実際どうするか

こんにちは。
 
 
暑いですねえーーーーーー
でも、冷える環境なのですよね、気を付けないと。
冷房、冷たい飲み物などで冷やさないように注意しましょう!!
 
 
週末は、宮祭りに行ってきました。
夕立もなく、すごい人出でした!!
IMG_8151
お祭りって、いいですね!!!!!!!!!!!
 
 
 
 
 
 
ところで
最近、皆様より 「副腎疲労があったとして、実際何をすればいいのか」という質問を良く受けます。
そうですよね、こういうデータでこういう症状で、副腎疲労かもしれないとわかったら
さて、どうしましょう。
副腎疲労の主な症状は、
 

朝起きるのがつらい
疲れがとれない 何をするにも疲れる
いつも疲れている
甘いものをとても欲しがる 食べるとホッとする
コーヒーを飲まないと落ち着かない 仕事ができない
塩分を欲しがり塩辛い食べ物が食べたい
異様な眠気
思考がまとまらない ボーっとする
仕事がはかどらない
性欲がない
風邪をひきやすい
ストレスに対処できない(小さなことにイライラする)
病気や怪我、トラウマから回復するのに時間がかかる
頭がくらくらする めまいがする
うつのような症状、人生が虚しい
PMS(生理前症候群)の悪化
記憶があやふや
午前10時まで目覚めない 午後3-4時はぼんやりしている
夕食後やっと元気になる
原因不明の身体の痛み
よく眠れない

 
などです。ほかにも個人差はあると思いますが。
 
 
副腎疲労の症状があったら、
 
まずは 自分が副腎疲労になった原因を考えてみましょう。
 
・食べ物の質、食べ物の摂り方
糖三昧だったのであれば、まず糖(砂糖、パスタ、パン、お菓子類など)をへらす
蛋白質や良いあぶら(亜麻仁油やエゴマ油を生で、それ以外には質のいいオリーブオイルなど)、野菜をとる
 
・ストレスだったもの(対人や仕事、その他など)を、うまく調節する
 
・カフェイン・アルコール類を減らす
 
・眠る  ←  これ、大切です!!!
 
・誰かに理解してもらう
 
・食事の改善と、場合によって点滴やサプリに頼る
 
・原因のためにも やっぱり採血してみる
 
 
これが一番早いと思います。
 
その先に副腎の検査、遅延型アレルギーの検査、その他もろもろがあります。
でも、まずはライフスタイルの見直しがあって
そしてその治療のため、腸の善玉菌(乳酸菌、ビフィズス菌、その他)をとることだと思います。
 
 
 
ところで
クローバーって 夜、葉を閉じて眠る(?)のですね。
知りませんでした。
 
IMG_7953IMG_7954
さて、人間も寝ないと。。。
 
 
 
書き溜めて数時間
夜分になって大変失礼いたしました。
 
ではまた。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 12月

    2020.12.1

  2. 更年期と美容

    2020.09.8

  3. お花

    2020.06.11

  4. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP