背中に背負うもの

こんばんは!
 
宇都宮は 結構雨が降っております!
 
 
さて  この前  副腎疲労疑いの方が
朝起きられないです とおっしゃっていたので
「ああ、背中に 鉛(みたいに 重いもののたとえ)  背負った感じですよね?」 って申し上げたら
「そんなものではないです。 起きても全身金縛りです」  と。
 
そうでした~~~~~~。
全身金縛り。
そうですよね
何かを 背負ってるどころでなく  身体が動けない。
そういう方は結構増えていると思います。
 
 
私 今思えば 一人目産後は
いつも起きあがれず 起きても苦痛だけ
はいつくばるようでした。
起きあがることすら 出来ない日もありました。
仕事があるから とりあえず 起きるだけ。
 
 
当時は 背中に 重い重い  金属の扉みたいなもの を背負わされているよう。
と思っていました
どうして 産後に こんなにつらいのはなんで自分だけなんだろう?と
憤る気持ちもなく  うつ  まっしぐらでしたが。。。
 
 
そういえば     今思えば 全身金縛り でした
やる気はあるのに 身体が動かない。
そうするとだんだんやる気も減っていく。
身体がどうやったら 緩むのかわからず。
周囲にやる気ないんじゃないの?と言われることが ものすごく悲しいし
でも そのうちそういう外野にも 対抗する気も起こらないほど 弱っていく。
 
それには栄養欠損の理由があったのです。
栄養療法は、
特殊なことをしているのではなく
食べ物で身体ができており、毎日食べるもの、それを消化吸収できるか、
邪魔をするものがあるか、それらを解毒する力が弱っているか、
ストレスがたまっているかを探していきます。
 
たまたま 自分の周囲には いい意味でのおせっかいな人がいたので
栄養のこと、精神のこと、何とか持ちこたえました。
(おせっかいの人を うっとおしいと思わずに そういう意見もあるんだ。
と思うと とても 意味のある言葉に思えます。例外はあっても。)
そういう人がいて 人間関係は成り立つのだと最近実感します。
 
ということで 最近私こそ おせっかいですが・・・
こういう、原因不明と言われている、身体の辛さは  いま、日本に、世界に広まっている 深刻な症状だと思います。
 
これらの症状を、 現代のものが弱る?理由を 国や学校、自治体、何らかの集合体で 動く必要があると思います
食事内容のこと
便通のこと
運動が足りないこと
睡眠が足りないこと
他と違うだけで認められないこと
その他色々なこと。
 
 
 
悪いものを食べすぎて お腹を壊す場合と
stressで 胃腸の調子が悪いのでは
同じ下痢でも 治療の仕方は違うと思うのです。
そういうように うつや 慢性疲労にも
様々な理由が 個人差であると考えていいと思います。
 
なんにせよ、
身体が動かない方は
まず、栄養素を検討しながら どうしてそういうことになったか
考えていきましょう。
 
何か足りないもの、邪魔しているものがあるはずです!
女性であれば 月経で出血しまくっているのですから
鉄が不足します。貧血で当たり前   ではないのです。
 
食べているものの何かが足りないか 余計なものが多いか
お腹に悪玉菌が多いか
副腎へのストレス、その他。
背中に背負うものは 百人いれば百通りです。
ストレスを背負う人もいれば 体調不良を背負う方もいらっしゃいます!
そのことを責めるより なんでこうなったか?
の原因を いろいろ探していきましょう。
 
こころに ゆとりができる時間を。
でも 背中に 何かのしかかっていて 朝起きあがれない場合
本当にそれどころではないですよね。
まず 腸内環境を整えてください。
快便を!
一日 2回くらい つるっと 太い便を!!
 
 
 
 
 
ところで
水曜日の夜は 二番目の姉(2号)が、当院での木曜日午前中診察のために
宇都宮に来ている日です。
うちは三姉妹三様で いろいろ?違います
だからこそ それぞれすごく合っています。
2号は ピアノだけでなく 縫い物とか 何かを作成することに長けていて。
私の 若人の学校の縫いものをほとんどやってくれたのは姉です(笑)
ほかにも 何かを綿密に考えて実行するタイプです。
 
 
 
私があっという間にやめたピアノレッスンも  彼女はコツコツやってました~
半田家の 環境衛生大臣 です。
でしゃばりもしなければ 余計なことも言わず
かと言って 真実はズバッという!
でもそれが 嫌味にまったく ならないタイプなのです
つまり
私と ほとんど違う のです~(笑)
それもまた いとおかし。 です。
個人差。。。
 
個人差はあって当たり前です。
身内ですら あたりまえ
ましてや 他の方々では。
 
 
彼女が弾くショパン♪ は 私もばあやも ぐっときます。
IMG_5155
 
たまらん~~
 
 
 
ではまた。
 
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP