副腎疲労①

こんばんは。
今夜は 副腎について。
何夜か連続でお伝えしたいと存じます。(たぶん)
 
副腎とは。
腎臓のすぐ近くにある ホルモン産生臓器です。
副腎というわりには
解剖学的に腎臓の近くにあっただけで
腎臓の働きとは異なります。
 
腎臓は簡単に言うと 濾過をしています。
必要なものを身体に戻し 不必要なものを尿として外に出します。
 
 
副腎は ホルモン産生臓器です。
一番身近なものでいうと
「副腎皮質ステロイド」でしょうか。
虫刺され、じんましん、アトピー性皮膚炎などの際に
塗るときに使う薬や
花粉症での点鼻薬の一部や
喘息などの治療
膠原病の一部に使われています。
炎症を抑えるからです!
ステロイドというと なんか悪いイメージがありますが
それは「薬」の乱用による 一部の副作用であって
ステロイドは 身体に必要なホルモンです。
炎症を抑えてくれるし 頑張るためのものです。
(だから、副腎疲労の方などは 皮膚の症状を起こしやすくなったり
アレルギーを起こしたり  頑張れなくなったりするのです)
 
でも、不必要に使い続けるのは
自分の身体からのステロイドを産生出来なくなります。
低血糖にも関係する臓器です。
 
では、不必要に使わないためにはどうしたらいいのでしょうか。
副腎は ストレスにとても弱いということがわかってきており
継続するストレスがダメージを与えます。
いやなこと・悲しいことのたびに 疲労しています。
大切にしてほしい臓器です。
 
そもそも 大切でない臓器なんて 身体の中でないのです。
全部、大切。
 
 
副腎は 精神以外に 食べ物のストレス、環境のストレスも
かなり影響しています。
だから、食べ物や口にするもの、
環境の影響もあるのです。
副腎ホルモンを作るもとが
コレステロールです。
なので、コレステロールが低すぎることも
身体にはよくないのです。
もちろん、運動もせず 食べまくって
超高コレステロールで、
悪いあぶらや糖質三昧では 動脈硬化をおこしますが。
こういうことを含めて
食べ物や ストレス、自律神経
いろいろなことを ぜひ 見直してほしいと思っております。
 
つまり 副腎を大切にするには
食べること、精神的なこと、
外敵、
いろいろなものが 自分の身体を作っておりますので
不調がある方は(なくても)
毎日の生活内容を
ぜひとも 見直していただくことだと思います。
 
副腎ホルモンを 適度に きちんと作り出すよう
ストレスフリーな毎日を!!!
そして、身体に優しいものを 口にしてください!!!
 
お味噌汁とか。ぬか漬けとか。
 
 
ではまた。
 
追伸
さっきまで ナツメロを ばあやの意向で見ており
ナツメロに 懐かしさを覚えておりましたが
一旦スイッチを切った後
今ふと  また テレビをつけたら
タモリさん 今日で終わりなのですね
 
32年て
すごい年数
継続は力なり・・・
私が小学校の頃に始まった番組でした。
なんか 泣けました。
 
この人柄とか
長年続くこととか・・・
 
 
素晴らしいことですね
 
 
ではまた。今度こそ。
 
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP