食事ってすごい

こんにちは。
 
 
 
ある患者さんに聞いた話です。
入院していた時、あまり食事がとれず
病気と、入院したストレスもあって
ご家族が面会に来てくれても
闘病に疲れて「なんか生きてても意味ないし」という発言があったそうです。
その時の総蛋白が6.1
その後自宅療養になって2週間
ご家族がもとは食べることが大好きだったその患者さんに
せっせせっせと 蛋白質、あぶら、サラダ、いろいろ食べていただいたら
総蛋白7.0に復活!
(たったワンポイントの6.1と7.0ではまったく意味が違うのです。
採血の面白いところです。
たった1で意味が大きく違うものがあるのです。)
 
 
 
そして あれこれ食べたいという意欲が湧き
「早く元気になって、社会に復帰したい」と。
なんだったら はやく晩酌したいと
前向き?の意見が出たそうです
笑顔も戻って。よかったですね。
 
 
総蛋白はもっと上げていけるといいですが
2週間でよくそこまであげました。
素晴らしい。
 
やっぱり食事って大切!
食べ物を、習慣を見直すことって大切ですね!
栄養不足は マイナスの考え、うつっぽくなりますから
要注意です!!
 
 
 
は~今日は 診療で 理絵節炸裂
聞いてくださる方との波長もよく
いや~笑った笑った しゃべったしゃべった
診療でこんなに笑っていいのか と思いました。
でも笑うことはとても大切です。
涙出るくらい面白く楽しくしゃべると
本当に肩こりも治るのではないかと思うくらいです。
病院が辛くて悲しい場所 ばかりでなく
苦しみを乗り越える仲間に出会うところ
色々な情報を交換できるところ になるといいなと思います。
そのためにもっともっと 勉学に励みます。
 
ではまた。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 更年期と美容

    2020.09.8

  2. お花

    2020.06.11

  3. 5/7

    2020.05.7

PAGE TOP