副腎疲労

こんばんは。
何度も副腎疲労のお話します。
少しでも 広まってほしいので。
 
副腎とは、腎臓の近くにある ホルモンを作る臓器です。
腎臓の近くにありますが 腎臓の働きとは異なります。
おそらく一番身近で耳にするのは「副腎皮質ステロイド」だと思います。
皮膚の炎症(アトピーやじんましん、かぶれ、虫刺され)などで
誰もが一度は塗ったことがあるのではないでしょうか?
花粉症の目薬や 点鼻薬にも使います。
ステロイドは炎症を抑えます。
ですから上記の疾患のほか 慢性関節リウマチなどの 炎症を抑える時に薬として使います。
 
でも もともとは 自分の体で作られています。
副腎は 精神ストレスや 栄養の偏りで弱り、特に慢性的な ストレスに弱いです。
 
 
副腎が疲労すると 炎症を抑えられなくなるので
肌荒れやにきびにもなりますし
副腎ホルモンは元気を与える性質があるので
副腎疲労があると 相当疲れます。
 
副腎疲労の方は
朝、 金縛りにあったように動けない
という方もいらっしゃることは 以前にもお話しました。
 
 
副腎のホルモンのひとつである コルチゾールは 血糖を上げると言われているので、
副腎疲労があると低血糖を起こします。
 
けれど、砂糖を食べていいのではありません。
 
低血糖は 甘いものを食べていい疾患ではありません。
 
むしろ控えるべきです。
 
 
血糖が 上がったり 下がったりのジェットコースターでは副腎はもっとくたくたになります。
 
 
まずは  空腹時間を長くしないこと です。
チョコなどのお菓子類で血糖を上げるのは もっとだめです
低血糖は糖が足りない=糖をとるというのは大きな間違いです!!
副腎疲労、低血糖になるくらいの方は
もともと 腸内環境が悪かったり IgG遅延型レルギーがあったりします。
肝機能などが低値なことも多く 蛋白欠乏やコレステロール低値など
他の要因が絡むことがありますので
食事のとり方を間違うと   ヘロヘロになることがあります。
 
 
栄養バランスのとれたもの(良い蛋白や良いあぶら、ビタミンミネラル)を摂り
糖質は 精製されていないものを 少量 ゆっくりとることをおすすめします。
 
食事の際に
麺類だけ 菓子パンだけ お菓子だけ、 は  要注意です。
 
 
 
 
 
 
副腎疲労の書籍です。
 
IMG_5609IMG_5610
 
 
副腎疲労の 診断基準です。
 
 
甘いものを摂る。
コーヒーをのみたがる。
 
 
以外はかなり ひっかかりました(笑)
コーヒーはあまり飲みませんが。
 
 
 
 
そして、何をやったら治るのか。
それがこれまた奥が深く
身体に必要な栄養素を入れる。
ストレスを減らす。
リラックスする。
ビタミンCをとる。点滴する。
ヨガをする。ラジオ体操程度の運動をする。
音楽を聴く、奏でる。
笑う。
眠る。
疾患を理解してもらう。
愛が、大切。
 
 
 
ま、これらがうまくいかないから 副腎疲労になるのですが。
でもこれからもっとこの病態が
広まって理解されれば
 
副腎疲労の方々が  「やる気ないグータラ人間」と
言われることが減ってほしいですし
自分を責めることも 減るといいですね・・・・・
 
 
 
 
 
 
ぜひ、周囲にも広めたいです
 
 
 
 
 
それではまた。
 

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • Hiroshi Sagara
    • 2019年 10月 21日

    61歳のハワイに住むものです。今年の4月頃だと思います。医者より血糖値とポタシウムが、前々から高いと言われていて、足のくるぶしあたりが、浮腫むので、薬を処方してもらい 飲んでみたところ、前腕とスネの辺りが、非常にかゆくなり掻き崩してしまいました。二週間後、医者に見せたところ、ステロイドを処方され、5日間25mg1日3回を、飲んだところ、皮膚が黒ずんでしまい、もう、三ヶ月が経ち、まるっきり良くならず、かえって広がっているようにも、思います。顔や、クビにも、黒ずみが出ています。血圧も高く薬を飲んでいます。もちろん疲れは、最高にあります。とうしていいかわかりません。

      • rie
      • 2019年 11月 01日

      >Hiroshi Sagaraさま
      ハワイからコメントありがとうございます。
      ステロイドは、否定される薬剤ではないと考えていますが、でも
      Hiroshi様と同じように、たった一回飲んでその後皮膚炎や体調不良を訴えた方はいらっしゃいます。
      血糖のこと、ミネラル、腸、副腎など いろいろ絡み合っているのでしょうか。
      ハワイでは、どういった医療環境なのか無知で存じ上げずお恥ずかしいのですが
      何か対策できることを願っております。
      ご無理なさらずに。。。
      理絵

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP