低空飛行

全国の・・・皆様 ごきげんよう。
もろに朝ドラの影響を受けております。
もうすぐ終わってしまうのが残念です。
朝ドラのおかげで時間に正確になっています。
あの時間(7時45分からの早い方)にめがけて
朝の時間割が成り立っていますので。
 
今日の話と何の関係があるかというと
飛行機 です。(観ていない方はすみません。)
 
さきほど 副腎疲労と糖質制限のことを説明していて
いつも低血糖の話の時は ジェットコースターを使っていたのですが
「飛行機の 低空飛行」という例えが頭に浮かびましたので。
 
私は以前から糖質制限(ゆるい時がありますが)の食事で生活してきました。
低血糖と高血糖のことで糖質制限大ブームになった時
すんなりと受け入れたし、これは!と 一生懸命糖質制限をおすすめし
去年の4月には糖質制限というテーマで セミナーまでしました。
 
その後 どんどんオーソモレキュラーもすすんでいくにつれて
糖質制限も きちんと体質をみないといけないと
患者さんから勉強させていただいた部分もあります。
 
もちろん、白米だけ、パンだけ、アイス、お菓子類、チョコ、
ジュース、麺類三昧、ビールに日本酒などなどの
『精製された糖質』 を 多くとることは 良いことではありません。
高血糖にもなりますし、栄養素がないからです。
高血糖になると、インスリンの放出が多くなる場合はその後低血糖を起こす
「反応性低血糖」になることがあります。
インスリンの働きが悪くなったら、血糖を下げられなくなって 高血糖~糖尿病です。
 
そして、今増えている 副腎疲労 という病態があり
これも何度か申し上げたように ストレス、ジャンクフードなどで
ステロイドを作る副腎がうまく働かなくなり 血糖値が安定しない疾患です。
副腎疲労があるくらいの方は まず腸内環境がよくないので
悪玉やカビが住み着きやすいのです。
こういう菌類は精製糖質をエサにしますので
腸にとっても精製糖質は よくないです。
そして重金属の影響なども言われています。
ホルモンや、肝臓などの臓器にも影響を与えます。
腸にも影響します。
副腎疲労が重度にあるくらいのかたは 自律神経もバランス崩すので
胃の消化、腸の吸収にも影響して また栄養状態が悪くなる
・・・ということを前回お伝えしました。
そうすると、肝臓での栄養の貯蔵もうまくいっていないことが多いのです。
肝臓は様々な栄養を 貯蔵し、解毒に関与し代謝に関係し
そして、栄養素を作り出す臓器です。
栄養欠損があって 副腎疲労体質の方の場合に
激しい糖質制限をすると
肝臓での糖合成ができないのですから
本当に糖が低下するので 頭も体も動けません。
いつも低血糖。
これがまさに低空飛行だと思いました。
(健康な方は、蛋白質や脂質から糖を作り出せますので、
肥満や糖尿病の方の糖質制限は良いと思いますが
それでも、何かの食材に偏りすぎないように注意。)
 
でも よく言われているように、低血糖の時に
「甘いもので脳を活発に」と 糖をガッツリ入れると
低空飛行だったのに いきなり 高度に跳ね上がってしまい
その後 また直滑降に叩き落されて 墜落するようなものですから
やはり 血糖値が急上昇するような 精製糖質は よくないのです。
 
 
普段から低空飛行にならないようにするのが、栄養療法です。
肝臓にも副腎にももちろんそれ以外の臓器にも
コツコツと栄養をためていくことです。
食べてもうまくいかない方は 消化機能を治したり、
時には重金属のキレーションなどを行うこともあります

まずは 毎日の食事内容がとても大切です。
 
墜落しそうなほどの 激しい低血糖の時に
お肉食べても血糖値は上がりませんし
お肉が消化されて血糖合成されるまでなんて待てませんので
(農薬問題はありますが、)適度に玄米などを取り入れることは必要と思います。
ゴルフボール1-2個くらいの玄米を
納豆や卵、シャケなどと一緒に摂取して
墜落を防ぐとよろしいと思います。
 
 
 
週末に作ったもの(もちろん一度にではありませんが)
ニンニクオリーブオイル
IMG_9083
 
これは簡単な割に ウケの良いものです。
塩だけでもいいですが アンチョビー入れるとなおさらおいしいです!
ホクホクして、大好きな一品です。
お野菜にこのオイルをつけて食べてもおいしいですよね。
 
ではまた。
 

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • おんぷ
    • 2014年 9月 03日

    先生、ごきげんよう。
    昨日は久しぶりの受診。お世話になりました。
    相変わらずゆっくりペースですが、確実に体調は良くなってきています。
    目指すは、若い頃より元気になること!
    それも現実になってきたかな?と思える、今日この頃です。
    昨日いただいたクリーム。
    この夏、乾燥からくる痒みに悩まされ続けていましたが、全身がスベスベに!
    こんなお肌、久しぶりです!
    痒みも軽減しました。
    嬉しくてご報告させていただきます。
    日この頃です。

      • rie
      • 2014年 9月 05日

      >おんぷ様
      ごきげんよう。
      体調良くなって何よりです。
      私たちのようなアラフォーになったうえ
      副腎疲労があると 
      ますます女性ホルモンがうまく働かないようですから・・・
      プロゲステロンクリームは 結構お勧めです
      天然成分なので。
      全身すべすべですか。
      なるほど~~~~~~~~~~。
      それは、よく女性が「素敵な恋」をすると 
      ホルモンの分泌がうまくいき
      肌がすべすべになるのと一緒ですね!
      ホルモンて素晴らしい。
      大切なのは食事とメンタル、リラックスですよね~
      これからもよろしくお願いいたします
      ではまた ごきげんよう さようなら
      (もうすぐ 花子とアン、終わってしまうのが残念です)
      理絵

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP