人の身体

こんにちは
いつのまにか時間がこんなに経っておりました。
今日は 定期的に グループで受講いただいている女性の方々への
セミナーでした。
月に1回 私がテーマを決め 栄養学の話をします。
たまに こちらから質問したりします。
今日は 採血と副腎疲労と腸管と皮膚でした。
肌にひどいトラブルがあるような場合は 腸管に何か問題があって
副腎が疲労するくらいになれば 低血糖も関与していて
これらがみんなそれぞれつながっているということです。
重度のアトピー性皮膚炎の罹患が長い方は
低血糖症に気を付けた方がよろしいです。
それにはからくりがあるのです。
副腎という、腎臓の近くにある小さなホルモンの臓器。
その働きに 本当に感激。
そういう話が医学的につながることが 自分的にはものすごく快感で
我ながら 結構マニアックなことを話してるなぁ・・・
と思いつつも それを聞いていただけることがうれしいです。
この「不調には意味がある」ことを知る快感を わかちあえる相手?(笑)
がいるということが たまりません。
人の身体って 本当に興味深いです。
いつもの結論は「精製された糖分の摂りすぎ」はやめよう、ということです。
口から入るもので 血も肉も骨も作られています。
性格、脳も、皮膚も。
穏やかな人間でいたいと思ったら 適正な栄養を摂ることです。
きちんと眠ることです。
笑うことです。
「ごみをいれたらごみしかでてこない」という言葉がありますが
本当にその通りだと思います
良い食べ物を入れて 良い消化吸収を受ければ
良いものがでてくるでしょう。
毎日、ご自身が健康かどうかチェックできる「排泄」行為。
これはどなたにでもできることです
いれるもの、出すもの それらに気を配ってみるといいですよね。
鏡を見て 肌の調子を見るのも。
肌は、体調の鏡です。
キミマロさんの「やっぱり人は見た目です」という漫談がありますが
見た感じ、表情、気配、顔色というものでも
「健康」「不健康」の診断につながりますし。
栄養、ぜひ気を付けていただきたいと思います。
ではまた。
 
 
 
 
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP