栄養療法

こんばんは。
フィギュアスケートにくぎ付けでした。
努力する方って 素晴らしい!!
 
 
さて 今更かもしれませんが
「つまり、栄養療法って どういうこと?」とのご質問をいただきましたので
あらためて。
まず 何らかの不調、疾患について 根本原因がなんであるかを考えます。
その細胞、体の基本を考えることです。
毎日食べているもの、邪魔をするものは何かと を考えていくことです。
そのために「問診」「カウンセリング」が必要になります。
いつからどんなふうに調子が良くないのか。
症状が どうして出たのか が大切です。
その原因に精神ストレスや環境、
遺伝、
し好品、
生活習慣、
そして何を食べてきたか、これが大事です。
食べてきたもので 私たちの細胞はできていますので。
その他 何で邪魔?をされたか ということです。
虫歯はなかったか、
運動はするか、
睡眠はとれているか、
お母さんたちはどうであったか=家族歴、
色々なことを質問して、不調の原因を聞きだします。
 
採血は治療の目安のひとつで、
検査・治療の方向性をつけます。
まずは食べてきたものが乱れていたらその軌道修正をします。
食べ物を変えられることが治療への近道です。
お菓子類、砂糖類、防腐剤の多いもの、着色料の多いもの、
コンビニ、ファストフード、インスタント類、
タバコ、アルコールなどの節制をして
身体に必要な蛋白質や脂質、適正な糖質、ビタミンミネラル、食物繊維などの摂取をします。
その改善ができないことも多いのですが・・・
でも、食事って本当に大切です!!
 
 
その先に どうして こんなに栄養が足りていないのか
その理由を探っていきたいと思います。
食べているもののこと
食べていても 消化吸収していないのか(お腹の問題)
そのほかに ストレスです
 
ストレスをみる検査
腸内のこと
副腎疲労
副腎は 腎臓の近くに位置する臓器です
そのおかげで「副」という名前がついています
腎臓の副。
でも副ではないくらい  いろいろな役割をしています。
副腎というと????  知らない~という方が多いですが。
結構身近です。
ステロイド塗り薬を じんましんなどで塗ったことがある方は多いのではないでしょうか。
市販の 虫刺され薬とか。
一度も塗ったことがない方を探す方が難しいと思います。
ステロイドを目の敵にするのではなく
必要な時には使い
どうして使い続けないといけないのか、なぜなのか
考えてほしいと思います。
病気になるのには
何か原因があるはずなので
それをぜひ取り除いてほしいと思います。
 
ではまた。
 
 
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP