低血糖と副腎疲労①甘いものを控える

こんばんは。
時間があっという間に過ぎます
 
最近インターネットのおかげで
「低血糖なのですが、どうしたらいいでしょうか」というお問い合わせが増えています。
 
さて いつもいつも長いと評判?なので
今度こそ 10回シリーズ位にわけて お伝えします。
原点にもどって、低血糖と副腎疲労について。
 
 
 
低血糖は
・糖尿病の内服薬やインスリン(血糖を下げるもの)の作用によっておこるものや
・肝硬変など、糖を作り出すことができない疾患で 血糖値が低くなる
ことのほか
常に糖質を摂り続けて 体内のインスリン(血糖値をさげる)がですぎて
結果的に血糖値が下がってしまう低血糖や
ストレスがかかり続けて 腎臓の近くにある「副腎」が疲労し=副腎疲労
その結果 血糖を保つことができなくなる低血糖があります。
この後者ふたつは 甘いものを食べると悪化します。
そして腸内環境が深く関与していますので
便通対策が必要です。
栄養素が必要になってきます。(アミノ酸やビタミンB、Cなどなど)
ストレスを減らすことも大切です。
きちんと休養と睡眠をとらないとなりません。
腸内環境と重金属など 余計なものを減らさないとなりません。
ただの低血糖だとあなどってはなりません!
低血糖になること、そのものが
いろいろな原因と 長い時間を経て 発症しているのです。
昨日や今日、糖質を摂ったりお酒を飲みすぎたり
いやなことがあったからと発症するわけではありません。
積み重なるからです。
 
そして! リピーターの皆様にはいまさらですが
「低血糖だから いつもいつも甘いもの を摂って」いたら
逆効果です!
甘いものだけでなく 菓子パンや 麺類 パスタ
スナック類などなど。
これを控えましょう!!!
 
そのからくりは 次回に 復習を兼ねて お伝えいたします。
 
ではまた。
 
 
 
 
 

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 野中公男
    • 2015年 3月 09日

    このコメント楽しみにしながら学習していきたいと思っています。
    よろしくお願いします。
    野中公男

      • rie
      • 2015年 3月 10日

      >野中公男さま
      コメントありがとうございます。
      私ももっと勉強いたします。
      よろしくお願い申し上げます。
      半田理絵

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP