人は変わるか?

こんばんは。
 
この前患者さんとも盛り上がり
今日スタッフと盛り上がりました。
「昔は 麦茶に砂糖を入れていた!」こと。
 
いつから廃れたのでしょう?
今ほとんど 入れなくなりましたよね。
 
 
何事も習慣なんだなぁーーーと思います。
 
 
「3つ子の魂100まで」「跳ね馬死ぬまで跳ねる」というように
人は(馬が例えですが・・・)変わらないとされています。
 
 
でもどうなのでしょう。
栄養の摂り方
考え方
 
習慣を変えることって難しいようですが
環境が変わると順応性があるのが 人間なのかなと思います。
 
 
良くも悪くも。
 
 
便利な食べ物が売ってなければ 自分で作るしかない。(売ってたら買っちゃう・・・)
車がなければ歩く。(あれば乗っちゃう)
 
 
最近 、麦茶以上に あぁ時代が変わったなと思ったのが
とある公共施設に行きまして
用を足すときに(お食事中でしたらごめんなさい)
昔と違って
今や 女子、和風が減って 洋風だらけなんですね!
 
 
どちらが良し悪しでなく
こうやって 文化は変わっていくんだなぁ・・・と。
 
 
それと同じで 毎日口にするものが 昔と徐々に変わっていき
それが当たり前になってしまうと 何とも思わないように・・・
 
 
昔コンビニはなかった。
あっても 11時までだった。ように。
 
夜は 電気も娯楽もなければ、寝るしかなかった。
今は、誘惑がたくさんあります。
 
 
その逆も成り立つと思います。
昔のいい部分を 思い出す習慣も。
 
今まで数年 数十年の クセ・習慣も
少しづつ 変えていけば変わっていくものではないでしょうか。
考え方も 絶対に変わらないかというと
少しづつならば変わっていけるのではないでしょうか???
 
 
いきなりは無理でしょう。
少しづつ、少しづつ。
朝方寝ていた方がいきなり夜10時に眠るのは難しいかもしれませんから
少しづつ時間を調整していく。
たっぷり食べて 運動しないで肥満だった方が
急に痩せるかというと無理で
徐々に減らしていくのがいいことは いまさら、ですよね。
ストレスもそうです。
今まで気真面目に生きてきた方が 急にテキトーになれるかというと
それも難しく
その逆もしかりです。
だらしない人を 整理整頓 キチントさん(懐かしい…)にするには
こんこんと 教えるか教わるか 見守ってくれる人がいるか 強い意志を持つか、
が必要かもしれません。
 
 
でも よっぽどでなければ
習慣は変えられると思います。
 
という正論がどうか、より、
もし体調がすぐれなかったり
目的があるのであれば
無理してストレスを変えるより こういう風にしたら身体にいいかも、
だったら少し変えてみよう。位でいいのではないかと思います。
ご飯を菓子パンや インスタントものだけで済ましていたのであれば
せめてお味噌汁くらいは作ってみようかな。とか。
ジュースやコーヒーしか飲まないところを ちょっと変えて白湯にしてみるとか
良いお水にするとか。
 
 
毎日の積み重ねが 人生を作ります。
食べたもので 身体も脳もできています!!!
 
良いものに変えることをストレスと思うのではなく
いい習慣をつける くらいに 思えるとよろしいかもしれません。
 
 
それではまた。
 
 
きょうのおから。
シソの葉っぱと シラス、納豆と 塩・しょうゆで味付けして
最後にゆかりと 唐辛子ごまをかけました。
 
IMG_5800IMG_5802
 
オツな味でした。

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • しおり
    • 2014年 5月 19日

    最近、副腎疲労を調べていてブログを読ませて頂く様になりました。
    私は電子レンジが嫌いです。
    嫌いなんですが、あると使ってしまう事があります。
    そこにあると…
    便利なものは、あれば使ってしまいますね。
    今も携帯からですが、程々にして寝ようと思いました。

      • rie
      • 2014年 5月 20日

      >しおり様
      こんにちは。
      副腎疲労は ものすごく増えている というか
      もっといるはずなのに 病名が有名でないだけですよね。
      電子レンジは 癌学会の海外の教授などは 絶対に使うなとおっしゃってましたが
      私もたまに使ってしまいます。
      私も早寝しなきゃいけないのに
      すぐ夜更かしするのです
      懺悔。
      副腎疲労には 睡眠不足は大敵です!!
      またよろしくお願いいたします。
      理絵

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP