低血糖と副腎疲労⑥ なんといってもストレス・・・

こんばんは。
ご無沙汰いたしました。
しかし暑い一日でした。
夜になっても蒸し暑いですね・・・
 
けれどすでに エアコン攻撃によって冷え性になっている方もいらっしゃるようで。
 
冬場の冷えもさることながら
夏場の冷えは結構つらいようです。
 
栄養欠損のある方は結構冷えます。
電車の中と外のギャップに冷えたり変な汗をかいたりします。
ミネラルバランスの偏りも関与します。
 
冷えを防ぐのもむくみを解消するのも
栄養は大切です。
赤血球や循環を考えれば
赤血球の質=まずは膜の質:コレステロール、ビタミンEや、EPA・DHAなどのあぶら
赤血球の中身=鉄、ビタミンB群
そして、適度な運動、足湯、リラックス。
 
 
冷えにだってリラックスとは関係あります。
だって、全身の血管も臓器も、自律神経支配だからです。
リラックスすると手足ポカポカしませんか。
 
その逆に
いつも緊張していると、手が冷たくなりませんか?
お腹も冷えませんか?
 
副腎疲労も低血糖も
散々、栄養、腸管と言ってきましたが
栄養を大きく作用するもの・・・
それは「ストレス」なのだと
本当に本当に思いました。
 
♪ストレスが・・・女をダメにする♪ って歌がありましたね~
(ご存知・・・でしょうか?)
 
 
良い物食べても、栄養を管理してても、
巨大なストレスの波には負けることもありますから。
ストレスがあると消化管の働きも
悪くなる。
でも栄養を気を付けていれば、対策の方法がありますし、
どん底にまでは落ちずに済みます・・・
日々の中で 笑うこと、とても大切です。
笑うことで 自律神経を整えたいですね。
悲しいとき、せつないときも 笑うと涙も引っ込むようですし。
 
 
根本的なことは変わらなくても、
体質と考え方、性格は ある程度変わるのでは、と
オーソモレキュラーをやっているとつくづく思います。
 
 
さて梅雨明けして
梅干し、最終編。
完成間近。
 
ばあや2号の任命をうけました。
もう自分も いつの間にか ばあやのようで(笑)
IMG_7664IMG_7671
 
 
それではまた。
 
 
 
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP