低蛋白でも 心は病む

こんにちは。
副腎疲労も、うつも 栄養状態が関係します。
もちろんストレスがあるからこそ 発症するので
ストレスがなくならなければ 治りは悪いけれど
栄養状態をよくしないと ますます悪化すると思います。
気持ちは脳が決めること
その脳に栄養を送るのが血液などです。
血液や身体の基本は蛋白質です。
蛋白が不足している方は 様々な症状をおこします。
疲れ、めまい、だるい、気力がない、肌がかさつく、肌トラブル、
アトピー、うつ、ひえなどなど。
 
他の栄養素を運ぶのも蛋白質だからです。
 
そして、蛋白質は分解されてアミノ酸に分解されますが
そもそも蛋白質を食べ、消化されるときの酵素もアミノ酸でできているので
蛋白質が低いくらいの方は 蛋白質を無理に食べすぎると
酵素が足りないので 消化できないのです。
すると未消化のまま腸へ流れていくので
腸が炎症を起こして 栄養不良を起こし、毒素が体内に入りやすくなってしまいます。
IgGアレルギーや リーキーガット症候群との関連です。
 
特に副腎疲労やうつなどの場合、大抵は採血でみると低蛋白です。
もとは栄養状態が良くても
ストレスによって自律神経を病み、自律神経支配の消化管が機能を落とし
(いやなことがあると、食欲なくなったり 胃が痛んだり、下痢や便秘したりしますよね)
そうすると いずれ 栄養の低下が起き
ますます脳に栄養が行かなくなるわけです。
 
ですので治療には リラックス、食事内容の見直し、特に蛋白源、消化酵素、腸の善玉菌が必須になってくるのです。
 
今も、どの腸の善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌など)がその方に合っているのか
合うか合わないか 試行錯誤の毎日です。
自分に対しても、どういう菌がいいのか いろいろ検討しています。
 
 
でもそれでも基本は食事です!
甘い物、ジャンクなものばかり食べていたら
腸内は乱れます!
毎日の便通をチェックして 健康に役立ててください!
副腎疲労にもまずは腸内環境です。
 
 
さて
何とか続いております 糠床。
2-3日放置すると へそ曲げますねー
毎日毎日のケアが大切とは聞いていますが
本当に生きもののようです。
 
昨日は、おいしくできました。
IMG_9034
 
 
 
 
それと野菜不足が気になるので サラダを頑張って作っています。
蛋白源に鶏肉!をニンニクで味付けして、
ドレッシングにはアンチョビとマヨネーズとヨーグルト、にんにくオリーブオイルです!
シーザーサラダ風です。
IMG_8976
 
トマトは、知人の方に(無農薬で作っていらっしゃる)分けていただきました。
 
毎日作り続けるのは本当に大変ですが
食べることを生き甲斐にして 頑張ります。
 
それではまた。
 
 
 

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 真理恵
    • 2014年 8月 30日

    こんばんは
    真理ママです。
    少し涼しくなりましたね
    先生も日々副腎疲労と戦っているんですね…娘は夜なかなか眠れなくて、昼寝をするわけでもなく、朝方に睡魔が来て昼前に起きて 洗濯物を干して申し訳なさそうに私に
    「ごめんね起きれなかった」と言います。
    そのかわりイライラする自分もイヤだし回りにもあたりたくないからと菓子類をいっさい食べることを絶ちました。
    食事で空腹にならないように今は
    具だくさんのスープに豚肉や鶏肉でお腹いっぱいにしています
    乳酸菌も大豆から作った乳酸菌を見つけ(かなり高価でした )
    水素カプセルも飲んでいます
    私はデザート食べたりコーヒー飲んだりして申し訳ないのですが
    これからもサポートして行きます
    夜 自然に眠くなるにはどうしてあげれば良いのでしょうか?

      • rie
      • 2014年 9月 01日

      >真理恵ママさま
      乳酸菌の摂取はおすすめです。
      夜眠くなるには メラトニンを摂取するのもお勧めですが
      アミノ酸とビタミンB群もよろしいと思います。
      寝る前に。
      副腎疲労の一番の原因はストレスです
      ストレスの回避、ビタミンCやBをとりましょう。
      根本の原因の多くに腸内カンジダ、重金属の蓄積などが言われています。
      そのためにまず乳酸菌をいれてカンジダをはやさない腸管にする、
      便通はデトックスです。
      そして口腔内のチェックも必要でしょう。
      私も朝起きるときに本当に地獄のようなときもありましたが
      最近楽になりました
      朝起きられるって幸せなことだと気がつきました。
      それではまた。
      理絵

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP