは学校給食で週1~は出てますよ とお話したら
かなり驚かれていました。
「特に若い世代の方たちに栄養が必要、
ダイエットばかりする女性たち、
Drはもっと栄養が大切、食べることが大切ということを指導するべきだから
ぜひ頑張って!」 とのことでした。
頑張ります。
でもやっぱり、おっしゃるだけのことはあって
すっごくお肌綺麗でしたよ。
コスメの話にもなって
「どこの国でも言われてることだけど
女性は お化粧品にはコストをかけたがるのに
毎日の食事が結構 お粗末なのよね」
うむ それは同感です
その化粧代、栄養に分けたらいいのに・・・と思うことがあります。
「私のクリニックでは、慢性疲労、うつの方の診察が多いですが
難治性のニキビなども多いですよ」
「もっと、美容、Beauty、って言葉を
たくさん使ってセミナーするべきよ! 女性は美容に興味があるから。」
「まあそうですね。。。
でも自分は専門的な美容の知識(ピーリングとか)は少ないんです」
「でもその栄養療法で 食生活を変えて
気持ちももちろんお肌がきれいになった方を知ってるでしょう?」
「知ってます よく体験します
慢性疲労で点滴をしていたら 肌のツヤがよくなったという患者さんをみますし
肌だって栄養から作られていますから」
 
美容ね・・・
もちろん大切です
お肌のトラブルは 食事の乱れ睡眠ストレス お腹などがからむ
一種の生活習慣病だ と思います。
 
でもエリカさんもおっしゃってたし 自分もそう思うのは
「口から入るものは 身体に役に立つものを入れた方がいい
せっかく毎日3回も 食べるのだから
身体に負担を与えない食事が Beauty に一番。」
ということです
うつの対策 美容 悪性疾患の治療にも地道な努力と継続が必要です
まずは食べ物から。
そしてその先に 何か足りないのか
何か邪魔しているのか
検査に進んでいかれるといいと思います。
 
美容から入って そして気持ちも穏やかになった
も ありですかね?
とりあえず 医者のナントカ と言われないよう
頑張ります
ストレスも メンタルも 肌も・・・
ではまた。
 
エリカさん
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP