食事と身体

こんばんは。
もう今年もあと二日ですね
年末のお掃除しないまま 年越しになりそうです。
乾燥も強いですね~ 加湿、水分摂取も必要ですね。
 
 
このところ いろいろな方にお会いできる機会があって
栄養のことをお話しできる機会も多少増えました。
医療のことだけでなく 生きていく全てにおいて
「個人差」がとても重要だと思います。
低血糖ひとつとっても
甘いものを摂りすぎたことが原因なのか
鉄欠乏も関与するのか
低コレステロールがあるのか
食べ物が不規則なのか
あぶらがたりないのか
精神ストレスなのか
副腎なのか
腸管、肝臓、膵臓などの臓器なのか・・・
100人いれば100通りの疾患と健康があって
育ってきた環境があって 遺伝もあって 生活習慣があります。
その生活のなかで何かが狂ってしまって 調子が悪いことが
疾患の始まりだと思います。
 
よく「先生でも、そんなことするんですか?」 と驚かれることがあり(笑)
皆様 ジョイというものに 特別なものを期待されている場合もありますが
ふつーに生きてます。w
普通に羽目も外すし、 結構ストレスもありました。
そういう羽目外しや 体質のことがあったので
体調が壊れたので・・・
普通に生きて医療に携わってきて
なんでこんなに身体がつらいんだろう、ということに向き合った時
あ、食べ物と ストレスと 睡眠や運動などの生活習慣が大切なんだ!と
教えていただける機会があったのです。
 
患者様のなかでも
普通に生きてきて 普通に妊娠しただけなのに
その後転がり落ちるように体調不良でいた、という方と出会うと・・・
なんともせつないものがあります。
生んだ後の 記憶があまりない。
産後、ただ辛かった。
無性に怒りっぽいか まったくやる気がなく 寝てばかりいた。
そういうことも 人に言っても仕方ないと 言わない方も多いようです。
いろいろな個人差はあっても
その原因の多くに
栄養不足があると思います!
 
妊娠前と妊娠中、産後、身体を、栄養を大切にしてください!!!
母体の栄養があってこそ 胎児もあります。
その原因の奥の深さに・・・ 自分も もっと勉強を続けないといけないのですが。
子供が泣き続けるのは 何か原因があります。
栄養がたりなければ、赤ちゃんは泣きます。
どんなに 力で抑えようとしても解決できるものではないです。
赤ちゃんは理屈が通じませんから。
悩んでいる お母さま方に ぜひとも食事内容を見直してほしいと思います。
忙しいから 自分の食事は後回し。なのも よくわかりますが
毎日毎日の食事が 身体の一部分になっています。
胎内でもすべての栄養源はお母さまですし
母乳の場合、赤ちゃんの栄養源は お母さまがすべてです。
ビタミンやミネラル、タンパクやあぶら、適正な糖質が満たされなければ
人は精神を病みます。
お子さんのことももちろん、
栄養を与えている お母さまの 栄養状態を ぜひ気を付けてください。
 
無駄なものを摂りすぎれば それをデトックスするために
また栄養素が消費されます。
デトックスできない体質の方も多いです。
それを見極めないと・・・
 
乳酸菌を摂ること、精製糖質を摂りすぎないこと。
バランスのいい栄養を摂ること。
笑うこと。
寝ること。
運動すること・・・
 
もちろん、妊娠に関係ない方も
ぜひとも、栄養を考えてみてほしいと思います。
 
いろいろなやんちゃをする方は、特に。
 
ではまた。
 
 
 
 
 
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP